🌟占星術✨ホロスコープ   🐉0運命❄バイオリズム

運命の四季を知ることで、成功人生を手に入れて幸運を引き寄せ、不運を回避する開運占い🔮

世界の大富豪 ウォーレン・バフェット氏 ホロスコープ占い 

ウォーレン・エドワード・バフェット

Warren Edward Buffett

1930年8月30日 

アメリカ合衆国の投資家、経営者、資産家、慈善家である。

世界最大の投資持株会社であるバークシャー・ハサウェイの筆頭株主であり、同社の会長兼CEOを務める。

大統領自由勲章を受章している。

卓越した投資手法から「オマハの賢人」と称される人物である。

 

 

影響力大

1室やぎ座土星と7室かに座火星と9室おとめ座太陽と海王星

5室おひつじ座ドラゴンヘッドと11室てんびん座金星

9室おとめ座太陽

12室いて座月と

 

影響力中

12室月と9室おとめ座太陽

 

ホロスコープ占い

注目すべき点は、全体的にバランスのとれたホロスコープです。そして主要な太陽と月が上昇し、太陽がほぼ南にあります。人生の早期から中期において活躍できます。太陽が日中にあるというのは、それだけ生ける全てに陽の光を与えるというか、自ら輝ける運勢の人といえます。アンギュラーサインに多数の星があるので、強力で個性的な人物です。くせのあり過ぎる人物です。

 

8質おとめ座太陽では、アセンダントのやぎ座土星の強い影響力があります。やぎ座本来の土星のパワーは最大限に発揮されるので、その堅実さや手堅さは他の追従を許しません。そこに太陽の自分があるので信念に基づいた人、信仰心や強い信仰心を持った人です。

 

先見の明に集う人々

12室いて座の月では、発見されていない事を陽の光を当てることのできる人。ですから、なにも努力しなくても自然に頭角を現し目立つ人となります。なぜ?それは外交的であると同時に、周りの環境がバフェット氏を援助したり、頼られるからです。

 

実直な性格から、その信用において大勢の人がバフェット氏に群がります。その自分を信頼する人々と多少の反発もありますが、言葉たくみに交通整理できます。これを才能と言えます。

 

しかしかなり用心深い人物です。一般的なイメージでは、投資家=チャレンジャーという無謀とも言える事業に飛びつくようなイメージがありますが、思い切りの良さは、4室おひつじ座の天王星にあります。天王星だけポツンとほぼ真北にありますが、強い影響力を発揮するのです。これが大胆さの秘密です。その裏には、周到で綿密な計算があります。

 

しかしバフェット氏は1室のやぎ座土星があるので、その落ち着いた、慎重さは生来の性質と言えます。この土星に9室おとめ座の太陽がトライン関係にあるので、良好でこの慎重さがマインドと合って確実に実現できるのです。ただおとめ座太陽と海王星が関係しているので、慎重な人とはいえ、ある種のインスピレーションや、迷いはついてまわります。太陽に月が関係しています。

 

太陽と月のスクエア

影響をもたらしますが、そういう試練的ネガティブと着実的ポジティブ両方兼ね備えていると言えます。この太陽と月の関係がない人は、人として未完成要素があります。成功モデルにならないなりにくい傾向があります。それは、マインドとメンタルが一致していないからです。例えば好きでもないのに、趣味を作ったりしても継続できません。常に不満な状態。

 

太陽と月の良好関係

どんな犠牲を払おうとも苦になりません。太陽と月が関係しているだけでラッキーです。自分の本来の資質と現実の世界を認識できるからです。その12室いて座の月はアセンダントを上昇しているので、勢いが加速します。その勢いのあるいて座の月なので、生涯現役で走り続けます。

 

ですから心は現役ですし、「若いものには負けない」という気持ちがあります。また、慈善家という肩書がありますが、これも理にかなっているようです。嘘はないようです。他人に対して同情的なところがあります。それは深い信仰心からくるお布施的なものでしょうか?敬虔なクリスチャンなのか?

 

積極的に慈善事業をできる人

家庭的にも人が羨むような幸せな環境です。ただ女性関係が二股になる。そのトラブルは事業に影響が出ます。 9室てんびん座水星があるので、常に新しい身分やへの興味と思考があります。アスペクトがいくつかありますが、それ以上にアンギュラー宮の強い影響力があるのです。

 

土星、天王星、火星、木星、冥王星、金星という多くの星がアンギュラーサインにあると、太陽、月以上の影響を発揮します。現実的にも強烈な個性というか、やはり時代の寵児のような偉人ではあります。

 

一言で言うなら・・・

成功を約束された土星の忍耐の人

 

coconala.com