🌟占星術✨ホロスコープ   🐉0運命❄バイオリズム

運命の四季を知ることで、成功人生を手に入れて幸運を引き寄せ、不運を回避する開運占い🔮

れいわ新選組代表 山本 太郎氏 0占い

山本 太郎

やまもと たろう

1974年〈昭和49年〉11月24日

日本の政治家、元俳優、元タレント。

参議院議員(2期)。れいわ新選組代表。

衆議院議員(1期)、自由党共同代表兼政策審議会長等を歴任した。

 

本命星 -> 八白土星 寅

月命星 -> 二黒土星 亥

日命星 -> 一白水星

 

傾斜宮 -> 坤宮傾斜

 

0地点 戌亥

0才    1974年 甲寅 決定 生

50才  2024年 甲辰 人気 現在

 

寅年

才知に長ける決断力があり、良心に富んでいます。新しい物好きの気性がありますから、その性質を社会で生かして大成功を収める人もいます。

 

しかし根っからの負けず嫌いの性質から他人の言うことを受け入れず、些細なことに怒り心頭するという残念な性質があります。

 

ふだんは大人しいのですが、イキナリ周りが驚くような豹変することがあります。比較的他人には、差別なく接しますが、いったん争いますと手に負えなくなります。

 

争いに巻き込まれて仲裁に入ると、一方的に敵に対して恐ろしいほど喰ってかかります。

 

ですから、争いごとや仲間内の仲裁は向かないので、状況を傍観するようなポジションにいて落ち着きが必要です。

 

冒険的なチャレンジや、投資や新規を好む傾向がありますが、飽きずにやり遂げられない性質があるので、最後までがんばれば身に付き、活用すれば斬新なアイデアと工夫で成功を収められます。

 

新しもの好きなので、すぐに飛びつくところがあります。良いか悪いかわからないまま、パッ見て思いつきの行動に起こすのです。その結果失敗したりします。それは幼少期にそのようなちょっと「おっちょこちょい」な性格が目立ちます。

 

成人して様々な経験をするとその性格が落ち着きます。ただ生来持って生まれた性質なので、意識しないとすぐに「飛びつく」クセを何度も繰り返します。 

 

坤宮傾斜 こんきゅう 二黒土星 南西

九星では二黒土星になります。坤は女性や母を表しますので性格は温和でおとなしい人が多く、どちらかというと保守的で地道にコツコツやっていく性質。

 

組織では代表になるより、補佐的な副社長のほうが成功しやすいのが特徴です。地味目ですが、大小企業に関わらず組織にとって、なくてはならない重要な人物なのです。ですから副社長や重役のほうが適している。

 

無理して!?がんばって自己主張すると、思わぬ反撃や攻撃をうけることになり、せっかくの計画が中途半端に終わります。

 

それは・・・生来の器!?というものが決まっているからです。器に合わないと様々なところでひずみやトラブルが起こる。

 

器というのは!?本人の自覚はないのですが、その人物の雰囲気が他人に察知されて見下されるのです。

「この人は、この程度・・・」

「この人とのお付き合いはこれくらい・・・」

雰囲気で身勝手な印象で忖度されてしまう。

「どうして同期のあの人より、評価されない?」

それは「身の丈に合わない」からです。

 

若い頃は控えめで自分を表に出さないので、周囲から「何を考えているのか?」とネガティブな憶測がありますが、徐々にその評価は信頼と信用に結びつきます。そしてまじめに働いた努力が徐々に報われていきます。

 

気学では、坤宮傾斜の土は植物が芽生える大地を表すので、育成という意味から「母なる大地」と呼ばれています。母のように優しく物事を受け入れ、面倒見がいい。

 

忍耐強い性格でもあるので、途中で物事を投げ出すことなく、継続できる力を持っています。そのため、坤宮傾斜の人は基本的に真面目で、真っすぐな実直さを持っている。

 

また、二黒土星は物静かで落ち着きのある星でもあるので、本命星が明るい星の場合、そのギャップに周囲は驚かされることです。

 

「あの人は、意外と根は真面目なんだ?」という人には二黒土星傾斜の人が多い。しかしそんな二黒土星ですが、物事を受け入れる力を持っている分、良い事なら引き受けていいですが、悪いこともぜんぶ受け入れてしまう、何事にも耐えるような、母性的な側面がある。

 

怒りの感情は、溜まったストレスが地中のマグマのようにグツグツ煮え始め、いつか噴火して感情を爆発させてしまう。普段優しい人が怒ったほど恐いものはない。

 

坤宮傾斜の人は、ストレスが溜まったと感じたら、大爆発する前にこまめに発散していくとよい。



0占い

なにかとパフォーマンス大好きな人です。それは寅年に象徴されるように、ミエを張る、威嚇する、大げさにするという本質的な性質があるのです。牙をむき出しに本気になれば怖いものなしです。

 

しかし傾斜宮が坤宮傾斜にあるように、基本が母性本能があるので恐ろしい獰猛な寅であってもそこには母性本能が働き、すごくやさしい面が混在しています。好きと嫌いが極端にあり激しい。

 

ポリシーのある行動なのか?と思いきや?バックボーンがあることを忘れてはいけません。それは困窮傾斜では、ボスになれない?なりにくいからです。ボスには不向きなのです。寅なので虚勢を張るのが得意なので一見恐ろしいような、すごい人のように見えますが、実は上手なパフォーマンスで絵に書いた寅なのです。

 

一休さんの屏風の寅の伝説があります。

将軍に屏風の虎を退治するように命じられ、一休さんは「私が縄で捕まえますから将軍さまは寅を屏風から追い出してください」と言って将軍を困らせるエピソードがあります。

 

この話は禅問答として有名です。本来屏風の中の寅が出てくるはずもない!とわかっていながら、一休さんを試したわけです。そこでとんちを効かせた一休さんは、将軍の無理難題を鮮やかに論破します。この光景を大勢の見物人ギャラリーが見て、「お見事!」と絶賛したはずです。

 

屏風の中の寅はしょせん絵です。どんなに迫力があり凶暴そうに見えても、ただの屏風です。しかし将軍の一言でその屏風が「怖い」と言えば、家人たちは逆らえず同調圧力で「怖い」と言わざるを得ません。

 

一休さんの伝説はずばり本質を言って、パフォーマンスすることで誰も傷つかず、真理を証明したのです。

 

山本氏はその画の中の寅です。ハッキリ言えるのは、年月日において五黄がないからです。五黄土星には、良いも悪くも信念と頑固さを貫く性質があるのです。強引、意固地といった意味です。ですから、五黄土星年の人は生まれながらに頑固で強引です。

 

月が五黄土星にあってもその傾向があります。リーダーに必要な資質は強いポリシーです。これがないリーダーは、魅力がないというか人が集まってきません。なぜ多くの人が山本氏に魅力を感じるか?それが俳優仕込みのパフォーマンスだからです。

 

パフォーマンスが上手いと人々は簡単にファンになります。ジェレンスキーも前職はタレントです。ロナルド・レーガンも映画俳優です。政治と芸能は近い関係にあります。人気がなければ一定の指示を得られません。

 

そして坤宮傾斜にあると、それは従属を意味するので、組織のトップから2番目の地位なら容易に達成できます。それ以上を望むとは不幸を招きます。運命的にトップの器ではないからです。

 

党首として多くの人を魅了しています。しかしその裏には、彼をバックアップする何かが?あることを忘れてはいけません。

 

そして今年は、人気というバイオリズムになるのです。良くも悪くも?ますます知名度があがり有名になります。多くの人が山本さんに注目するでしょう?注目されて人気も出るでしょう?それは実力以上の評価を得ます。

 

この人気期にある絶好調な時期だからです。今年は自分アピールのパフォーマンスをやることで、実力以上の評価と人気が出ます。それが人気というバイオリズムの夏最盛期の時期だからです。しかし調子に乗りすぎると、大火傷を負うことになるので、大風呂敷を広げすぎないようにしたほうが吉。

 

reiwa-shinsengumi.com

 

uranai1.hatenablog.com

uranai1.hatenablog.com

uranai1.hatenablog.com

uranai1.hatenablog.com

uranai1.hatenablog.com

uranai1.hatenablog.com

uranai1.hatenablog.com

uranai1.hatenablog.com

uranai1.hatenablog.com

uranai1.hatenablog.com

uranai1.hatenablog.com

uranai1.hatenablog.com

uranai1.hatenablog.com

uranai1.hatenablog.com

uranai1.hatenablog.com