🌟占星術✨ホロスコープ   🐉0運命❄バイオリズム

運命の四季を知ることで、成功人生を手に入れて幸運を引き寄せ、不運を回避する開運占い🔮

キューバの英雄!? カストロ議長 ホロスコープ占い

フィデル・アレハンドロ・カストロ・ルス

f:id:ymcamsn:20220416221923p:plain

Fidel Alejandro Castro Ruz

 

  1926å¹´8月13日 - 2016å¹´11月25日

キューバの政治家、革命家、軍人、独裁者、弁護士。

社会主義者で、1959年のキューバ革命でアメリカ合衆国の

事実上の傀儡政権であったフルヘンシオ・バティスタ政権を武力で倒し、

キューバを社会主義国家に変えた。

 

革命によって同国の最高指導者となり、首相に就任。

1965年から2011年までキューバ共産党中央委員会第一書記(英語版)を、1976年より2008年まで国家評議会議長(国家元首)兼閣僚評議会議長(首相)を務めた。



影響力大

2室しし座太陽

4室てんびん座月

1室かに座冥王星

10室うお座天王星

 

影響力中

1室かに座金星

5室さそり座土星

9室みずがめ座木星

 

独裁者というより、革命家という印象が強いカストロ氏です。アメリカからの独立を成し遂げた偉人であることには、違いありません。キューバ人のカストロ氏の人気というか人望は国民的と言えます。盟友のチェ・ゲバラは、そっち系の人には絶大な人気があります。むしろチェ・ゲバラ氏の方が英雄に祭り上げられている。カストロ氏は着実に地盤を硬め、強固なアメリカの傀儡政権を倒した英雄です。

 

ホロスコープ占い

内向的なネガティブなホロスコープです。内に秘めた強さがあります。どちらかと言うと独裁的要素というより、人心に長けた人物という印象です。す。それは、11室おうし座にあるように現実路線に沿った、いわゆる革命思想は周到かつ積極的な行動により成功しました。

 

利益を追求する野心家

2室しし座太陽では、この革命が実は大きな利益となることを示唆しています。もちろん思想的な野心がありますが、それと同じく損得のがあった。それは国民には知らされない隠れた利益共有です。そういう裏表のあるカストロ氏という印象です。国民には、理想と正義を宣伝しておいて、裏では共産主義によるロシア?による裏取引があったと思われます。

 

現実的に、アメリカの隣国にありながら、共産主義国家になれた理由は?いろいろ推測できますが、第一にカストロ氏の狡猾な革命です。アメリカと言う大国相手に、有無を言わせない賢さがありました。2室の水星では、他国による援助金があったように臆測できます。アメリカという国は、リスクヘッジの合理性をまず第一に考えますから、自国にとって利益となれば死守するし、先を見越して損失と計算すれば手放します。

 

ただ手放しではなく、そこには莫大な譲渡金が当然必要になります。それは沖縄の時も同じです。ですから、独立できた背景には、ソビエトや中国が深く関係していたことは明らかです。またアメリカの属国がら独立できたのは、カストロ氏の血のにじむような苦労と戦闘がありました。

 

聞く耳を持った独裁者!?

4室てんびん座月では、強権に見えて、国民の声に沿うような柔軟路線ができるという類まれな才能を持っています。ですから他の独裁者のような、自国民を粛清したり不法逮捕したり、反政府に対して強硬姿勢をするような無分別をするような人物ではありません。

 

しかし現実では、共産主義を嫌う国民がいました。その数12万人がアメリカに亡命したようです。誰だって社会主義を好む人はいません。ただアメリカ支配の暗黒面を見てきたカストロ氏なのです。スターリン、ポルポト、毛沢東のような自国民に徹底した共産思想を強いるということはしませんでした。ですから出るものは追わずでした。

 

南天に光り輝くレボリューション

10室うお座の天王星が強く影響しています。理想のために激しく戦い、投獄されようと希望を失わず勝利した。それがカストロ氏が運命で一番の願望達成した瞬間でした。その革命を継続するには、カストロ氏を支えた側近たちの力が必要です。旧体制から革命的、斬新な政権となり社会主義の根本からキューバを変えていきました。

 

これが天王星の革新でした。それは現在でも継続しているのです。しかしあまり過激な事件やテロなど聞こえてきません。ということは、安全安心な社会にあるのでしょう?そして革命は強い指導力とカリスマがなければできない偉業です。革命後、政権が盤石だったのは、国民の多くの支持があったからです。

 

革命は、犠牲が必要!?

1室のかに座冥王星では、そのカリスマ性の一端を観ます。それは冥王星という破壊と破滅を意味する星ですが、このネガティブな強い輝きを放つ星を持つと、正反対の意味を持つことになります。まったくに廃人状態か?人生の勝利者?です。

 

太陽や月が関係しないと、まったく日常生活ができない人になります。冥王星にメンタルとフィジカル面が関係することで、どん底になることは避けられます。幼少期において、自分の弱点を知りそれを克服しようとする意識が芽生えるからです。これがないとズルズルと運命の予定表通りになります。冥王星には、5室のさそり座土星とMCが関係しています。3星をつなぐグランド・トライン状態です。

 

幼少期に社会主義への傾倒

これには、自制と制約を運命づけられているので、幼少時において深いトラウマとなるような強烈な記憶があるのです。それが潜在意識に働いています。このグランド・トラインは1室かに座冥王星が強くあるのです。それも水象星座ですので、カストロ氏の激しい性質ではあるが、深い人生を変えるような体験をしているのです。

 

その意識が社会と対峙してくると、強い思想を持つことになるのです。深層心理でもあるように、いつ何時もそこに根拠があるのです。イエス、ノーと判断するときでも、答えを出すのは、深層心理に基づいています。成人になれば計算でズルできますが、幼少期では社会の経験値がないので、自分本来の運命図通りの答えをするのです。

 

人生とは?漂流する葉っぱ・・・

そして人は一筋縄ではありません。表にでているだけがその人の性質ではないのです。表にある感情表現は「私はこう見られたい」という願望で演技なのです。ですから、それが本当にその人の本性なのか?どうか?など到底図り得ないのです。自分を知る。自分探しは有益ですが、果たして見つけられるでしょうか?

 

フェミニストな革命家?

強面のカストロ氏ですが、愛情表現は極めてやさしく、特に女性に対しては一目置くようなフェミニストでした。ですから女性に人気があり、女性の支持があると大衆も見方します。つねに女性がいて、モテたと思われます。

 

一言で言うと、

柔軟で激しくもフェミニストな、しし座太陽の独裁者