🌟占星術✨ホロスコープ   🐉0運命❄バイオリズム

運命の四季を知ることで、成功人生を手に入れて幸運を引き寄せ、不運を回避する開運占い🔮

平成のミステリー事件 秋葉原通り魔事件 加藤智大氏 0占命法 

秋葉原事件 

本命星 -> 九紫火星

月命星 -> 七赤金星

日命星 -> 七赤金星

傾斜宮 -> 兌宮傾斜

干支   戌年

0地点  充実 

 

戌年生まれ

快活で活発。義理堅く、高潔な面があります。一度信じた信念、人、物事に熱中しますので、行き過ぎると他人との対立関係を生じる結果になります。一歩も下がらないので益々悪化する場面があります。しかし要領がよいのです。

 

パワーバランスが自分に不利に働くと思うと、すぐに下手に出ます。そのような要領のよさがあります。ただしこの傾向は、幼少時に見られます。人生経験のない幼少期では、干支の性格がそのまま表にでるのです。これを経験によって勉強し、修正していくものです。

 

また自分でこう「思ったこと」をすぐに口出すので、口は禍の元となります。ついつい言わなくてもいいことを言ってしまう。それが争いの元になります。一度このような関係になると、人気だったのに、人が離れていきます。

 

そこで自分の信念を貫き通すと、人の輪に入れないという偏屈になります。人の話に耳を傾けて、こころにゆとりを持つようにすべきでしょう。もともとは素直な人ですから、落ち着いて話せば良いのです。言葉に反応するのではなく、少し考えてから反応する癖を持つように心がけるべきでしょう。

 

自分より力がある相手に対しては、服従するのを当然とするが、相手が弱い立場にあると思うや否や、非常に高圧的になります。そのような裏と表がハッキリしている。しかし相手を間違えると途端に臆病となり、平身低頭になります。その身代わりの速さは周囲を驚かせます。

 

しかし本人はケロッとしています。その点は非常にドライな感覚と言えます。バックが大きければ大きいほど威張り散らす幼稚なタイプ、と様々な人生経験から学び、同じ趣向を持つ者同士が一緒になり、一つになって行動するというタイプに別れます。当然後者のタイプは人生の成功者となります。

 

経験から自分の欠点を克服し、長所を生かすことができる人は成功者となるのです。そして忠義が強いのです。いったん「この人」と決めたら、裏切らない義侠心が特徴です。人物で言えば、忠臣蔵の大石内蔵助です。 あんがい単純な人なので、よく人に利用されてしまうというオチがあります。

 

兌宮傾斜

八卦の兌は九星では七赤金星に対応します。兌宮傾斜の人は社交的で人との付き合いが上手です。美食家の人も多く飲食との縁が強いです。また享楽的な部分も強いので、男性であれば結婚せずいろいろな人と付き合ったりしてずっと独り身だったり、女性であればホステスなどの職業に就いている人も多いでしょう。

 

お金との縁もありますので、ふとしたチャンスでトントン拍子で大きなお金を得る機会もあるでしょう。

 

0占い

充実 生まれ

晩秋の時期です。実りの秋が終わりに近づき、山の方では、初雪が観測される季節です。動植物は、来る冬の為に食料を蓄え体力を温存します。冬眠を控えた動物はこの時期に食料を多く摂ります。

 

人のバイオリズムの中では、来年からの冬の時期を迎え、それまで経験してきた総まとめをする時期になります。そこでこの充実生まれの人は、あんがい楽観的です。それは充足できる環境にあるからです。ムリに努力しなくてもなんでも手に入るような、得な生活環境があります。

 

その反面努力することが苦手です。頑張るとか一生懸命とか達成するという、経験しなければならない経験が少ない。もしくはそういうつらい経験がなく、経過してきたと言えます。それは本人に能力があるからと言えます。

 

普通の人が、努力して達成できない事を、充実生まれの人は、それほど努力しなくても、達成できてしまいます。それも簡単に。そういう宿命の元にあるので、人間的にちょっと変わった人になります。自分に達成できないことはないと勘違いするのです。それが蓄積していけば、不満を解決できないまま社会人となり、社会の不満分子となります。

 

兌宮傾斜なので、本質的には、派手な生活感、賑やかな生活、流行りの生活を目指しています。これが達成できないとストレスが溜まります。暗いイメージがありますが、本来ヲタ芸ができる妙な明るさと破天荒さを持っています。ただ現実的にそれが叶わないと、無性に苛立ち、攻撃が社会に、自分の不甲斐なさに向かいます。

 

2008年6月8日に犯行が発生しました。この年は、加藤氏にとって天中殺の0地点でした。季節で言えば、真冬の時期です。この時期に新規事業を起業したり、結婚や、留学など新たなことは禁忌です。

 

なぜなら、その全てが腐り、枯れるからです。この時期に動かざるを得ない時は、それは経験値として何れダメになるという気持ちを持っていれば大きな損失にはなりません。全財産をかけてこの天中殺の時期に決行するのは、将来命取りになるのです。加藤氏はその0地点の年で犯行を決行したのです。そして、裁判では死刑と判決が出ました。来月で14年が経過します。

 

uranai1.hatenablog.com

uranai1.hatenablog.com

uranai1.hatenablog.com

uranai1.hatenablog.com

uranai1.hatenablog.com

uranai1.hatenablog.com

uranai1.hatenablog.com

uranai1.hatenablog.com

 

 

coconala.com