🌟占星術✨ホロスコープ   🐉0運命❄バイオリズム

運命の四季を知ることで、成功人生を手に入れて幸運を引き寄せ、不運を回避する開運占い🔮

開かれた御皇室へ!? 愛子内親王殿下 ホロスコープ占い

愛子内親王殿下

あいこないしんのう

2001年〈平成13年〉12月1日 

日本の皇族。御称号は敬宮(としのみや)、お印はゴヨウツツジ(五葉つつじ)。

徳仁(第126代天皇)の第1皇女子。

母は雅子(皇后)。明仁(上皇)と美智子(上皇后)の皇孫にあたる。

2000年代に誕生した初の皇族であり、2021年(令和3年)12月1日現在、17名の皇室構成員のうち最年少の女性皇族で、内廷皇族である。

 

影響力大

8室いて座太陽、冥王星

2室ふたご座月、土星

10室みずがめ座海王星

 

影響力中

11室みずがめ座火星、天王星

3室かに座木星

7室さそり座金星

7室いて座水星

 

ホロスコープ占い

第一印象が、2室、8室がシーソー型でバランスを保っている状態です。このバランスが崩れると一方に偏り、精神的に不安定になります。それはふたご座の月に影響が強く出る。月はメンタルなので、メンタル面に影響が出ます。その不安要素は、とても強く出やすいのです。

 

それは土星が強く影響しているので、悪影響はとても深いのです。それで自分を制約したり、制限、萎縮してしまいます。それはとても深刻な問題で、そういう自分を萎縮していると、体に影響が出ます。

 

8室の太陽では、しかし元々は、いて座の明るさを持った方なので気にしすぎるというか、無駄な心配事をさらっと流せば、本来のいて座らしさが発揮されます。物事を気楽に考えるようにすればよいのです。

 

 

ふたご座の悪影響

ふたご座の悪影響では、少々決断力に欠ける傾向にあります。いわゆる優柔不断という意味です。その傾向は特に幼少時にあり、克服する必要があります。そんな時、両親が助け船を出したがりますが、そういう問題は、本人が乗り越えなければならない試練だったりします。これを克服しなければ、将来、親離れができない人になるのです。

 

 

過保護な環境

そこに月の存在があるので、母に見守られて少々過保護気味になります。しかし本人が望むというより、母側の愛情が過保護をするのです。本人的には、どこかそんな溺愛されるものの、冷めているところがあるのです。成長するにつれ、その負の性質を客観視できるのです。

 

両親との関係性が以上に強いのです、影響されやすい性質上、良くも悪くも影響が多大です。そうであっても手をかけたくなるのです。それが本人にとって良いかどうか?本人が親離れする時に気づきます。

 

 

本人の自覚

両親との縁は強く、反発し合う関係性です。だからとて仲が悪いということもありません。自分の中で葛藤があるのです。両親への葛藤では本人が克服する問題で、それは理解しています。太陽がいて座ですから本来は楽天家なのです。

 

そして、7室のいて座では、自分優先より他者に対する興味が強いのです。他者に興味があり友人との関係も重視します。

 

 

才能の開花

7室はアンギュラーサインですから、その傾向は強く出ます。同時に水星と金星があるのです。さそり座の金星はマニアックな趣味を持ち、友人には理解できない?ても、自分だけの美的感性の世界は、才能を発揮します。それは深く愛子さまに影響を与えるだけでなく、生きがいとしても生きてきます。

 

自分から発信するというより、他者からの影響が大きいのです。影響されやすい、洗脳されやすい傾向があります。太陽と水星が強い関係にあるので知的レベルが高く、理性的な思考です。飲み込みが早いので興味のあることは、すぐに習得します。

 

10室の海王星の影響力は月との関係があるので、みずがめ座の海王星では、ポジションが流動的になり、安定しないのです。

 

開かられた皇室の幕開け?

本質的に、気分屋で風通しの良い地位が良いのです。それはホロスコープ上の問題でですが、11室のみずがめ座火星と天王星がある意味、ホロスコープ上、台風の目?となります。意外かも知れませんが、実はグローバルな視点を持っています。

 

さらに言うなら、伝統的な雰囲気より、開かれた環境のほうに気持ちが向いています。

 

みずがめ座の天王星は本来の星ですから、社会的な交流に向いています。社会活動向きなのです。印象では愛子内親王は、内気で内向的な印象を持ちますが、それは皇室という肩書があるからです。本来の愛子内親王は、陽気で楽しい人です。そしてお人好しです。3室かに座の木星は、小説や文系に才能があるのです。

 

 

アート系?文系女子?

愛子内親王の小説を心待ちにしてるのは私だけでしょうか?そして冥王星が太陽と強い関係にあるので、予測不可能なことがあります。いて座の冥王星は、物理的なものなのです。感情的にも投げ出したい時があります。

 

本質はそうであっても、大人になって成熟すると、自他を冷静に考えられるようになります。

 

得意な稀なる環境に産まれ育ちました。この環境は一生変えられません。日本国民が見守っているのです。このご時世は息苦しいと思われます。その生涯の宿命を背負われて行きます。

 

ホロスコープでは、天真爛漫?を感じます。そうであっても現実に厳格なご身分にいることを理解されているようです。

 

本来のいて座の生き方

芸術を愛し、国民を慈しみ、ご両親に寄り添うお姿が見えます。痛々しくも、ご自身が自重するより、ご自身の才能を生かし、ご活動されることを願っています。それが愛子内親王の自分らしい、いて座の生き方です。そして、ご皇室に新たな風を送る旗手になる可能性があります。変革、改革はいずれしなければならないのです。

 

戦後70年が経ち、あらゆる状況が変わる中、日本にはリセットすべきことがいろいろあります。そういう旗手になる可能性があります。

 

一言で言うなら

本来の性質とかけ離れた世界でサバイバルするいて座の人

uranai1.hatenablog.com

uranai1.hatenablog.com

 

uranai1.hatenablog.com

uranai1.hatenablog.com

uranai1.hatenablog.com

uranai1.hatenablog.com

uranai1.hatenablog.com