0占命占い 春夏秋冬の運命バイオリズム

【0占命占い】とは?運命のバイオリズムです。年月のバイオリズムを知ることにより、人生設計ができるようになります。

【羽生結弦】さん スケート選手 0占命占い

f:id:ymcamsn:20210912170639p:plain

ja.wikipedia.org

羽生結弦 スケート選手

1994年平成6年12月7日仙台生

六白戌年 五黄亥 0地点戌亥 乾宮傾斜

 

 

人物

大リーガーの大谷選手とフィギュアスケートの羽生選手はなんと同年齢のの若干26歳なのですね?将来有望な選手であるだけでなく、日本人を代表する選手です。東北出身で、震災の際一生懸命に被災者のためにいろいろイベントを行いました。

 

そのボランティア精神は見習うべきものがあります。プーさんが大好きというとで、羽生選手が演技を終えるとファンのお客さんたちは、リンクに投げ込むシーンがあります。それが山のように。何度の高い技術に挑戦する姿は、プロ意識の高さを感じます。

 

戌年の性格?

戌年の性格が影響されているのです。快活で活発。義理堅く、高潔な面があります。一度信じた信念、人、物事に熱中しますので、行き過ぎると他人との対立関係を生じる結果になります。一歩も下がらないので益々悪化する場面があります。

 

しかし要領がよいのです。パワーバランスが自分に不利に働くと思うと、すぐに下手に出ます。そのような要領のよさがありあmす。ただしこの傾向は、幼少時に見られます。人生経験のない幼少期では、干支の性格がそのまま表にでるのです。

 

これを経験によって勉強し、修正していくものです。また自分でこう思ったことをすぐに口出すので、口は禍の元となります。ついつい言わなくてもいいことを言ってしまう。 

 

それが争いの元になります。一度このような関係になると、人気だったのに、人が離れていきます。そこで自分の信念を貫き通すと、人の輪に入れないという偏屈になります。人の話に耳を傾けて、こころにゆとりを持つようにするべきでしょう。

 

もともとは素直な人ですから、落ち着いて話せば良いのです。言葉に反応するのではなく、少し考えてから反応する癖を持つように心がけるべきでしょう。

 

0地点生まれ

注目すべきは、羽生選手が0地点生まれという事です。この0地点生まれの人は、さまざまな困難に打ち勝って勝利を得るという苦労人です。人一倍努力して、人一倍やさしく、人一倍自己探求します。そのこつこつした積み重ねこそ、信頼を得て、その信頼が形となり、皆が応援するスターになれるのです。

 

スターとは、輝く人ですが、努力もなにもしないでスターになる幸運な人がいますが、羽生選手は、努力の結果スターになった人です。ウィキペヂアによりますと、2歳のころからぜんそくの持病があり、スケートを始めた当初の目的のひとつは、喘息を克服することにあった。

 

15歳のときに、

喘息の持病がありながら五輪金メダリストになった清水選手に会う機会があり、スケートを続けていくための助言を得た経験がある。肺を大きく開いて息を吸い込むことができないため、特に10代のころは体力や持久力の面で劣ると指摘されてきたが、

 

投薬治療や吸入薬、針治療、気道を開く施術、移動時や練習時にマスクを着用することで心肺機能を上げるなどの対策を続け、体力面のハンデは大幅に改善された。

 

しかし完治したわけではなく、特に練習拠点をカナダに移してからは、環境の変化により激しい発作に襲われることが増え、現在(2017年時点)も発作を起こすと明かしている。という・・・なんと持病を抱えてのスター誕生だったのです。

 

乾宮傾斜

ですので、管理者やトップに立つ素質があります。それは自ら望むべきことでもありますが、人に推薦されるケースもあります。人望と素質の結果なのです。

 

相性の悪い相手と吉凶方位

亥年の人になります。方角としては、北西です。日本から北西にある国は、モスクワ・パリ・ロンドン・ローマ・アテネバルセロナ・ 北京・ソウル・ベルリン・フランクフルト・カイロ・ウイーン等になります。運勢の時期とタイミングによっては、致命傷になります。

 

俗にいう暗剣殺にあると、事故がなくても大変不愉快なことが発生します。それとは、逆に吉方位に行くことにより、幸運を得ることができます。羽生さんの場合、六白金星ですので、土生金ということで、二黒、五黄土星の方位が一番良いのです。そういう意味で言うと、2021年の気学で言えば、北、東南方位が良いと言えます。

 

人間的にも

優れた羽生さんですが、これは人の苦労を理解しているからです。持病を持って生まれた人は、他人に対して愛情深いのです。東日本大震災では復興支援活動を積極的に行いました。そして、誰も成し遂げたことのないウルトラⅭ級の技を完成させました。

 

2018年フィンランド杯のフリーでは、こちらも史上初となる「4回転トウループ - トリプルアクセル」のコンビネーションを成功させています。 

 

まとめ

最高の演技にチャレンジしていく姿勢には、脱帽します。なんでもそうですが、大人にかわいがられることが、才能を伸ばすキッカケになります。本人が素直に無心でないと教える方もめんどくさくなります。

 

基礎的にレールを引いてあげて、後は本人の能力を発揮できるように、環境を整えてあげることがその子の才能を開花させることにつながるのです。