🌟占星術✨ホロスコープ   🐉0運命❄バイオリズム

運命の四季を知ることで、成功人生を手に入れて幸運を引き寄せ、不運を回避する開運占い🔮

ホイットニー・ヒューストンさんの娘 ボビー・クリスティーナ・ブラウン ホロスコープ占い

ボビー・クリスティーナ・ブラウン

f:id:ymcamsn:20220318230821p:plain

生年月日: 1993年3月4日

出生地: アメリカ合衆国 ニュー・ジャージー州 リビングストン

死亡日: 2015年7月26日, アメリカ合衆国 ジョージア州 ダルース

埋葬地: アメリカ合衆国 ニュー・ジャージー州 ウェストフィールド フェアビュー墓地

兄弟姉妹: ボビー・ブラウン・ジュニア、 La'Princia Brown、 ランドン・ブラウン

両親: ホイットニー・ヒューストン、 ボビー・ブラウン



影響力大

10室うお座太陽

10室うお座太陽とMC

1室かに座月

1室かに座火星

 

影響力中

11室おひつじ座金星

5室てんびん座木星

8室やぎ座天王星と海王星

9室みずがめ座土星

 

ホロスコープ占い

ホイットニー・ヒューストンさんの娘さんです。22歳という若さでこの世を断ちました。母ホイットニー・ヒューストンさんの死からまもなく、亡くなったので多くの憶測や疑惑が飛んでいます。

 

なぜ?ボビー・ブラウンとホイットニー・ヒューストンという親ガチャに大成功したのに?なぜ短命に人生を終えたのでしょうか?謎だらけの死です。ホイットニー・ヒューストンさんの遺産をめぐり40億円という大金が誰の手に渡るのか?

 

双方の家族がホイットニーさんの遺産を争い、現在係争中です。そんなマネーゲームの最中、渦中のド真ん中にいたのが、相続人のクリスティーナさんでした。果たして彼女は事件には巻き込まれたのか?自死だったのでしょうか?憶測と疑惑が交差する不審な事件です。


強すぎるホロスコープの弊害

個性的で強すぎるホロスコープです。強すぎるホロスコープでは、本人が望まなくても強いアクションが何度でもあるので、そのたびに困難、ハードルを乗り越えなければなりません。それはラッキーなときもあればバットな時もあり、その落差は非常に大きいのです。メリハリのある人生と言えますが、本人に耐える力がないと、ハードルが飛び越えられられず、つまづいてしまいます。悪い星の方が強いエネルギーなので負けてしまいます。

 

ポジティブとネガティブ

人はポジティブに考えようとするより、ネガティブに考えるほうが楽なのです。ですからネガティブとアンラッキーが共鳴すると自暴自棄になります。それが破滅というものです。10室うお座の太陽は、誰に対しても親切で、包容力があります。うお座は犠牲なので、たとえ自分が犠牲になろうと人を助ける性質があります。

 

水象星座にありがちな犠牲心

それは水象星座の人に多い傾向です。自分が明らかに損をしているのに、あえて損を取ります。常に相手を考えているからです。それが災となろうとそれが本性なので、どうすることもできません。幸福か?不幸?かわかりませんが、超がつく有名人の子として生まれ、生まれたと同時に、将来スターになることは承知の上でした。

 

それが運命というものです。しかし、クリスティーナさんは、それがあまりにも負担だったと思います。それは、過酷な芸能界では弱肉強食だからです。才能のある、人気のあるアーチストは、鉄のカーテンに隠された生活をしています。皆彼らのように、スターになり、大金持ちになり、ビバリーヒルズに住みたいと願っています。だそのためなら、なんでもするのです。

 

名誉欲に勝てない人

有名になるためになんでもする。1室のかに座月と火星は、やはり水象星座です。太陽と月が水象星座なので、どうしても情にもろく、感情が流されやすい。そして酩酊しやすい。かに座の月は、優柔不断でなにも決められない。それが1室にあると一人では、なにも決定できないという人になります。しかしそれでもやりたいことがあるのです。しかしなにを?やりたいのか?が自分でよくわからない。

 

才能がありすぎてわからいのか?才能がなさすぎてわからないのか?要は自分がよくわからないのです。母のホイットニー・ヒューストンさんは幼少時ゴスペル教会で歌唱力を発揮したそうです。それが原動力となりました。キッカケがあれば将来に目標ができます。ただぼんやり生きていて、突然才能に目覚めることはありません。好きなことをやり続けているうちに見えてくるものです。

 

自己主張しているようで、中身がない!?

それがこのホロスコープでは感じられません。しかしクリスティーナさんには、強いインスピレーションがありアーチストであることは間違いない。それを上手くサポートしてくれるマネージャーがいたらママ以上の成功したかも知れません。そして恐ろしいことに、ママと同じく8室みずがめ座に土星があるのです。

 

みずがめ座土星の恐ろしい遺伝

この土星はホイットニー・ヒューストンさんと同じみずがめ座の土星になるのです。親子そろってあるという不思議と、運命の恐ろしさを感じます。9室の土星では制限を意味するので、アイデアや発想してもなんらかの妨害に遭います。それが年上の男性いわゆる父親からの反発がある。本来は、バランスの取れた愛すべき人なのですが。

 

自信喪失気味

残念ながら自分コアがないのです。ですから誰かのアドバイスがないと、いつも不安な自信喪失状態になります。その弱点に目をつける悪友も当然います。あえて父親とは言いませんが。彼女にとって父はあまり良い父とはいえません。ママのホイットニーさんしか強い絆がない。ママの喪失感は生きる力を失うくらい絶望したでしょう。本来悲しみのハードルを超えなければ先がないのです。試練だったのです。

 

太陽と月のどちらかに木星が関わると、本性をバックアップする強さが現れます。そして不幸な死についてです。1室月に対して、天王星と海王星が強く関係しています。メンタル面で非常に重大な問題を抱えます。月は母を意味するので、一番愛していた母が亡くなった悲しさは半端じゃありません。いつも一緒にいたママでした。

 

安易に影響されてしまうガラスのハート

それもありますが、もともとが情緒不安定なので、他人から受ける影響が、ものすごく大きく働きます。非常に傷つきやすい、メンタルが弱いのです。他人は非常に影響が強く、いつも彼女のメンタルを精神状態を混乱させ、落ち込ませるのです。やがてそれが薬物に手を出すキッカケとなったかも知れません。薬物中毒の傾向はあります。

 

謎の死因究明

それは死因ですが、しかし中毒に至るまでの過程をかんがえなければけない。クリスティーナさんは、不安定な落ち着かない精神をなんとかしようと努力した結果、薬物に手を出してしまったというのが?推測です。それが悪友?他者によってもたらされた結果?わかりません?ですから、自分で死を選んだのかも知れませんが、それを望む他者?が彼女の死に協力したということです。

 

親ガチャとはなんなのか?

思い起こせば、神田沙也加さんの飛び降りです。親ガチャに成功したにも関わらず、私生活は平穏ではなかった。親はすぐに離婚して、おばあちゃんに育てられたと言います。子供にとってこれが幸せと言えるのでしょうか?聖子さんの記憶では、時々神田さんと聖子さん沙也加さんが逢って食事をしたそうです。幼い沙也加さんは、神田さんと聖子さんの手を取ってつながせようとするのです。

 

そんな子供心に、両親がもう一度好きになってほしい。平穏な家族に戻りたい。そんな純粋で汚れない愛情が読み取れます。その後、結婚してもうまくいかなかった。それが本当に幸せだったのでしょうか?セレブの死はいつも考えさせられます。

 

あえて一言で言うなら、

あまりにも傷つきやすいガラスのハートを持ったかに座の人