🌟占星術✨ホロスコープ   🐉0運命❄バイオリズム

運命の四季を知ることで、成功人生を手に入れて幸運を引き寄せ、不運を回避する開運占い🔮

サセックス公爵夫人メーガン妃 0占い

サセックス公爵夫人メーガン

サセックスこうしゃくふじんメーガン

Meghan, Duchess of Sussex

1981年8月4日 

アメリカ合衆国出身のイギリスの王族、元俳優。

サセックス公爵ヘンリー王子の妻。

旧名は、レイチェル・メーガン・マークル (Rachel Meghan Markle) 。

 

1981年8月4日、アメリカカリフォルニア州ロサンゼルスでレイチェル・メーガン・マークル[4]として誕生した。

父親はオランダ・アイルランド系、母親はアフリカ系アメリカ人である。

メーガンの育った地域は「ブラックビバリーヒルズ」と呼ばれており、裕福な環境で育った。

 

本命星 -> 一白水星 酉年

月命星 -> 三碧木星 未月

日命星 -> 四緑木星

傾斜宮 -> 震宮傾斜

 

0地点  戌亥子

1981年 辛酉 経済年 生まれ

 

結婚歴

1回目

結婚  2011年9月10日〜

離婚  2013年8月

 

2回目

結婚  2017年11月27日〜

 

 

酉年

細かい物事にそつがなく、人間関係は器用に調整できる人です。調整役といいますか?対立する双方の意見を聞いて話をまとめるという特異な性質があります。それにより双方から恨まれることもなく、そつがなく難しい問題を解決できる能力があります。

 

そして空気を読むのが上手ですから、目上の人の信用を得ることができます 。また自ら進んで人の世話を焼くが好きで、おせっかいな側面があります。

 

本来は口数が少ないのですが、少し調子に乗ると、余計なことを口走ってしまうので、後々後悔することがあります。勢いでペラペラしゃべってしまうからです。後悔しているか?と思えばそうでもなく、本人はケロッとそのことを忘れていたりします。

 

時として重大な事項を軽々しく暴露するので、周囲はヒヤヒヤものです。これは、酉年特有の性質で、とにかく落ち着いて物事をじっくり考えるのが苦手です。一呼吸おかずに思いつくことを言ってしまうので、誤解されやすいのです。

 

決して本人は悪意がないのです。この傾向は幼少時にありますが、経験と年を重ねるごとに落ち着きを得て、立派な社会人となります。

 

感情に走ると言うより、綿密な計算をしたうえで、相手の気持ちに寄り添いながら発言すると、会議での調整役、進行役として評価され、上司、役員、社長から高い評価を得ることができます。



震宮傾斜

震は九星では三碧木星になります。性格は積極的で活動的、チャレンジ精神あふれる頑張り屋。若い時は自信過剰なところがありますが、年を取るにつれ社会での自分の身の置き方が分かっていき、その自信が大きな成果に繋がります。

 

その一方で、一度夢中になっても長続きしない、熱しやすく冷めやすい傾向もあるのです。性分が飽きやすく、すぐに目新しい新規に興味が出るのです。ですから、波に乗るときは人をうらやむような成功をする半面、方向性を見失うと、失敗するハメになります。中庸というのがないのが特徴。

 

毎日、目新しいことを考え、時代の先取をするのが好きです。一日の日が昇る東は、エネルギーに満ち溢れでいるからです。ただ自信があり過ぎて空回りすることがしばしあるのです。ですから、本当に自分のやりたいこと、やるべきことを見つけていけばよい。

 

そして、地道にコツコツやることをバカにせず、継続の大切さを知れば大成します。先見の明があるので、直感を生かした職業が向いています。

 

0占い

経済生まれです。経済生まれの人は、生活に困らず生涯をおくることができます。お金は天下の周りモノと言いますが、なにをしなくても回り回って戻ってくる。たとえ困窮していても、底をつくことなく何かしら援助があります。

 

それが親であったり、家系だったり、第三者だったりします。あくせくしなくても、その人の器量に応じて裕福です。

 

そして生来そういう環境なので、うっかり借金をしたり、妙な投資話や詐欺に遭いやすい。財布の紐がゆるいのです。気持ちが浮ついていると、結果的に大損することになります。経済の人は、ケチケチしても良いのです。ムリに大盤振る舞いをしなくても良い。

 

結婚運

1回目の結婚では2011年成長年に結婚しました。この結婚は良い時期です。この後家庭をつくり子を育てるには、とてもよい運気の良い年です。しかし2年後2013年健康年に離婚しました。2年という短期間でした。



再婚は、2017年11月27日の経済年です。経済と言えば、メーガン妃の3回目の節季になります。つまり経済年生まれのですから、経済年御結婚されました。これはまさに運命的な結婚と言えます。この結婚はメーガン妃にとって運命的なものです。


ヘンリー王子との相性!?

ただし、相性が最悪です。メーガン妃から観て、ヘンリー王子は0地点となります。メーガン妃はとても苦労します。ヘンリー王子は、一生を共に過ごすには、努力と苦労が伴います。それに耐えなければいけませんが、酉年生まれには、ちょっと荷が重い困難な結婚です。ただし震宮傾斜ですので、自ら都合のいいようにやるでしょう。それがまた王室内のトラブルとなります。



しかし・・・誰もが夢見るお姫様になれた!?という超絶ラッキーなこの運命をふつう?逃すでしょうか?そこは大人の損得感情ですから、何が何でもお妃様ポジションを譲らないでしょう。よほどのことがない限り、どんなことでも耐えるでしょう。その保険として2子がいるのです。

 

 

それは、天中殺の相手とは一生合わないからです。合わせようとすればするほ溝が深まり、ますます傷口が広がるような遺恨を残すことになります。ですから、天中殺の相手とは、最初から関わらないほうが吉です。かえって大損害を受けることになります。


子供は保険!?

2019年5月、背信年第一子出産。2021年、精算年第二子出産。なんとも皮肉なことに、天中殺生まれの子となります。メーガン妃は、今までの奔放な生活を一変して固苦しい王室に仕えるという宿命を負いました。自ら選んだ道なので、軽々しく着いた離れたとはできません。お得意の改革案をすればするほど、王室内でトラブルメーカーとなります。ただこの運命に従うしかないでしょう?

 

また、1回目の結婚がどんな理由があったのか?わかりませんが、続けていれば、結果オーライの本来の結婚だったかも知れません。

 

 

uranai1.hatenablog.com

 

uranai1.hatenablog.com

 

uranai1.hatenablog.com

uranai1.hatenablog.com

uranai1.hatenablog.com

uranai1.hatenablog.com

uranai1.hatenablog.com

uranai1.hatenablog.com

 

uranai1.hatenablog.com