🌟占星術✨ホロスコープ   🐉0運命❄バイオリズム

運命の四季を知ることで、成功人生を手に入れて幸運を引き寄せ、不運を回避する開運占い🔮

神の子 格闘家レジェンド 山本“KID”徳郁 ホロスコープ占い

山本“KID”徳郁

やまもときっど のりふみ

ジャンル

スポーツ選手・指導者

出身

神奈川県

生年月日

1977年3月15日

没年月日

2018年9月18日

å¹´é½¢

満41歳没

「神の子」「KID」のニックネームで知られ、格闘技ブームを牽引した総合格闘家。総合格闘のジム「KRAZY BEE」主宰。本名は岡部徳郁。身長は163㎝、体重は61㎏。父はミュンヘンオリンピックのレスリング・グレコローマン日本代表として活躍した山本郁榮、姉の美憂と妹の聖子はレスリング世界選手権を制覇した日本女子レスリングの選手というレスリング一家。

 

なお、メジャーリーグで活躍する投手・ダルビッシュ有は義理の弟にあたる(妹・聖子の夫)。モデルのマリアとの間に2人の子どもがいたが離婚、その後、再婚し女の子が誕生している。 レスリング一家に生まれた山本は、幼い頃からレスリングに親しみ、高校時代には単身で渡米しレスリング修行に励んだ。

 

その時、アリゾナ州の王者に3度輝くなど早くからその才能を開花させた。帰国後も国内の大会で優勝し、シドニーオリンピックを目指したが惜しくも出場権を得ることができず、それを機に総合格闘技に転向。2001年(平成13年)にプロデビューし、修斗で世界ライト級2位となった。2004年(平成16年)にはK-1に初参戦。

 

以降、高い身体能力から生み出される圧倒的瞬発力とパンチでKOの山を築き、自ら「神の子」と豪語した。10㎏以上体重の重い相手にも怯むことなく立ち向かい、豪快に勝利する姿はファンを魅了し、K-1王者として君臨した魔沙斗と共に格闘技ブームを牽引する象徴的存在となった。

 

しかし、ケガもあり連敗を重ね、アメリカの大手団体「UFC」で再起を図るも成績を残すことができなかった。2018年(平成30年)8月、自身のインスタでがん(胃がんの全身転移)であることを発表。当時、山本の痩せた姿は話題となっており、世間の心配を集めていた。

 

公表からわずか半月後、所属ジムの公式ツイッターにより死去が発表された。死因は多臓器不全。 タトゥーマニアとして知られ全身にタトゥーが入っている。また、動物好きでも知られた。




影響力大

うお座太陽、水星

やぎ座月

みずがめ座火星

ホロスコープ占い

分散型のホロスコープです。ある意味、各星座に一つづつあるという得意稀なホロスコープです。これから言えることは、気配りのある全方向に気を効かせるマルチタイプの人物です。

 

こうしたマルチタイプの人は、どんな職業に付いても、もしくは集団にあってもうまく仕切るようなまとめ役になります。

 

組織にこういうタイプの人がいると、まとまらない会議をまとめることができるし、整理ができる。それは皆が賛同できるできるような采配ができます。ある意味仕切りや、もしくは審判やジャッジメントの能力に長けています。その采配は太陽がうお座にあるので、深く追求している。

 

感性の豊かさ

水星が合コンジャクションにあるので、同情的に判断して情にながされることが多い。相手の悩みを聞いてしまうと、とことん同情して、まるで当事者になってしまうような同調意識があります。それはそれで良いのですが。やぎ座土星では安定した月の位置なので、強い意思があります。

 

おうし座木星から影響のシャワーがあるので、とても安定したメンタルです。それは同時にスランプや落ち込んでも、前向きな判断ができて、常に向上心と明るいというネアカ体質です。女性は好きです。多くの女性と恋愛関係や恋をします。

 

むしろそれが趣味の一つです。自由恋愛なので、ちょっと下半身問題が浮上しそうです。

 

山本氏に近づく女性たちにも、もちろん問題はあります。売名行為や自分をセールスする女性もいるでしょう。それは有名人になれば誰でも直面する課題ですが、あまりにも自由奔放になりすぎると、フライデーされるでしょう?

 

しかし山本氏は、関係する女性たち一人ひとりに心身ともにケアできる人なので、異性からバッシングや大反撃を受けることはありません。ある芸人さんのように、女性をモノ扱いしません。

 

繊細な格闘家

それは、山本氏は相手を自然に思いやりのできる性質があるからです。それがうお座の男性の優しさです。相手を思いやることができる水象星座だからです。かに座さそり座の人は、相手の深層を瞬時に理解できるのです。それは本能的な超能力と言えます。洞察力が優れています。

 

夭折する原因として、自分の生き方にそぐわない人生を選択する。人生の設計図を無視して生きる。リビドーの赴くまま、欲望の方向性に生きる。近道をしたつもりが、結局遠回りになっている。

 

カウンセラーが適職!?

山本氏の個性は格闘技にありますが、それは家庭がエリートの類まれなる体育会系にあったため、遺伝的に運動能力が優れていた。それはそれで結構なことですが、実はそれはあまり向いていなかったのです。こう言うと反発をされるでしょうが、山本KID氏の適職は、カウンセラーのようなお仕事でした。

 

他人の悩みに対して、的確なアドバイスができるからです。それは意外?かと思われるかも知れません。

 

フィジカル面の優位性と遺伝的家系

フィジカル面が優位になっていたので、有名と実力で格闘技に向かいました。それは山本KID氏の最良の選択であって異論はありません。みずがめ座火星では、自分が先人を切って格闘技界を革命を起こしました。それは山本氏の欲望の方向性でした。それが成就することが人生の喜び、祝福でした。

 

しかしそうであっても心身への負担というか、ムリというか、あまりにも人生とは真逆の選択をしたという結果は拭えません。格闘技は彼にとって生きがいの最良な人生でしたが、最も適した個性を生かしきれなかった。もし病魔に侵されなかったら、ドクターやカウンセラーのような職業にあったでしょう。

 

指導者でも良いのですが、格闘技は心身ともに消耗する激しいスポーツです。格闘技ビジネスは猪木氏や格闘技団体を見ればわかる通り、でかい博打です。

 

リスキーな進出と心労

それは山本氏に多大なるストレスを感じていました。ですから、早急に引退すべきでした。ストレスと体力維持は、並大抵の人にはできません。特にアメリカ進出は、大失敗でした。凶方位方向への進出は多大な労力とリスクを伴います。

 

タトゥーの功罪

そんなリスキーをしてやるより、天性の才能を生かしたビジネスをすべきでした。しかし、全身のタトゥーは、内蔵に負担をかけました。肝炎という病気の原因は染色に使われる水銀やヒ素です。過度な入れ墨は、多大に身体に悪影響を及ぼします。

 

ある意味、健全な土壌にモンサント社の除草剤を蒔くようなものです。命を削ってまでやることではない。それはおしゃれや、かっこよさを追求するあまり見逃されます。

 

南無阿弥陀佛

 

 

uranai1.hatenablog.com

uranai1.hatenablog.com

 

uranai1.hatenablog.com