🌟占星術✨ホロスコープ   🐉0運命❄バイオリズム

運命の四季を知ることで、成功人生を手に入れて幸運を引き寄せ、不運を回避する開運占い🔮

アップル創業者 スティーブ・ジョブズ さん 0占命占い

f:id:ymcamsn:20210927191111p:plain

1955年2月24日 - 2011年10月5日

九紫未 五黄寅 離宮傾斜 0地点子丑 浮気生れ

 

人物

言わずと知れたアップル創業者のジョブズ氏です。かつてこれほどおもしろい?天才起業家いたでしょうか?破天荒なヒッピー崩れの彼が残した功績は、アメリカのみならず全世界を変えました。新製品が出る度にステージ上でのプレゼンが印象的ですが、普段着で、まるで親しい友人に語りかけるように、プレゼンするスタイルは、アップルという企業イメージそのものでした。

 

起業した頃の「わくわくした気持ちを抑えきれずにしゃべってしまう」みたいな初心を忘れませんでした。そんなジョブズ氏をカリスマとするアップル信者が生まれたのです。惜しくも56歳という若さで他界しました。ジョブズ氏が残してきた功績は人類を進歩させたエジソンです。波乱万丈のジョブズ氏の愛すべき人物像を鑑定しました。

 

未年

気性はすごく穏やかで、正直で慈愛に富み、慈悲心が強いでしょう。ひとたび集中すると、わき目もふらず一つのものに熱中するこだわり型の性質です。他の人と違うことが好きで、一番良いベストなモノを作ろうとする苦労性で、わざわざ苦労しなくても良いのに、苦労を引き受けるようなところがありあます。

 

潔癖が過ぎて小心で、臆病になりやすく、あたらしい事にチャレンジするのをためらいがち。また正直がすぎて周囲から孤立することも多い。過去、現在、未来において、自分の見える範囲の狭い殻の中だけでなく、精神的にも、くよくよ心配せず、自らの心を開放して、自由に解き放てる環境、行動と開放が必要です。

 

そして、ネガティブな思考は止めて、できるだけポジティブな思考と行動を心がければ、成功への道筋となります。集中力とねばり強さがあるので、いったん「コレ」いったこだわりが見つかれば、一番強く運勢に働くことができます。趣味からでもよいので何か始めて見ましょう。

 

離宮傾斜

本来の位置です。九紫火星の影響が全面的に現れます。離合集散の性質ですが、スキとキライが激しくいったん嫌いになったことは、それまで時間とお金と苦労してきたことを、全て投げ捨てて「ゼロにしてしまう」極端なところがあります。周囲は驚いて引き止めますが、一度決めたことは、なにがなんでも実行します。

 

そういう超絶頑固な面があります。この傾向は、人生の中でひんぱんに起ります。特に未成年者の場合、この傾向が強く現れます。泣き叫んで買ったおもちゃを家に帰ったら「もうイラナイない」という、短気なところがあります。この性質が理性で制御できないといつまでたっても、不満な事ばかりの連続となります。

0地点

浮気という季節は、晩夏になります。真夏のうだるような季節を終えましたが、まだ残暑が残る季節です。果実は充分な太陽の恵み光合成を受けて、これから甘味へと熟していきます。そう言う意味で恵まれているので、特にがんばる必要はなく、周りがだいたいお膳立てしてくれるので、本人は何をしなくてもなかなか幸福な人生をおくることができます。

 

ただ、気持ちに浮ついたところがあるので、転々と新たな事や、好きな事への心変わりが、めまぐるしくしょっちゅうあります。本人が自覚しないと、自分が自分に振り回されていることに気が付きます。常時そわそわして落ち着きのない印象になります。また一度決めたことでも、コロコロと心変わりをします。

 

完成間近に180度変更してしまうような時がしばしばあり、そのせいで周囲からハブられて孤立します。イヤなものはイヤなので再び戻ることはありません。才能があるだけに自分に自信があり、「なんとかなるだろう?」という安易な性質があるのです。

0占命占い

1955年 浮気

シリア人の父アブドゥルファター・ジャン、アメリカ人の母ジョアン・キャロル・シーブル・サンフランシスコで生まれた。ジョブズは生後すぐに養子に出され、養父母となったポール・ジョブズ、クララ・ジョブズ夫妻によって育てられた。

 

1972年 0地点 17歳

ホームステッド高校の4年生(最終学年)であったジョブズは幻覚剤のLSDを使用し始めた。ある日サニーベール郊外の畑で服用した際に体験した、麦畑が突如バッハの曲を奏で始めるという幻覚は、後年までジョブズに強い印象を残した。のちには、LSDによる作用を人生でトップクラスの重要な体験であると述べ、

 

人生を金儲けだけに費やすのではなく、「歴史という流れに戻すこと、人の意識という流れに戻すこと」の重要性に気づかせてくれたと回想している。天才ジョブズ氏には、学校教育の堅苦しさと気風が合わなかったようです。この時期は、無気力と退屈ですので気分的にも、精神的にも優れないという少し荒廃した精神になります。

 

1974年 開拓 19歳

ジョブズは実家に戻り、その日のうちにアタリを訪問、「雇ってくれるまで帰らない」と宣言してアタリのトップであるノーラン・ブッシュネルを引っ張り出した。ブッシュネルに気に入られたジョブズは40人目の社員として採用され、時給5ドルのテクニシャン(下級エンジニア)として働くこととなった。運命とはいかなるものや?心身ともに一新したジョブズ氏は、信念と硬い意思でチャレンジしました。

 

その結果、将来実を結ぶことになりました。そして、友人のダン・コトケとともにインドにたどり着いたが、すぐに赤痢にかかって苦しむことになったうえ、放浪の末に想像とあまりにもかけ離れたインドの実態に失望した。とあります。憧れのインドでしたが、ジョブズ氏の感性とは違う環境だったようです。たとえ憧れの地であっても合う合わないという相性と方位の関係があります。

 

1976年 決定 21歳

ジョブズは友人のスティーブ・ウォズニアックが自作したマイクロコンピュータ「Apple I」を販売するために起業することを決意し、同年4月1日にウォズニアックおよびロナルド・ウェイン(英語版)と共同で「Apple Computer Company(アップルコンピュータ・カンパニー)」を創業した。この時期の決定で成功人生を決めたと言えます。

 

1980年 再開 25歳

Apple IPO時に2億5,600万ドルもの個人資産を手にし、1982年2月には『タイム』誌の表紙を飾るなど若くして著名な起業家となった。Apple IIは1980年には10万台、1984年には200万台を超える売り上げで、莫大な利益をAppleにもたらした。1980年12月12日、Appleは新規株式公開(IPO)を行い、自動車会社フォードが1956年に行ったIPO以来最高となる資金調達額を記録した。このIPOにより、750万株を持つジョブズは約2億5,600万ドルの個人資産を手に入れた。

 

1985年 清算 30歳

ジョブズはCEOのジョン・スカリーによって全ての業務から解任されて閑職へと追いやられ、同年9月にはAppleを去った。1985年5月24日、スカリーは出張をキャンセルして緊急の重役会議を開き、その場でジョブズに自分の追放を画策したことについて問いただしたが、ジョブズはスカリーが会社にとって有害な存在であると述べて反撃した。

 

これを受けてスカリーは、出席した重役に自分とジョブズのどちらを支持するのかを順番に質問したが、その場にいたAppleの重役は全員がスカリーを支持すると述べた。その後取締役会もスカリーへの支持を表明し、ジョブズは5月31日に全ての業務から解任され、代わりに実権を持たない名目上の会長職を与えられた。自分の意思とは関係なく周囲がお膳立てをしてくれたおかげで、追放から逃れられました。首の皮一枚で在職を許可された形です。

 

1990年 人気 35歳

スタンフォード大学にて講演を行った際、聴衆の一人であったローレン・パウエルと出会った。講演のあと、ジョブズにはミーティングがあったにもかかわらず、彼女と夕飯を食べに出かけた。1991年、二人はヨセミテ国立公園で結婚式を挙げ、9月には長男のリード・ポール・ジョブズが生まれた。

 

1996年 0地点 41歳

業績不振に陥っていたAppleにNeXTを売却すると同時に復帰。ジョブズ氏は、1996年の11月ごろ、Appleが自社内でのOS開発が暗礁に乗り上げ、次期OSの基本技術を外部に求めているという話を聞く。AppleにNEXTSTEPを売り込むべく、当時AppleのCEOだったギル・アメリオに電話をかけた。

 

12月上旬に入ってから、1985年の退社以来久しぶりにAppleを訪れ、アメリオやマークラたちと話し合いを持ち、簡単なプレゼンテーションを行った。アメリオはのちに、このときのジョブズの対応を愛想の非常に良い、好感の持てるものだったと言っている。念願かなっての復帰ですが、前途多難のアップルを引き受けたと言えます。

 

1997年 清算 42歳

iCEO(暫定CEO、Interim CEOの略)となる。同年には、不倶戴天のライバルとさえされていたマイクロソフトとの提携と、同社からの支援を得ることに成功し、また社内ではリストラを進めてAppleの業績を向上させた。運勢の時期と会社の改革の時期とが一致しました。本来は本人の清算ですが、経営者としてリストラを執行したのです。

 

2000年 決定 45歳

正式にCEOに就任。先のリストラで傾きかけた会社の業績を増額修正した功績が認められた。この時期により、アップルは元の創業者ジョブズ氏の元へ帰った。

 

2001年 健康 46歳

MacintoshのOSをNeXTの技術を基盤としたMac OS Xへと切り替える。その後はiPod・iPhone・iPad、Appleの業務範囲を従来のパソコンからデジタル家電とメディア配信事業へと拡大させた。アップル独自の快進撃が続く時期です。しかしハードワークで体調面やメンタル面で心身ともに疲労していた時期です。

 

2003年 浮気 48歳

膵臓がんと診断された。この時期の発病は、死を意味することがあります。冬の時期だからとて死を意味するものではなく、冬眠の時期ですから関係ないのです。気が満ちている時などが、一番危機的な時期と言えます。それが驕りや傲慢さゆえです。初期の摘出手術を拒否したと言います。手術していれば延命したでしょう。後に手術拒否を後悔していたようです。

 

2011年 成長 56歳

Appleはジョブズが死去したと発表した。死因は膵臓がんに伴う呼吸停止と報道されている。56歳没。2011年10月5日、膵臓腫瘍の転移による呼吸停止により妻や親族に看取られながらパロアルト (カリフォルニア州)の自宅で死去した。56歳没。最期の言葉は"oh, wow"だったという。病気が発覚して8年後他界しました。癌が勢いを増すという意味もあります。

 

まとめ

生前アップルの新商品を手に持つジョブズ氏は、かっこよかったです。ジョブス氏の気さくなプレゼンスタイルは、企業の堅苦しさを無くし、企業が人の生活を楽しくするという趣旨であった。しかし日に日にやせ細っていくジョブズ氏がいました。癌が進行していたのです。早期発見した時すぐに摘出手術をすべきだったでしょう。というのは、まだまだジョブズ氏には、やらなければならない事業があったからです。それがジョブズ氏の亡くなる直前の後悔でした。

 

アップルとジョブズは一心同体でした。企業と創業者の運命は、不思議なほど一緒に栄枯盛衰のバイオリズムがあります。企業を起こす場合、創業者の運勢を重視しなければ、企業の未来は変わってきます。

 

coconala.com