🌟占星術✨ホロスコープ   🐉0運命❄バイオリズム

運命の四季を知ることで、成功人生を手に入れて幸運を引き寄せ、不運を回避する開運占い🔮

永遠のレジェンド 尾崎豊氏 ホロスコープ・0占い

尾崎 豊

おざき ゆたか

1965年〈昭和40年〉11月29日 - 1992年〈平成4年〉4月25日)

日本のシンガーソングライター。

青山学院高等部中退。血液型B型。既婚。

 

本命星 -> 八白土星 巳

月命星 -> 一白水星 子

日命星 -> 七赤金星

傾斜宮 -> 震宮傾斜

 

0占い

誕生 0才   1965年 乙巳 健康生まれ

他界 27才 1992年 壬申 再開

 

影響力大

1室いて座太陽、水星

12室さそり座海王星

3室みずがめ座月

4室うお座土星

8室かに座土星

 

ホロスコープ占い

1室に太陽が上昇しているとても力強い、いて座の太陽です。いて座本来の陽気さ朗らかさを兼ね備えています。子供のような感性とエナジーがあって、そんな人柄なので友人知人はおおいです。初対面の相手は、ちょっと気難しい印象を与えます。それはさそり座アセンダントと上昇する海王星に原因があります。

 

本人的にはあっけらかんとしているのですが、他人が決めるレッテルで重々しい印象を与えてしまいます。ですから警戒せずに心を打ち解ければ何も問題はないのです。最初から「この人は、ウワサによると、厳しい人だ」という先入観で接するから、当然尾崎さんは警戒バリアを張るのです。

 

尾崎さんが、後世に与えるレジェンド的人物と曲は、死後もなおファンを魅了し続けています。そこには、ネガティブマインドが占めるホロスコープと、さらにやぎ座火星に由来しているからです。曲自体が社会へ対しての憤りを表現していますが、そのエナジーは抑圧されている、やぎ座の火星にあります。

 

これは自分自身への制限と自粛を意味していますが、自らリビドーの方向性を自分自身に向けています。ですから自傷的、自虐的な性質になります。さらにおうし座に金星があるので、異性への付き合いがギクシャクします。4室のうお座は家庭の室ですが、家庭は最悪です。

 

家庭を築くには、相当な苦労と労力がいります。しかし本人がこれを自覚して、平和な家庭を築けるのなら、性格を改善するしかありません。要は、本人の自覚次第なのです。

 

ただ尾崎さんは土星に対して、太陽がハードアスペクトを形成しているので、とても難しい。自分で家庭を破壊する。いわゆる家庭には不向きなのです。むしろ自己探究したほうが健全でした。

 

ふたご座木星では、木星だけアローン・プラネットとして目立つ存在です。8室にあるのでこの木星には、他者に対しての幸福度があります。具体的には、潜在的な言葉の表現、他者が求めるような意識、時代背景がそれが、インスピレーションを通じている。

 

10室のおとめ座天王星と冥王星は、同時代性の影響にありますが、普通の職業というよりアイデアを生かしたベンチャービジネスや事業が向いています。公務員のような堅い職業は不適です。



0占い

再開の死

晩夏を終えて、収穫の秋、充実、成果の時期へと向かう、初秋となります。この時期の死はなにを暗示したのでしょうか?死の暗い影が見えない時期です。この時期にある死とは?突然なんの前触れもなく予想できない。それは予定外の死です。致命傷にならないためには、神仏のご加護が必要です。

 

しかし本人はまだ死を意識してはいません。むしろその逆に、5,6年前から始めた事業計画があったので、再度再考して、この年に本気、本腰でやっていこうとする再チャレンジする意識です。例えば、事務所を変えるとか?本拠地を移転するとか?ここ数年間できなかったことをやる。というやる気の意識です。

 

再開の初秋では、結果、収穫が目の前で実っている状態なので、大損はしません。それを見通しての行動です。これを尾崎さんは考えていた。

 

しかし不幸にも他界した。それは疑惑とナゾを伴った死でした。未だに忘れない尾崎氏のショッキングな死は、未だ解明されぬまま現在に至ります。運勢の良い時の事故は、予想外な力が働いています。それはひとえに業というものがあります。業は避けようがありませんが、そこに神仏への敬愛があれば救いはあるのです。

 

ここで推測ですが、尾崎さんの前向きな新規事業をよく思わない勢力があったのでしょうか?尾崎さんは薬物中毒だったと言います。死の原因が薬物による事故であると確定していますが?本当でしょうか?昭和の闇を感じます。

 

1980年当時、好景気で浮かれていた日本社会は、非合法な暴力や事件が蔓延していました。そこには、ドロドロした金にまつわる事件事故が、喧騒のウラで暗躍していました。そんな時代の真っ只中の芸能界では、知名度、人気が出ると、ハイエナのように群がる連中がいました。

 

そして、金の卵を生み出すいわゆる金づるは、脅迫と暴力を使い、人気タレントを手中に収めました。かつての竹の子族出身の沖田浩之氏もこの時代の生け贄でした。

 

使い物にならないと消されて、骨の髄までしゃぶり尽くす連中がいました。そこには、著作利権に絡む巨大な利益構造があります。現在は法整備により勝手な真似はできませんが、しかし枕営業のようなシステムも残っているのが芸能界の闇というところです。

 

 

uranai1.hatenablog.com

uranai1.hatenablog.com

uranai1.hatenablog.com

uranai1.hatenablog.com

uranai1.hatenablog.com

uranai1.hatenablog.com

 

uranai1.hatenablog.com