🌟占星術✨ホロスコープ   🐉0運命❄バイオリズム

運命の四季を知ることで、成功人生を手に入れて幸運を引き寄せ、不運を回避する開運占い🔮

初公開!?開運!!じぷしぃ流 恵方三合法

開運!!恵方三合法!?

三合日の祐気を取り込む方法

令和5年6月11日、20日、29日は気学で言うと、三合日と言われています。

令和5年は四緑木星の年です。

6月は四緑木星の月

11日、20日、29日は

四緑木星の日

という1年に数回しかない!❢ラッキーな大吉日です。俗に言うゾロ目の年月日です。特に20日は、新月から3日目なので凄く強い恵方が得られます。

 

この恵方の三合法を使えば、3、6、9、12か月後に良い現象?変化が現れます。「なにもなかった?」と言われるかも知れませんが、それは気づいていないだけです。必ず身辺にわずかな?変化が生じているはず。気づいていないだけです。

 

人によって吉効果がどう現れるかわかりませんが?長年の件や問題が解決したり、「うまくまとまった」ことがあります。ですから、気長に待つということが肝心です。

 

失くしものでも、散々探しても見つからなかったモノが、突然発見されたりします。運気とは時期がくれば吉運悪運が巡って解決してくれる。

 

恵方日の使い方は?

1  まず自分の九星が何であるか?

自分の生まれの九星を知ります。

2 その九星に対して恵方を得られる方位が

恵方位になります。

3 ですから恵方位の神社に行けば良いのです。

 

そこでお水取りをして生気をいただくとか、吉方位浴をすれば運気が上がります。パワースポットと似ていますが、気学では方位を重要視しています。

 

参考

まず生と剋の関係性を見て見ましょう。

吉を甘受するポジティブ吉相性は? 

火生土 土生金 金生水 水生木 木生火

凶を受けるネガティブ凶相性は?  

木剋土 土剋金 金剋木 木剋水 水剋木

 

九星は

一白水星 二黒土星 三碧木星 四緑木星 五黄土星 六白金星 七赤金星 八白土星 九紫火星があり、生れ年によって決まります。

 

相性関係とは?

例えば、自分が一白水星なら水なので、相性の関係は、金生水になります。六白金星と七赤金星が相性がよく、吉を受ける相性となります。

 

金の人から水はプレゼントされます。本年度の方位では、六白金星の西方位と七赤金星の東北に移動することにより、今年最大の祐気をいただくことができます。

注意 今年の西方向は歳破とあり、今年は大凶です。

 

恵方日に移動する方向で恵方の気を受けるには?

 

結論

六白金星と七赤金星の滞在する方位に移動して、滞在すればいい。

1 できるだけ長時間滞在する午前中で約1時間程度。

2 その吉場所で飲食をすること(方位の運気)を体内に取り込む。

3 当然、神社に参拝する。特に神社の水を飲むという(お水取り)口をすすぐだけでも良い。

4 もし方位に神社がなければ、公園や自然のエナジーのある木々のある場所。ただし効果は少ない。

5 できる限り、どんな小さな神社でもよいので、神社に参拝する。

6 西方位を恵方にした場合。兌宮の象意から、異性の友人、知人ができる。あらたな交際が始まる、人気となる。賑やかな場所へ行くようになる。

7 東北位を恵方にした場合。艮宮の象意から、出世、昇進、課長職を得る。起業する。自営する。

といった象意が期待できます。

 

プレゼントされる側と、する側

また木生水も相性がよいのですが 二黒木星、努力を要するプレゼントをする側なので、小吉です。

 

注意

令和5年の西方位の真西では、歳破と災殺が来ているので、この方位を避けてください。安全第一として、東北をおすすめします。さらに言うなら日の出〜午前中まで

 

気とは?

自然界に宿っているので、神気漂う神社が最適です。また心身がリラックス出来る、保養できる場所が良い。瞑想は最適。

 

昔の人々は暦を見て神社仏閣に詣で飲食をしました。現代では忘れられた古の習慣です。信心深い昔の人々は、縁起をとにかく生活の上で重要視していました。縁担ぎ。生活のすべてが縁起でした。

 

「縁起を担ぐ」とは?

日々の苦しい生活するうえで少しでも良くなるようにと、神仏にすがる思いでお願いしました。それが日本人の古来からの信仰心でした。日本人の精神文化が隆盛な日本がありました。

 

 

uranai1.hatenablog.com

uranai1.hatenablog.com

uranai1.hatenablog.com

uranai1.hatenablog.com

uranai1.hatenablog.com

uranai1.hatenablog.com

uranai1.hatenablog.com