🌟占星術✨ホロスコープ   🐉0運命❄バイオリズム

運命の四季を知ることで、成功人生を手に入れて幸運を引き寄せ、不運を回避する開運占い🔮

双子のような関係!?雅子皇后と愛子内親王殿下 ホロスコープ占い

 

雅子皇后

愛子内親王殿下

影響力大

いて座太陽

風象星座の土星と月

 

ホロスコープ占い

運命の強い絆

雅子皇后(母)と愛子内親王(子)の相性ですが、母子とも同じいて座です。ちょっと予想外でした。更に、母のホロスコープでは、土星がみずがめ座にあります。子の方は、ふたご座にあります。どちらとも風象星座にあります。

 

これは、本来の風象星座では、自由奔放で規制に囚われないという意味があります。それが母子共に土星の制限、制約、伝統が重くのしかかるのは、とても興味深いものがあります。もはや運命と言えるでしょう。雅子皇后の生来の本来のを押してまで、浩宮殿下と御結婚されたことは、一代の決断だったのです。

 

一大事のご決意

この決意は当の本人しかわからないでしょう。これから始まる不自由な生活が待っているのですから?この決断は精神的にも、身体的にも影響がありました。それは、いて座太陽とみずがめ座土星が語ります。外へ向かう外交的な、いて座と自由博愛を愛する、みずがめ座に土星という制限があります本来は窮屈な生活を望んでいないし、結婚はある意味、自身を犠牲にしたものでした。

 

愛がなかった?とは言えませんが、浩宮殿下のお言葉に安堵してご結婚をされたのです。もし人間的未熟な人であれば、置かれた状況に耐えられないでしょう。本来は外交的ですから、制限される世界は本意ではなかったのです。

 

自分を押さえてまで踏み切った

雅子皇后も愛子さまと同じで、本来は窮屈な皇室に収まる人ではないのです。しかし自分を抑えたのです。それは現在では考えられない古の結婚です。ですからご決断はご立派という他ありません。そして愛子さまが誕生されたのです。そして母と子が一心同体のような?まるで双子のような性質の似たホロスコープです。まるで合わせ鏡をみているように同じ思考、同じ行動です。

 

子の苦しみは己の苦しみ

自分(愛子さま)と似た母が、自分と同じように苦しみ悩む姿を見てきました。自分が思いや悩むと、母も同じように思い悩む姿を見ていた。自分を心配するあまり、体調を壊す母の姿を見て、悟るような体験があったでしょう。それが人間的な成長でした。愛子様の苦しい時期がありました。親身になって励ましてくれたご両親に感謝しているのです。

 

守るべき役人たちの怠慢

写し鏡の親子関係は過保護化する原因にもなりますが、それは様々な他の批判や中傷があるからです。皇室を守るために宮内庁があるべきなのに、なにもしない役人がいます。だから天皇陛下自ら異例のご発言をされたのです。こんなご発言を本来させてはならない。そんな雑音の多い中、皇后様の正しい教育があり真っ直ぐに育ったのです。

 

母から学ぶ、そして深い因縁

そんな愛子さまは母の後ろ姿を見てきた。皇室という光と闇。皇室の辛さ、苦労を知っているのです。いて座の楽天的ですが、皇室での生き方を母から学んだのです。メンタル面でも、雅子皇后てんびん座、愛子さまふたご座なので、風象星座ですので、同じ苦しみを理解できる。

 

しかし、母子共に似たような性質のホロスコープはよくあります。これは因縁関係です。良い因縁もあれば、悪い因縁もありますが。

 

あなたも父母と自分のホロスコープを比較してみてください。きっと似たような感じの星があるでしょう?

 

uranai1.hatenablog.com

 

uranai1.hatenablog.com

coconala.com