🌟占星術✨ホロスコープ   🐉0運命❄バイオリズム

運命の四季を知ることで、成功人生を手に入れて幸運を引き寄せ、不運を回避する開運占い🔮

苦渋の決断!?新党立ち上げ宣言 永遠の0 人気作家 百田尚樹氏 0占い

百田 尚樹

ひゃくた なおき

大阪市生れ

1956年(昭和31年)2月23日

日本の放送作家、元小説家 、YouTuber。

『探偵!ナイトスクープ』元チーフライター。

同志社大学法学部。

代表作に『永遠の0』(2006年)や『海賊と呼ばれた男』

(2013年)、『影法師』(2010年)、『殉愛』(2014年)

などがある。第30回吉川英治文学新人賞候補。

 

本命星 -> 八白土星 申

月命星 -> 二黒土星 寅

日命星 -> 三碧木星

 

傾斜宮 -> 坤宮傾斜

 

0地点 子丑

 

0才  1956年 丙申 再開 出生

67才  2023年 癸卯 成長 現在

 

申年

流行好きで、派手好きで、目新しい最先端なことが好きで興味があります。ですので生活は派手になります。そして、会話や気さくな態度が受けて周囲から助けられる。親切心もある人ので、その信用を得て一代にして出世と財を得ることができる人もあります。それはひとえにコミュニケーション能力に長けているからと言えます。

 

楽しませる会話や表情から人気がでます。その会話が楽しいので、周囲はにぎやかになります。しかし人気というのは、流行りすたりがありますので、一時の熱フィーバーしていたのが一気に消え失せたとき、人気を取り戻そうと試行錯誤します。

 

その一つがウソをついたり、他人の批判をしたり、デタラメを言ったり、とにかく保身をします。保身をして再度自分が注目されるのを望みます。その繰り返しをするのが特徴です。調子がいいので目上から、最初は可愛がられますが、徐々に生意気になっていくので、重々に自重が必要です。

 

不満や憤りがあっても耐え抜く力が必要です。お調子者なので、最悪の事態は避けられますが、あまりそんなことを続けていると信用を無くすばかりか、友人も失うハメになります。そして相手の気持ちを察するのに長けているので、いわゆる読唇術に長けているのでセールスマンであれば、その能力は十分に発揮するでしょう。

 

申年生まれの人は、交渉能力に長けていますので、営業やサービス行に向いています。地味なことより、人前に出ることを好む性質があるのです。日常の中で楽しいことを見つけたり、発見したりそういう探求心も旺盛です。顔は笑っていても本心は反対だったりします。

 

坤宮傾斜 

九星では二黒土星になります。坤は女性や母を表しますので性格は温和でおしとやかな人が多く、保守的で地道にコツコツやっていく性質です。

 

組織では代表になるよりも、補佐的な裏方のほうが成功しやすいのが特徴。しかし地味ですが、大小企業に関わらず組織において、なくてはならない重要な人物です。副社長や脇役的のほうが成功しやすい。本質が細かい女房体質。

 

無理してがんばって主張すると、思わぬ反撃や、攻撃をうけることになり、計画が中途半端に終わります。それは・・・生来の器!?というものが決まっているからです。器に合わないと様々なところでひずみ、トラブルが起こる。

 

器というのは!?本人の自覚はないのですが、その人物の雰囲気が他人に察知されていて、見下りされている。「この人は、この程度・・・」「この人とのお付き合いはこれくらい・・・」と雰囲気で忖度されてしまう。「どうして同期のあいつより、評価されない?」とはまさにそれがあります。

 

それを「身の丈に合わない」と言います。若い頃は控えめで自分を表に出さないので、周囲から「何を考えているのか?」とネガティブ意見がありますが、徐々にその評価は信頼と信用に結びつきます。そしてまじめに働いた努力が晩年を保障するのです。

 

九星気学で坤宮傾斜の土象意では、植物が芽生える大地を表すので、育成という意味から「母なる大地」と呼ばれる。母のように優しく物事を受け入れ、面倒見がいい。

 

忍耐強い性格もあるので、途中で物事を投げ出すことなく、持続可能な力を持っている。そのため、坤宮傾斜の人は基本的に真面目で真っすぐで、その一面は忠誠心に近い性質がある。また、二黒土星は物静かで落ち着きのある星でもあるので、本命星が明るい星の場合、そのギャップに周囲は驚かされることでしょう。

 

「あの人、意外と根は真面目なんだよね?」という人には二黒土星の傾斜人が多い?地味に損な性質。しかし、そんな二黒土星ですが、物事を受け入れる性質を持っているのはいいですが、悪いことも受け入れてしまいます。

 

そんな溜まったストレスがマグマのようにグツグツ煮えたぎり、いつか噴火して感情を爆発させてしまう。普段優しい人が怒ったほど、恐いものはないです。ですから、坤宮傾斜の人は、ストレスが溜まったと感じたら、大爆発する前にこまめに発散してGJ。

 

0占い

申年生まれの人は、にぎやかで人気がありますが、さるかに合戦の昔話にあるように、戦略的で抜け目のない性質があります。相手の裏をかくのが上手です。それが行き過ぎると、人から恨まれるような目に遭います。

 

本人としては気軽に、冗談のつもりが相手にとってとんでもなく、じょうだんが通じない事案だったりします。そのまじめとじょうだんの境目をハッキリさせないと、事件扱いとなります。口が上手でペラペラとまくしたてるので、なんとなく聞いているほうは、「ああそうなんだな」と勘違いしてしまう。それは悪意があれば騙している。詐欺行為です。

 

子供の頃は先生や目上や友人に恵まれたでしょう。それは身から出る愛嬌というもので、好かれるセンスを持っています。それをうまく利用するという小細工をやっていると、やがて信用を失い、相手から反発を食らいます。それが申年のポジティブな面と、ネガティブな面です。

 

そして坤宮傾斜では、上記にもあるようにサポートが得意なので、サポートに徹すれば運が向きます。しかし自我が強いと、組織には適さない人となり、結局独立独歩を行きます。

 

これはあくまでも傾向であって、人の複雑怪奇な性質は環境等によって変化するものです。しかし8割がたは、占い通りの傾向にあります。遺伝学の世界では、遺伝が8割で2割が個人の経験と証明されています。

 

再生の初秋の生まれなので、運勢的には恵まれていますが、のんきでころころと職業を変えやすい傾向にあります。それは残暑の続きなので、心も体もなんとなく締まりがないからです。「まあなんとかなる?」というのが口癖です。

 

その生き方で、いままでやってきたし、自分の思い通りの人生を経験したから言える言葉でしょう?目移りが激しいので、あれこれ手を付けるのですが、多くの失敗を経験します。飽きっぽいのです。「これだ」という目的が見つけられれば、その目的のために努力を惜しみません。

 

途中で投げ出さないで、継続させる、することが再生の生まれの人の課題と言えます。

 

そして今年は、成長という歳回りなのです。ネットでは百田氏が「新党を立ち上げる」と宣言しました。今年の新党立ち上げは???結果成功します。どういう成功なのか?わかりませんが、百田氏が望むような政党になるでしょう。なぜなら、今年は春真っ只中の人生で一番勢いのある時期だからです。あさ8というニュース番組も初春の開拓の年で始めたので、運勢の波にツキがあります。

 

成功者はなぜ?運勢をつかむことが多いのか?それは成功者に与えられた運命とツキだからです。お金があっても運勢とツキを味方につけなければ失敗します。

 

運命とツキは自分一人ではなく、三位一体の関係にあります。もちろん本人の努力の成果も当然必要。

 

今回の新政党プランは百田氏の思い付き?アイデア?はあったでしょう?しかし時期が熟してなかった。しかし今回LGBTという法案を巡り、異常な与党の動きは見過ごすわけにはいきませんでした。

 

そんな憤りが今回の新党立ち上げに至ったのです。運勢とツキを味方につける人は成功する。天才的なアイデアマンの、百田氏はそれを身をもって経験してきました。

 

そして今年は成長期という稀にみる新規をヤルには、一番ラッキーな年です。この期と来年、決定の時期を逃したら、うまく行きません。勢いはあっても苦労することになります。

 

運勢に勢いがある今のうちに動くことは、5~6年後の実りの秋に成果となって証明されるでしょう?