🌟占星術✨ホロスコープ   🐉0運命❄バイオリズム

運命の四季を知ることで、成功人生を手に入れて幸運を引き寄せ、不運を回避する開運占い🔮

ジャニーズ!?退社? 滝沢 秀明氏 0占い

滝沢 秀明

たきざわ ひであき

1982年3月29日 

東京都八王子市出身の音楽プロデューサー、演出家、実業家、元タレント・歌手・俳優。ジャニーズ事務所旧所属の元タレントであり、タッキー&翼のメンバーとして活動していた。

その後は事務所副社長・ジャニーズアイランド社長を務めていた。愛称はタッキー。

 

0占い

本命星 -> 九紫火星 戌

月命星 -> 四緑木星 卯

日命星 -> 九紫火星

傾斜宮 -> 坎宮傾斜

 

0才 

1982年 壬戌 再開生まれ

2022å¹´

40才 2022年 壬寅 0地点 

 

戌年

快活で活発。義理堅く、高潔な面があります。一度信じた信念、人、物事に熱中しますので、行き過ぎると他人との対立関係を生じる結果になります。一歩も下がらないので益々悪化する場面があります。しかし要領がよいのです。

 

パワーバランスが自分に不利に働くと思うと、すぐに下手に出ます。そのような要領のよさがあります。ただしこの傾向は、幼少時に見られます。人生経験のない幼少期では、干支の性格がそのまま表にでるのです。これを経験によって勉強し、修正していくものです。

 

また自分でこう「思ったこと」をすぐに口出すので、口は禍の元となります。ついつい言わなくてもいいことを言ってしまう。それが争いの元になります。一度このような関係になると、人気だったのに、人が離れていきます。

 

そこで自分の信念を貫き通すと、人の輪に入れないという偏屈になります。人の話に耳を傾けて、こころにゆとりを持つようにすべきでしょう。もともとは素直な人ですから、落ち着いて話せば良いのです。言葉に反応するのではなく、少し考えてから反応する癖を持つように心がけるべきでしょう。

 

自分より力がある相手に対しては、服従するのを当然とするが、相手が弱い立場にあると思うや否や、非常に高圧的になります。そのような裏と表がハッキリしている。しかし相手を間違えると途端に臆病となり、平身低頭になります。その身代わりの速さは周囲を驚かせます。

 

しかし本人はケロッとしています。その点は非常にドライな感覚と言えます。バックが大きければ大きいほど威張り散らす幼稚なタイプ、と様々な人生経験から学び、同じ趣向を持つ者同士が一緒になり、一つになって行動するというタイプに別れます。当然後者のタイプは人生の成功者となります。

 

経験から自分の欠点を克服し、長所を生かすことができる人は成功者となるのです。そして忠義が強いのです。いったん「この人」と決めたら、裏切らない義侠心が特徴です。人物で言えば、

 

忠臣蔵の大石内蔵助です。 あんがい単純な人なので、よく人に利用されてしまうというオチがあります。

 

坎宮傾斜

八卦の坎は九星では一白水星に対応します。性格は人当たりが良く柔和で交際上手ですが、意外に用心深くデリケートな側面があります。

 

水は智を表し、坎宮の人は冷静沈着で頭が良く器用です。一方、表面では明るく振る舞っていますが、内面はわりと苦労性でストレスを溜め込みやすい性格でもあります。

 

坎宮の人はけっして派手ではありませんが順応性があり、コツコツと努力型なので、地味な努力がやがて報われます。

 

元は、本来は子の位置なのです。干支で言えば最初の干支になりますが、森羅万象最初にくるのは、エネルギーが他の干支と比べてエネルギーが違います。

 

例えていうなら、短距離走です。最初の出だしが一番力が発揮します。ですから、坎宮傾斜の人は、企業においては営業部長だったり、開発責任者だったり上司から好評価を受けます。しかし本人はいずれ物足りなくなるのです。組織に向いて入れが良いのですが、そうではない人は、自営業を目指したほうが健全と言えます。

 

内面は、がまんを強いているので、ストレスを溜め込みやすい性格です。派手ではありませんが順応性があると同時に自己主張も強く、コツコツと努力して社内では着実に地位をポジションを確保していきます。その粘り強さ執着心があります。

 

0占い

事務所とのトラブルが浮上していますが、去年から天中殺の背信から始まり、2022年令和4年は、0地点となっています。去年から滑り落ちるように、運勢が下降しました。本人は否定するかも知れませんが、否定しようがしまいが、運気は下降しています。そして、今年はそのどん底にあります。

 

ですから、もがけばもがくほどに空回りして、ますますドツボにはまってしまいます。この天中殺の冬の時期は、冬眠するがごとく、大人しくいままで築き上げてきた功績や成果を見直し、2年後に向けて計画すべきときなのです。

 

この時期にいつもどおりイケイケの調子で行動してしまうと大損害をこうむることになり、先々後悔します。それがこの冬の時期です。運の悪い人は、なぜか?悪い時期に種を蒔いてしまいます。

 

悪い運気を繰り返してしまうのがエンドレスになります。繰り返し悪い運気を「これがふつう」という認識なので、まったく自分の不幸、不運に気づかないのです。いつもどおりそれが悪い運気であってもそれがふつうの日常になれば、諦めて苦しかろうがなかろうが、一生耐える生活になります。

 

耐えるのは結構ですが、自分が耐えていることを自虐自慢するのは、けっこう多いのです。「自分はがんばっているのに・・」と嘆いても運勢は味方しません。

 

よい運勢を招くには、負のループから逃れることです。同じ線路を往復せずに、新たな線路に乗るべきです。

 

滝沢さんの今の時期はそういう悪い時期というか、新規をやったら、腐る時期なので、新たな種を大地に蒔いても結局腐るので、今は自重が必要です。マスコミはやんや騒ぎ立てますが、放置すればいい。

 

海外にいって煩わしくない生活をしたほうがよい。お金と時間はあるだろうから?余裕はあるでしょう?戌年の人は、とかく忙しすぎることを「当たり前」と勘違いするのです。

 

戌年の親しみやすさはあるのですが、芯が頑固な坎宮傾斜なので、芯は強く、つまらないことに我を張り突っ張ってしまう。そこは状況を見て判断しないと失敗します。できれば滝沢さん側の大物に、従順に付いていった方が成功への早道です。自我が強いとそれが仇となってうまくいきません。

 

uranai1.hatenablog.com

uranai1.hatenablog.com

uranai1.hatenablog.com

uranai1.hatenablog.com

uranai1.hatenablog.com