🌟占星術✨ホロスコープ   🐉0運命❄バイオリズム

運命の四季を知ることで、成功人生を手に入れて幸運を引き寄せ、不運を回避する開運占い🔮

とうとう・・・やらかしたおそロシア ウラジーミル・プーチン大統領 ホロスコープ占い

ウラジーミル・ウラジーミロヴィチ・プーチン

f:id:ymcamsn:20220307194308p:plain

Владимир Владимирович Путин

Vladimir Vladimirovich 

1952年10月7日

ロシアの政治家、元諜報員。2000年から2008年まで、2012年から2022年現在までの同国大統領である。

また、1999年から2000年まで、2008年から2012年まで首相を務めた。

プーチンは、アレクサンドル・ルカシェンコに次いで2番目に長く現職の欧州の大統領を務めている。



影響力大

11室ふたご座太陽

11室ふたご座太陽と12室土星と水星

1室さそり座金星

2室いて座火星

8室ふたご座月

 

影響力中

7室おとめ座木星

アセンダントさそり座

MCとしし座冥王星

9室かに座天王星

 

 

ホロスコープ占い

ふたご座に太陽、土星、海王星、水星があります。これらはふたご座を強調するので、ふたご座の特性を良くも悪くも中心軸になる人生となります。ふたご座の特性は、2つで1つなので相反する2つが1つにあるという性質です。ある意味表と裏の関係で1つの人格があります。

 

ふたご座の光と影

ふたご座は、その時、その時に自然に使い分けることができる天才です。通常なら、ウソをついたり、相手を騙してやろうとした時、人相に必ずその兆候が出るのです。これは、精神と肉体が連動しているからですが、これができるのは、そんなことができるのはプロの俳優ですが、プーチン氏も、相手に悟られないようにする話術が容易にできます。

 

12室の水星では、深い洞察力から来る潜在能力は、太陽の影響の影響を受けて磨きがかかっています。ですから、プーチン氏の本当に何を考えているのかを知るのは、容易なことではありません。だからと言って誰にも対しても本音や会話を閉ざしているわけではありません。そこは見極めて人選をします。ですから、プーチン氏の周囲には従順な人しか近づけません。それは秘密結社のようなフリーメーソンと似た組織です。

 

恵まれた悪友たち!?

7室のおとめ座では、木星があるので部下や周囲には恵まれた環境と言えます。プーチン支持の閣僚が多いと言えます。しかしそれは、心からの忠誠心や支持ではなく、金銭的な報酬や駆け引き、やり取りがあります。それが良いか悪いかというより、その状況がプーチン政権の礎となっています。

www.bbc.com

これが崩れるとプーチン氏は失脚するでしょう。独裁体制と言われていますが、少々疑問です。理想主義者なので、かつての懐古主義を理想としているだけです。ゴルバチョフ以前のロシアがプーチン氏の理想なのです。現実的ではない?と理解しています。回りの官僚たちに押されているような、利用されているところがあります。

 

本当に独裁者なのか!?

もう後戻りはできないと理解していますが、背信状態で独りよがりしている状態が現在のプーチン大統領のロシアです。プーチン大統領だけに責任転嫁しているようで?ふに堕ちません。土星が太陽にコンジャクションしているので、古き良き祖国ロシア、愛国心、レーニン、スターリン時代のソビエト連邦を夢見ている。

 

かつてプーチン少年は、憧れのKGBのドアを叩いたと言われてます。若すぎるので断られたらしいですが、その後猛勉強して念願のKGBに入ったそうです。ですから根っからの愛国者であり、おそロシア人の見本なのです。ロシア人の多くもその時代を望んでいるからプーチン政権があるのでしょう?

 

権力への渇望とノスタルジー

10室のしし座冥王星では、強い権力意識があります。そこに冥王星があるので、強欲に権力欲があります。底なしの権力欲です。これを抑えることができない。これがネックとなり、やがて自滅します。火星とトライン関係ですので、それは強引で力で相手をねじ伏せます。それが金銭絡みという計算の想定内。

 

守銭奴ここに極まれり

プーチン氏の涼しい顔をよく見ますが、裏の顔は相当な守銭奴です。本来プーチン氏がやるべきことは、平和と自由を愛すること。人間の尊厳を守り、人間の意思決定や思想を保護していくことがプーチン氏の使命です。これが悟りへの道です。ムリでしょうが?本来は風象星座の人なので、民主主義的な世界を好意的に見ています。しかし周囲の官僚はそれに反対です。

 

千年王国は続かない・・・

プーチン大統領の側近たちが、プーチン大統領を担いでいるにしかすぎない。プーチンはその神輿の上にふんぞり返っている裸の王様です。今後の情勢により、担いでいる人も一人消え、二人消えするでしょう。歴史は修正できないし戻らない。無理にやろうとすれば、世界中からの制裁を受けます。ネットがある世界では、すべての丸見えの状態で隠そうとすれば、バレてしまいます。

 

プーチン大統領は愚かではありません。ただ強いかつてのロシア理想主義を追い求めているのです。なぜ?それはロシア国民が望んでいるからです。そういう集合意識がプーチン政権に集約されている。この点は中国の習近平も同じです。ふつうに考えれば、理想的終結はプーチン大統領が退くのが理想ですが、退くタイミングを模索しているのも想定内です。

 

今後の予測・・・

その一つの区切りが、3月2,3,4日あたりの新月を機に、新たな状況になるでしょう。それは、水面下での駆け引きです。水に関する場所バルト海?停戦合意できるか?どうか?それは安定しない、流れるという意味もあるからです。

 

 

uranai1.hatenablog.com

uranai1.hatenablog.com

uranai1.hatenablog.com

uranai1.hatenablog.com

uranai1.hatenablog.com