🌟占星術✨ホロスコープ   🐉0運命❄バイオリズム

運命の四季を知ることで、成功人生を手に入れて幸運を引き寄せ、不運を回避する開運占い🔮

故ダイアナ妃の次男 サセックス公爵ヘンリー王子 ホロスコープ占い

サセックス公爵ヘンリー王子

f:id:ymcamsn:20220323155811p:plain

Prince Henry, Duke of Sussex

ヘンリー・チャールズ・アルバート・デイビッド

(Henry Charles Albert David)

1984年9月15日

イギリス王室の成員、軍人。

通常ハリー王子 (Prince Harry) と呼ばれている。

2020年3月31日をもって、イギリス王室の公務を引退し離脱した。

 

影響力大

8室おとめ座太陽

4室おうし座月

MCと月

 

影響力中

11室いて座火星

8室てんびん座金星

アセンダントやぎ座

 

ホロスコープ占い

ヘンリー王子と言えば、英王室のお騒がせ王子として残念なレッテルを貼られてしまいました。それもアフリカ系の有色人種メーガンさんと結婚したことが原因です。英王室の前代未聞の結婚です。この影響は、ご皇室の眞子さんに影響を及ぼしたと思われます。

 

現在は自由の国?アメリカ、ニューヨークに在住されています。この結婚は英国民から歓迎されていないです。お祝いムードがまったくないのです。なぜわざわざ英国民から嫌われる結婚を選択したのか?

 

結婚を強行してまで、メーガンさんではないとダメだったのか?世界中から愛されたダイアナ妃を母に持つ運命から、一生逃れることはできない。王室を離脱した今後、これからどのように生きていくのでしょうか?とても興味があります。

 

このヘンリー王子の動向を、眞子さんは真似をしてるようで、奇妙な共時性を感じるのは?わたしだけでしょうか?

 

ホロスコープ占い

社会的に社交的で、太陽と月が土象星座なので実は、落ち着いた人物なのです。ヘンリー王子の評判は、軽々しい行動、軽率な行動?といった悪い印象があります。しかし本来は計画的で決して軽々しい行動する人ではないのです。それは、アセンダントにもあるように、根はすごく真面目なのです。

 

この真面目さは、ダイアナ妃の遺伝によるもので、母の影響力はヘンリー王子にとって絶大な影響を及ぼしています。

 

母性に甘える

その母を表す月が4室おうし座にあるので気品のある家庭、恵まれた家庭になります。おうし座という土象星座に月があると安定してるという意味になり、心的メンタルの拠り所が家庭にあり、さらに母にあるという事になります。それだけヘンリー王子は家庭に依存している、ある意味マザコンなのです。家庭が人生の最大の幸福なのです。それは、幼い頃母を失ったトラウマもあるからです。

 

 月がヘンリー王子の重要なペルソナ

月は他の星と離れてアローンプラネット化しています。これは月が強調され、ホロスコープにおいて重要な意味を持つのです。母性に飢えている。母の愛情こそ最大の幸福。金銭や、名誉よりも平和な家庭がヘンリー王子は熱望しています。それと同時にドラゴンヘッドが4室にあるので、これは宿命と言えます。安定した家庭環境が今生のカルマを成就するのです。

 

敵対する父の存在

しかし、これに水を指す人物がいます。それが父親になります。チャールズ皇太子です。ヘンリー王子にとつて父の印象は疑惑しかありません。父チャールズ皇太子は、マザコン気味のヘンリー王子を立派な王子に育て教育してきたと思います。しかしその熱意は息子には伝わりません。

 

それはヘンリー王子のメンタル面で反抗しているからです。母への敬愛の裏返しと憎しみ・・・現代において、仲良い親子を探すのは難しいです。家族でも別々の人生を歩み、別々の考え方があります。血で繋がっているだけの人と成り果てています。そんな疎遠の関係性が現代の人の家族感です。

 

母への偏狂した愛情

ヘンリー王子は、あまりにも母に依存し過ぎて、どうしても父を受け入れられないのです。それはダイアナ妃の交通事故死が原因ではありません。これはそうとう根が深い問題です。ホロスコープで父と相反する性質だからです。さらに母の事故死で益々父から遠ざかったのはうなづけます。

 

有名人に集る人々

11室のいて座火星、天王星、海王星では、友人、知人とトラブルが多くあります。信用、信頼できない。それは8室おとめ座太陽と悪い関係だからです。英王室の肩書で多くの人が集まるでしょう。

 

しかし彼らは、おこぼれを欲しいだけの人たちです。だからとて友人が少ないわけではなく、むしろ多い。メーガン妃にしてもちょっと風変わりです。王室の伝統と歴史はあまり興味がありません。

 

太陽と月にアスペクトがない?

彼女も数多くの友人の一人ではありますが、やはりヘンリー王子のフィアンセであれば、世界中から注目されるわけです。そういう野望があります。心配なのは、太陽、月にもノーアスペクトなので、ヘンリー王子は本当にこの女性でよかったのか?どうか?疑問が残ります。ただ勢いで結婚に踏み切ったとも言えます。

 

有名人になれば、付き合う人、結婚相手も苦労します。贅沢の悩みです。

 

そしてヘンリー王子は肩書きや名誉職にあまり興味がない。10室さそり座土星と月が強く反作用しています。王室より個人的な生き方を優先します。ですから、簡単に王室を離脱したのです。まるで眞子さんにそっくりです。

 

強引に王室を離脱したのはなぜ?

この問題で、エリザベス女王やチャールズ皇太子、英王室内から大反対があったと思います。しかしその反対を押し切って離脱しました。それは英王室の青天の霹靂だったでしょう。この離脱の心の奥底にあるのは、ダイアナ妃の愛すべき存在と英王室と父への憎しみの反発が強くあるのです。

 

母のぬくもりをメーガン妃に託しても、そのぬくもりは偽りと気づくのはそう遠くないでしょう。ヘンリー王子は亡き母ダイアナ妃の亡霊を一生追うことになります。

 

一言で言えば、

ダイアナ妃の存在があまりにも大きすぎたマザコンおとめ座の人

 

 

uranai1.hatenablog.com

uranai1.hatenablog.com

uranai1.hatenablog.com

uranai1.hatenablog.com

uranai1.hatenablog.com

uranai1.hatenablog.com

uranai1.hatenablog.com

uranai1.hatenablog.com