🌟占星術✨ホロスコープ   🐉0運命❄バイオリズム

運命の四季を知ることで、成功人生を手に入れて幸運を引き寄せ、不運を回避する開運占い🔮

無血革命ペレストロイカ 故ゴルバチョフ氏 ホロスコープ占い

ミハイル・セルゲーエヴィチ・ゴルバチョフ

Mikhail Sergeevich Gorbachev

1931年3月2日 - 2022年8月30日

ソビエト連邦及びロシアの政治家である。

ソビエト連邦の最後の最高指導者であり、1985年から1991年までソビエト連邦共産党書記長を務めた。

1988年から1991年まで同国の国家元首でもあり、1988年から1989年までソビエト連邦最高会議幹部会議長、1989年から1990年までソビエト連邦最高会議議長、1990年から1991年までソビエト連邦大統領を務めた。

ゴルバチョフは、思想的には当初マルクス・レーニン主義を信奉していたが、1990年代初頭には社会民主主義に移行していた。

 

影響力大

5室うお座太陽

11室しし座月

10室かに座火星

MCとかに座木星

4室やぎ座土星、金星

7室おひつじ座天王星

 

ホロスコープ占い

グランドクロスがいくつもあるという、ハードアスペクトのホロスコープです。その主役となるのが、4室やぎ座の土星なのですが、肝っ玉が座っているというか、何事にも動じないという達磨のような印象があります。

 

そこに金星が寄り添っているので、古風な女性からの影響があります。主に母親からの影響が強い。

 

しかし土星は、かに座火星や木星、冥王星といった強い影響を放つ星にオポジション対峙しているので、これを束ねる不動の土星には、重要な要素となります。両親の関係は思わしくなく、絶えずストレスを感じる家庭環境だった。元々、うお座太陽の人で政治向きではない。

 

しかし高い政治的能力を買われて、ソビエト連邦のトップにのし上がりました。ワンマンで強引なプーチンと違い、ゴルバチョフ氏はその真逆でした。その政策は融和的だったでしょう。ウラでKGBが暗躍していたとしても!?

 

10室かに座火星では、柔軟な攻勢で根回ししたり、ウラ工作を仕掛けます。しかし暗殺といった手法ではなく、地位を貶める?島流しにする?左遷する?といった緩和的な攻勢でしょう。

 

恐怖のKGBのような暗◯は、あまり好みではない?もし?ゴルバチョフ氏の在任中に、残忍な事件や事故があった場合、それはKGBが仕掛けた事でしょう。

 

ゴルバチョフ氏を書記長にすることで、ソビエト連邦の組織が維持された。この頃のロシアを支配する勢力、オリガルヒのロシアをコントロールする組織が、大きく関与した。これは現在のプーチン同様に、オルガニ匕に担ぎ上げられたとも言えます。この権力闘争の駆け引きは、どの世界の指導者の宿命です。

 

実はエンターティナーのゴルジ-ー

9室かに座木星がMCにピタリとコンジャクション合にあるので、ある意味エンターティナーとしても成功していました。映画俳優やアーチストです。しかしゴルバチョフ氏は政治を選択しました。アーチストの才能は、潜めたまま職務を遂行しました。

 

趣味はバレエや美術やオペラといった観劇が趣味だつたでしょう。才能があるにも関わらず、できなかった後悔がある場合、ギャラリーとなって楽しむことが代替になります。

 

どちらかというと、本人の意思は弱いのです。本来は自分の意思ではなく、他者からのアクションで動いている。それは、受動的な意思です。

 

7室のおひつじ座天王星は、側近や友人たちの意思?多くの改革主義者?があったと言えます。ペレストロイカでロシアを共産主義から民主主義に大変革は、歴史的なレジェンドですが、この偉業は、7室おひつじ座天王星と、ドラゴンヘッドがすごく重要な意味を持ちます。

 

ジギル氏とハイド氏

しかし、おひつじ座の強引さの性質は、他人からの強い影響力は、自分を変える影響力があります。それは180度人間が変わるという、ジギルとハイドのような印象。保守的な人物であれば、なにかをキッカケに?革新派となります。

 

特にこの性質は、幼少期に見られたでしょう。一生この性質はつきまとうので、人生で何度も思想や主義を変えました。その結果が国家を変えた革命ペレストロイカだった。

 

人は誰しも大人になると、人の意見や忠告を聞かなくなります。それは自分に自信があるからです。今までの経験と学習で生きてきたからです。しかしそれが正しいかったのか?間違っているか?近未来の先の結果に現れます。

 

それが後悔や喜びになってきます。結果が良ければ選択は間違っていなかったといえます。

 

ゴルバチョフ氏は風見鶏!?

ゴルバチョフ氏はコロコロと政策を変えるという風見鶏的な人でした。日本のかつて首相だった中曽根首相を思い起こします。中曽根氏もある意味、日本を支えた重要な人物でした。

 

レーガン大統領との親密な関係は「ロンヤス」と愛称で呼び合う関係だった。風見鶏と言われる由縁は、対内外的にもバランスを取った結果、コロコロと政策を変えざるを得ない状況だったのです。



これに苦痛を覚える人は、政治家には向いてません。ウソでもニコニコして、腹のそこでは真逆のことを考えているのが、優秀な政治家です。そういう意味では、ゴルバチョフ氏は優秀な政治家でした。

 

融和な雰囲気を持つうお座のゴルバチョフ氏は、それが魅力だったといえます。多くの側近が古い価値観からの脱却に賛成したのです。

 

現在、そのゴルバチョフの偉業を覆そうとしているのが、プーチン大統領です。だから生前、ウマが合わなかったのです。長い間ソビエトを支え続けました。一方プーチンは、強権政策を目指しました。

 

それが強いロシアの名のもとに。イワン雷帝のように強く逞しいスラブ民族の復活を賭けて。


インフルエンサーとして・・・

11室しし座月は、仕事人肌なので、大勢をまとめて熱意を覆多くの人に伝える。それはエンターティナーのように、ある種のスター性を持っています。共感する力、共鳴する力が性質として持っている。大衆は魅力的に感じます。

 

それはすでにオーラを持っているからです。オーラのない人物が同じようなことをしても無視されるだけ。



努力しなくても、影響力を持つ人インフルエンサーは大勢おりますが、特に演技するでもなく、自然な雰囲気で相手が納得してしまうような?スター性があります。しかし本人はいたって控えめで、グイグイ自分を押し付けるタイプではない。それだけに違ったタイプの指導者と言えました。

 

2022年の時代の大変革

安倍氏の暗◯とゴルバチョフ氏の◯去は、2022年が大きな転換期となったのは、間違いありません。2025年問題は後3年後です。世界のシステムが3年後どうなっているのか?誰にもわかりません?私たちは、創造を選ぶのか?破壊を選ぶのか?人類の選択の時なのです。

 

ja.wikipedia.org