🌟占星術✨ホロスコープ   🐉0運命❄バイオリズム

運命の四季を知ることで、成功人生を手に入れて幸運を引き寄せ、不運を回避する開運占い🔮

有馬記念優勝!!JRA通算4466勝 天才騎手 武 豊 騎手 0占い

武 豊

たけ ゆたか

1969年(昭和44年)3月15日

日本中央競馬会(JRA)の騎手。

栗東トレーニングセンター所属で現在はフリー。

日本騎手クラブ会長(2010年~)。

父は元騎手・元調教師の武邦彦で、

弟に元騎手で現調教師の武幸四郎がいる。



1969年3月15日(土曜日) 



本命星 -> 四緑木星  酉

月命星 -> 七赤金星  卯

日命星 -> 五黄土星

 

傾斜宮 -> 坤宮傾斜

 

0地点 午未

0才  1969年  己酉  成長 生

54才 2023年  癸卯 経済 

 

 

酉年

細かい物事にそつがなく、人間関係は器用に調整できる人です。調整役といいますか?対立する双方の意見を聞いて話をまとめるという特異な性質があります。それにより双方から恨まれることもなく、そつがなく難しい問題を解決できる能力があります。

 

そして空気を読むのが上手ですから、目上の人の信用を得ることができます 。また自ら進んで人の世話を焼くが好きで、おせっかいな側面があります。

 

本来は口数が少ないのですが、少し調子に乗ると、余計なことを口走ってしまうので、後々後悔することがあります。勢いでペラペラしゃべってしまうからです。後悔しているか?と思えばそうでもなく、本人はケロッとそのことを忘れていたりします。

 

時として重大な事項を軽々しく暴露するので、周囲はヒヤヒヤものです。これは、酉年特有の性質で、とにかく落ち着いて物事をじっくり考えるのが苦手です。一呼吸おかずに思いつくことを言ってしまうので、誤解されやすいのです。

 

決して本人は悪意がないのです。この傾向は幼少時にありますが、経験と年を重ねるごとに落ち着きを得て、立派な社会人となります。

 

感情に走ると言うより、綿密な計算をしたうえで、相手の気持ちに寄り添いながら発言すると、会議での調整役、進行役として評価され、上司、役員、社長から高い評価を得ることができます。



坤宮傾斜 こんきゅう 二黒土星 南西

九星では二黒土星になります。坤は女性や母を表しますので性格は温和でおとなしい人が多く、どちらかというと保守的で地道にコツコツやっていく性質。

 

組織では代表になるより、補佐的な副社長のほうが成功しやすいのが特徴です。地味目ですが、大小企業に関わらず組織にとって、なくてはならない重要な人物なのです。ですから副社長や重役のほうが適している。

 

無理して!?がんばって自己主張すると、思わぬ反撃や攻撃をうけることになり、せっかくの計画が中途半端に終わります。

 

それは・・・生来の器!?というものが決まっているからです。器に合わないと様々なところでひずみ、トラブルが起こる。

 

器というのは!?本人の自覚はないのですが、その人物の雰囲気が他人に察知されていて、見下りされている。

「この人は、この程度・・・」

「この人とのお付き合いはこれくらい・・・」と

雰囲気で身勝手な印象で忖度されてしまう。

 

「どうして同期のあの人より、評価されない?」とは

まさにそれがあります。それを「身の丈に合わない」と言います。

 

若い頃は控えめで自分を表に出さないので、周囲から「何を考えているのか?」とネガティブな憶測がありますが、徐々にその評価は信頼と信用に結びつきます。そしてまじめに働いた努力が徐々に報われていきます。

 

九星気学で坤宮傾斜の土は植物が芽生える大地を表すので、育成という意味から「母なる大地」と呼ばれています。母のように優しく物事を受け入れ、面倒見がいい。

 

忍耐強い性格でもあるので、途中で物事を投げ出すことなく、継続できる力を持っています。そのため、坤宮傾斜の人は基本的に真面目で真っすぐな一面を持っている。

 

また、二黒土星は物静かで落ち着きのある星でもあるので、本命星が明るい星の場合、そのギャップに周囲は驚かされることです。

 

「あの人は、意外と根は真面目なんだよね?」という人には二黒土星傾斜の人が多い。しかしそんな二黒土星ですが、物事を受け入れる力を持っている分、良い事なら引き受けていいですが、悪いことも受け入れてしまう。何事にも耐えるような、母性的な側面がある。

 

怒りの感情は、溜まったストレスが地中のマグマのようにグツグツ煮え始め、いつか噴火して感情を爆発させてしまう。普段優しい人が怒ったほど、恐いものはない。

 

坤宮傾斜の人は、ストレスが溜まったと感じたら、大爆発する前にこまめに発散していくとよい。

 

0占い

勝負師のイメージのある武豊騎手ですが、以外や以外?おっとりした性質でした。競馬はギャンブル、賭け事ですから、ある種ダークなイメージがあります。

 

それは、他のギャンブル同様に、家庭崩壊や事件沙汰やサラ金や会社のお金を横領してギャンブルに注ぎ込んだ?と事件性が多いからです。宝くじもそうですが、お金絡みになるとクリーンなイメージはありません。

 

だからと言って騎手に対してもそのようなダークなイメージも少なからずあるのは、確かです。大金が動くところには、必ず反社会があります。

 

ともかくそんなギャンブルの世界で、名騎手として活躍してきた武豊騎手には、まったくダークなイメージがありません。まったくクリーン?とも言えませんが?なんとなく無口な真面目そうな印象がありますが?

 

酉年生まれの人は、おっちょこちょいでキョロキョロしているのが特徴です。ですから社交性に富んでいるのです。

 

スポンサーに恵まれているのは、武豊騎手の社交性にあります。気遣いがあり気配りがよくできる人です。その性質は上っ面の社交性ではなく、とことん気遣う性質です。そんな気遣いがスポンサーに気に入られる原因です。

 

そして今級傾斜なので、女性的な気遣いがあります。接待が得意です。成長生まれなので、本人が目的を決めて邁進、努力さえすれば大きな成功を収めます。それは、自らがタネであって、天からの恵みにより得たラッキーな種だからです。

 

どこに蒔いても、どういう環境に蒔いても、必ず実を結ぶからです。

 

そこには努力するだけで、実を結び成功します。それが決められたレールのようなものです。人は平等に育つわけではありません。最初から困難を強いられる人もいれば、最初から太陽の輝く、日当たりの良い場所にある人もいます。

 

しかし不遇なスタートであっても、幾多の困難を乗り越えて行く人のほうが、大成功するパターンは実は多いのです。それは精魂が入っているからです。

 

具体的に言えば、サラブレット家系、財閥、企業経営者に生まれた人は、大きく道を外さなければ、生涯において成功人生を約束されています。これを親ガチャに成功した人と言えます。

 

しかし親ガチャに失敗したと言う人は、たいてい中流家庭もしくは、中流以下の家庭でしょう?子供から大人までお金が人生の第一目標となった現在、お金さえあれば勝ち組、無ければ負け組です。

 

武豊騎手の家系はサラブレットなので、順調に行けばそれなりの騎手になった。しかし天性の馬を乗りこなすテックニックを備えた武豊騎手は、能力を存分に生かして数々の大会を制してきた。

 

かつての 天才F1レーサー故アイルトン・セナ選手のような雰囲気があります。

 

表彰台の武豊騎手は、派手にガッツポーズするわけでもなく、ニコニコと笑顔で観客に手をふるだけです。ここでホンモノの実力を持った偉大さを感じます。

 

武豊 オフィス チャンネル

http://www.yutaka-take.com/

 

uranai1.hatenablog.com

uranai1.hatenablog.com

uranai1.hatenablog.com

uranai1.hatenablog.com

uranai1.hatenablog.com

 

uranai1.hatenablog.com

uranai1.hatenablog.com