🌟占星術✨ホロスコープ   🐉0運命❄バイオリズム

運命の四季を知ることで、成功人生を手に入れて幸運を引き寄せ、不運を回避する開運占い🔮

【小泉進次郎】さん 環境省大臣 0占命占い 

f:id:ymcamsn:20211016125140p:plain

ja.wikipedia.org

 

1981年4月14日 40歳 横須賀生まれ

一白酉 六白辰 0地点子丑 経済生まれ 離宮傾斜

 

人物

現在環境省の大臣として活躍しています。お・も・て・な・しの滝川クリステルさんと結婚をしました。父親はかつて人気を誇った小泉純一郎元首相の次男です。父親の後を継いで政治家になりました。

 

環境省の大臣となって地球温暖化対策の一つとしてレジ袋優良化を実践しました。マスコミは事あるごとに、小泉氏を取り上げて、イケメン大臣としてもてはやされています。そんな小泉氏の行動と発言はいつも驚かされます。そんな小泉進次郎(小泉jr)さんを観ていきます。

 

経済生まれ

経済生まれの人は、大した努力もしていないのに、利益を得ることが多い。比較的恵まれた環境と言えます。したがって特に不自由することもなく、生活できます。それがふつうなので、自分自身は恵まれているとは気づきません。他人に言われて「ああそうなんだ?」くらいの意識です。

 

酉年

細かい物事にそつがなく、人間関係は器用に調整できる人です。調整役といいますか?対立する双方の意見を聞いて話をまとめるという特異な性質があります。それにより双方から恨まれることもなく、そつがなく難しい問題を解決できる能力があります。

 

そして空気を読むのが上手ですから、目上の人の信用を得ることができます 。また自ら進んで人の世話を焼くが好きで、おせっかいな側面があります。

 

本来は口数が少ないのですが、少し調子に乗ると、余計なことを口走ってしまうので、後々後悔することがあります。勢いでペラペラしゃべってしまうからです。後悔しているか?と思えばそうでもなく、本人はケロッとそのことを忘れていたりします。

 

時として重大な事項を軽々しく暴露するので、周囲はヒヤヒヤものです。これは、酉年特有の性質で、とにかく落ち着いて物事をじっくり考えるのが苦手です。一呼吸おかずに思いつくことを言ってしまうので、誤解されやすいのです。

 

決して本人は悪意がないのです。この傾向は幼少時にありますが、経験と年を重ねるごとに落ち着きを得て、立派な社会人となります。

 

感情に走ると言うより、綿密な計算をしたうえで、相手の気持ちに寄り添いながら発言すると、会議での調整役、進行役として評価され、上司、役員、社長から高い評価を得ることができます。

 

細かい物事にそつがなく、人間関係は器用に調整できる人です。調整役といいますか?対立する双方の意見を聞いて話をまとめるという特異な性質があります。それにより双方から恨まれることもなく、そつがなく難しい問題を解決できる能力があります。

 

空気を読む

のが上手ですから、目上の人の信用を得ることができます 。また自ら進んで人の世話を焼くが好きで、おせっかいな側面があります。

 

書きやすいので親切を無駄にすることがあります。本来は口数が少ないのですが、少し調子に乗ると、余計なことを口走ってしまうので、後々後悔することがあります。勢いでペラペラしゃべってしまうからです。後悔しているか?

 

と思えばそうでもなく、本人はケロッとそのことを忘れていたりします。時として重大な事項を軽々しく暴露するので、周囲はヒヤヒヤものです。これは、酉年特有の性質で、とにかく落ち着いて物事をじっくり考えるのが苦手です。一呼吸おかずに思いつくことを言ってしまうので、誤解されやすいのです。

 

決して本人は

悪意がないのです。この傾向は幼少時にありますが、経験と年を重ねるごとに落ち着きを得て、立派な社会人となります。感情に走ると言うより、綿密な計算をしたうえで、相手の気持ちに寄り添いながら発言すると、会議での調整役、進行役として評価され、上司、役員、社長から高い評価を得ることができます。

 

離宮傾斜

本来は九紫火星の位置です。ここに本命年があると、離合集散を意味しています。正確は熱しやすく冷めやすい、そして目新しい事に興味を移す。それまで熱心だったことに、興味がなくなってしまう。常に新しいことへの興味がわいてくるのです。

 

買ったおもちゃにすぐ飽きて、人への興味も同じように飽きてしまう。というような人から見れば、「身勝手な人」と見られますが、本人はこれがふつうなのです。もっと集中して熱心にやりなさいと言われても、いったん興味を失うと、スパッとやめてしまいます。

 

この性質の人は、アイデアが豊富なので、その斬新なアイデアを行かせる職業に就けば、成功します。保守的な職場環境や事務職、公務員のような、毎日代り映えのしない日常より、こころと身体を動かすような時代の先端にあるような企業が向いています。

 

0占命占い

2004年 再開

コロンビア大学大学院入学

 

2009年 清算

神奈川県11区初当選。この時期は過去の慣習や経験の清算の時期です。それまでの経験や経歴を清算する年です。進次郎氏の場合、父親の純一郎氏の引退と同時の出馬ですから、いやがうえにも世襲する宿命を背負っての出馬でした。

 

本人は大変なプレッシャーだったでしょう。ただバックに父純一郎氏の後援会があったので、出馬すれば当選するのほぼ確実でした。それだけの知名度と人気がありました。父の人気を引き継いだ形になります。後は本人のやる気次第でしたので、当然進次郎氏は政治家の道に進みました。

 

経歴から見ますと就職をした経験がない。父親の私設秘書をしていただけの経験があります。ですから進次郎氏は、父の後ろ姿を見て、脇目もふらず父の跡を追っているという印象です。そういう意味では、目移りせずただ一心に政治家を目指す姿は、

 

素晴らしいと思います。天職なのでしょう。また彼の目には、かつて人気を博した父の尊敬する姿があります。

 

2019年 背信

滝川クリステルさんと結婚 翌年2020年第一子男子誕生。他人の結婚に対してコメントするのは、いかがかと思いますが、時期がよくありません。この時期は進次郎氏の運勢が下降している時期です。そんな時期におめでたいことは、後にこの背信初冬の影響を受けることになります。

 

2021年 清算

今年をそつなく乗り切れば、来年から春の時期に入りますので、仕事や活動範囲が新たに広がります。良いのつけ悪いにつけ、この時期に種を蒔くという新規を実行すれば、それがいずれ発芽します。その発芽した草花がどのような花なのか?が問題です。

 

無価値な草花なのか?価値ある草花なのか?果実であれば、見かけは良いのに、味がまったくしない果実とか形はいびつだが、芳醇な果実だったりします。ですから、来年に向けて良い種を蒔くことが、その後の未来に大きく影響してくるのです。

 

まとめ

現在2021年10月になりました。岸田内閣誕生となりましたが、注目の小泉氏の入閣はありませんでした。今年は、清算の晩冬の時期なのでこれは仕方がない。実力?があるかないか?わかりませんが、この3年間冬の時期だったので、

 

菅政権でもあまり良い評価はありませんでした。レジ袋有料化など、国民の怒りを買うことになりました。自重してなにもしなければ、評価されていたのです。性格的に目立つ、出しゃばるのが好きなので自ら墓穴をほりました。