🌟占星術✨ホロスコープ   🐉0運命❄バイオリズム

運命の四季を知ることで、成功人生を手に入れて幸運を引き寄せ、不運を回避する開運占い🔮

日本の生きる至宝!?世界の救世主!? 愛子内親王殿下 0占い  

愛子内親王

ja.wikipedia.org

 

はじめに

小室夫妻の問題で、日本中が蜂の巣を叩いたような騒ぎです。それもそのはずで、日本国民とご皇室は、親子関係であったのに、「私は知りません」と冷たくされては、「じゃあご勝手に」と見送るしかありません。そして、ご皇室の問題転嫁となって皇室へのバッシングへと問題がすり替えられていく気配があります。いち元皇族の問題行動から、関係者の皇族の方々まで非難されるのは、マスコミの行き過ぎた報道と言えます。

 

皇族の方々にも人権はありますが、私たちとは違うのです。あえて皇族を降りて平民になった眞子さまは残念ですが、希望の星となる天皇陛下のご長女であらせられる、愛子さまに目を向ける世論があるのは当然至極です。これまでの愛子様の行動、言動からすでにご皇室としての気品と品位を感じるのです。今年ご成人とあらせられる愛子様ですが、この記念すべき日、日本の宝を尊崇します。不敬でありますが0占命占いで占って観ました。ご成人おめでとうございます。

 

愛子内親王

2001年〈平成13年〉12月1日

日本の皇族。御称号は敬宮(としのみや)、お印はゴヨウツツジ(五葉つつじ)。身位は内親王。敬称は殿下。

徳仁(第126代天皇)の第1皇女子。母は雅子(皇后)。明仁(上皇)と美智子(上皇后)の皇孫にあたる。

21世紀(3千年紀)に誕生した初の皇族であり、2021年(令和3年)現在、18名の皇室構成員のうち最年少の女性皇族で、内廷皇族である。

 

本命星 -> 八白土星 巳

月命星 -> 二黒土星 亥

日命星 -> 八白土星

傾斜宮 -> 坤宮傾斜

0地点 辰巳

 

巳年

清和柔和にして口数少なく、注意力と思考力もある人です。金銭面で几帳面なところがあり、そのためケチと周囲から批判されます。細かいのでつまらないことで思い悩んでしまいます。深く考えすぎるクセがあるので、肩の力を落とし、深呼吸してリラックスすることが必要です。そしておおらかに、気持ちに余裕を持てばよい。

 

寡黙で人から「なにを?考えているのか?わからない?」と外に本心を出さないという性質があります。さらけ出さない理由とは?根本的に人を信用していないからです。猜疑心が旺盛で、許せるということができない。だから独りよがりになるので、集団行動が苦手と言えます。

 

表面は柔和を装いますが、内面は激しい性格なので、外と内の葛藤が大きなストレスになりやすい。リラックスできないという状況。また、質素で倹約、規律を非常に重んじる常識人です。物事を自分で納得できるまで、追及し過ぎるあまり決断力がないという性質があります。

 

その挙句失敗することもあり、その逆に第一印象を決め受けてしまうという欠点があります。思慮深い性質は良いのですが、決断力に乏しく、同じことをあれこれ考え、堂々巡りをし過ぎて、チャンスを逃すという失敗を、何度も繰り返します。

 

坤宮傾斜

九星では二黒土星になります。坤は女性や母を表しますので性格は温和でおしとやかな人が多く、保守的で地道にコツコツやるこ性質です。代表になるよりも補佐的な立場のほうが成功しやすく、地味ですが、大小限らず、組織においていなくてはならない重要な人物、副社長、腹心的存在のほうが成功します。

 

無理をして自分が台頭して主張すると、思わぬ反撃や、攻撃、をうけることになり、計画がとん挫します。それは、生来の器というものが決まっていて、器に合わないと、様々なところでひずみ、トラブルが起こるのです。

 

それを「身の丈に合わない」と言います。若い頃は控えめで自分を表に出さないので、周囲から「何を考えているのか?」とネガティブ意見がありますが、徐々にその評価は信頼と信用に結びつきます。そしてまじめに働いた努力が晩年を保障するのです。

 

0地点 0生まれ

宿命を背負った人となります。それは、天が人に与えた苦楽とも言えます。この厳冬期に生まれた人は、二極化するのが特徴で、苦労を乗り越えて大成功するか?苦労を受け入れられず自滅するか?この極端に生涯現れます。

 

生まれてから、生活して行くうえであらゆる困難や試練が彼らに立ちはだかります。これを乗り越えて行く人は、人生の成功者になります。一方与えられた試練から逃れてしまい、避けて回り道ばかりしていると、かえってなにも残らない不毛な人生となります。

 

ですから、一概に「0生まれだから悪い」と言うのは拙速な判断です。0だからこそ、誰よりも力強く生きられるのです。それは、表面的な強がりよりもこれは運命で、本人もなんとなく自覚している宿命なのです。乗り越えてこそ本来の自分を発揮できる人です。

 

0占命占い

2001年 0地点

(平成13年)12月1日14時43分、皇太子徳仁親王と皇太子妃雅子(両者とも当時)の間に第1子・第1皇女子として、東京都千代田区の宮内庁病院で出生。

 

12月7日 再開月

「浴湯の儀」・「命名の儀」・「賢所皇霊殿神殿に誕生命名奉告の儀」が行われ、天皇から「愛子(読み:あいこ)」と命名される。

 

2005年 健康

(平成17年)春から週2回、東京都渋谷区のこどもの城に通い、音楽遊びなどを通じて集団生活に親しんだ。

 

2006年 人気 5歳

(平成18年)4月11日、学習院幼稚園に入園。同年8月、皇太子・同妃(当時)である両親のオランダ旅行・滞在に同行して、初めて海外訪問した。

同年11月11日に、袿(うちき)と袴をつけ「着袴の儀」を行った。このとき着けた「濃色(こきいろ、濃い赤色)」の袴は、誕生のときに贈られたものである。この頃には自転車の練習なども始めている。

 

2008年 再開 7歳

(平成20年)3月に学習院幼稚園を卒園し、同年4月に学習院初等科に入学。2009年(平成21年)の初等科2年生時には、漢字の書き取りや習字を行う姿が報道された。

 

2010年 充実 9歳

(平成22年)2月下旬から風邪を疾患するなど体調不良が原因となり欠席しがちだったが、同年3月5日になって野村一成(当時の東宮大夫)が、「3月上旬に発生した初等科での児童同士のトラブルから体調不良となり、学校を欠席した」と発表した後、同日にまた学校法人学習院側も記者会見を開き同様の発表がなされ、大きな波紋を呼んだ。

 

2011年 背信 10歳

(平成23年)秋より、初等科への通学は平常な状態に戻った。

 

2012年 0地点 11歳

(平成24年)には学習院初等科5年生となり、「管弦楽部(パートはチェロ)、バスケットボール部などの部活動での練習にも励み、学習院女子大学で開催された英会話セミナーにも通い出した」と報道された。

 

2014年 開拓 13歳

(平成26年)3月に学習院初等科を卒業し、同年4月に学習院女子中等科に入学。同年7月15日に自身の曽祖父母にあたる昭和天皇・香淳皇后の武蔵野陵を初めて参拝し[28]、また、7月30日に伊勢神宮を初めて参拝した。同年8月3日、全国高等学校総合体育大会を両親との一家で訪れ、女子サッカーと男子バレーボールの試合を観戦した。

 

同年12月1日、13歳の誕生日を迎え、皇居内の御所に居住する祖父母の天皇明仁と皇后美智子(当時、現:上皇と上皇后)を初めて一人で挨拶のため訪問した。春からはテニスとソフトボールを始めている。授業の科目数も増え、学業にスポーツにと忙しい日々を過ごす。

 

2015年 成長 14歳

(平成27年)戦後70年の節目の夏には、初めて第二次世界大戦の企画展示(「昭和館」東京都千代田区)に足を運び見学したほか、戦争体験者からも直接話を聞いた。

 

2016年 決定 15歳

(平成28年)8月、学習院女子中等科第3学年在学中の夏休みに両親の皇太子徳仁親王同妃雅子(当時)の地方公務に初めて同行し長野県上高地を訪れた。同年9月26日から胃腸が弱りふらつきなどの症状のため学校を欠席したが、休養に努め11月に学校に復帰した。

 

2017年 健康 16歳

(平成29年)3月、学習院女子中等科を卒業し、発表された卒業文集の作文「世界の平和を願って」では、「『平和』は、人任せにするのではなく、一人ひとりの思いや責任ある行動で築きあげていくものだから」などと、修学旅行で広島を訪れ原爆の悲劇を見て感じた平和を築いてゆく願いを綴り、多くの国民の感動を呼んだ。同年4月、学習院女子高等科に入学。

 

2018年 人気 17歳

(平成30年)7月22日 - 8月9日まで、イギリスに短期留学した。(学習院女子高等科の海外研修プログラム) 首都ロンドン郊外のイートン校で英語教育、更にポーツマスやオックスフォードで英国の文化を体験した。

 

2019年 浮気 18歳

(令和元年)5月1日、天皇の退位等に関する皇室典範特例法の施行(前日の2019年(平成31年)4月30日に祖父の天皇明仁が退位し上皇となり、祖母の皇后美智子は上皇后となる)により父の皇太子徳仁親王が第126代天皇に即位、母の皇太子妃雅子も立后し皇后となる。これに伴い、内親王は第1皇女子として、天皇・皇后を両親に持つ唯一の人物となった。

 

2020年 再開 19歳

(令和2年)3月に学習院女子高等科を卒業。

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、両親である天皇徳仁と皇后雅子は卒業式への出席を控えた。同年4月より父帝の母校でもある学習院大学文学部日本語日本文学科に入学(父・今上天皇は、同学部史学科出身である)。

 

2021年 経済 20歳

(令和3年)3月26日に、第204回国会で成立した令和3年度予算に同年の12月1日に成人する愛子内親王のティアラ代が、宮内庁の予算としては盛り込まれなかった。ティアラは成年の女性皇族が宮中晩餐会など公式の場で付ける髪飾りだが、宮内庁では「新型コロナの状況に鑑み、盛り込まなかった」とした。

 

まとめ

9歳で最初の試練、洗礼を受けることになりました。運気では充実で良いことが次々に起こる!?とは限りません。この時期に亡くなる、事故に遭う人も多いのです。それは、運に甘んじているからです。運に甘んじていると、人間油断をするのです。その油断が事故や、災害を招きます。

 

この時期にあった学校でのトラブルは、愛子様は幼いながら人間的成長を遂げられたと思います。この試練がなければ、天皇陛下の子であるという傲慢さゆえに歪んで成長したでしょう。皇帝学は、本人のご意思と才能がなければなりません。海外に行かれましても日本を学習される姿勢は、伝統と受け継ぐご皇室として当然でありますが、そのようにお育てになりました。今上天皇陛下と雅子妃殿下のご教育にあります。

 

元来、愛子様には、お名前の通り、「愛しむお気持ち」があるのです。ですから、不登校騒動では、控えめの性格ゆえに、積極的な同級生とは合わないのです。落ち着いた環境の方が合っています。それは魂の格が違うからです。日本国民に寄り添って、苦楽を共にできるご皇室こそ、望まれるご皇室の姿なのです。その尊崇の念を愛子様に見ることができます。

 

たとえ0地点生まれだあっても、失望することはないのです。人より試練が多いかも知れませんが、それは運命を乗り越えることができる人なのです。「親ガチャ」と不謹慎な言葉が流行っていますが、親が裕福であってもお金では解決できない問題がたくさんあります。

 

子は成長していくにつれ、数々の試練、社会の洗礼を受けるのです。それをお金や権力で解決していけば、その人にとって幸運とは限りません。返って余計なことをしたので、結局は甘んじたしっぺ返しがきます。それが社会です。目の前にきた問題を自ら解決するのが、人間的成長といえます。

 

uranai1.hatenablog.com

 

uranai1.hatenablog.com

 

coconala.com