🌟占星術✨ホロスコープ   🐉0運命❄バイオリズム

運命の四季を知ることで、成功人生を手に入れて幸運を引き寄せ、不運を回避する開運占い🔮

前代未聞!!中国ナンバー2国家主席の退場劇!? 胡錦濤氏 0占い

胡錦濤

こ きんとう

簡体字: 胡锦涛、繁体字: 胡錦濤、拼音: Hú Jǐntāo、フー・チンタオ

1942年12月21日 は、中華人民共和国の政治家。

2002年から2012年まで中国共産党総書記、2003年から2013年まで中国国家主席、

2004年から2012年まで中央軍事委員会主席を歴任した。

1992年から2012年まで、中国の事実上の最高意思決定機関である中国共産党政治局常務委員を務めた。2002年から2012年まで中国の最高指導者であった。

 

本命星 -> 四緑木星 午

月命星 -> 七赤金星 子

日命星 -> 七赤金星

 

傾斜宮 -> 坤宮傾斜

 

できごと 強制退場!?

80才 2022年 壬寅 0地点 事件発生


出生

0才 1942年 壬午 決定 生まれ



午年

度量が広く寛容なことでは、誰よりも優れています。潔さがあり、決断力に富んでいます。勢いがある時としょぼんとする時が交互にくる、その落差が激しいのです。じっくりと自己を観察して落ち着いて見ることが必要です。

 

目的がハッキリしている人なので、後はくじけずに走りぬけば成功します。その際人の意見を聞かないところがあります。多少の困難にくじけず、解決法を見出し、周囲の空気を変えることができるムードメーカーなのです。

 

タレントさんで言えば、松岡修造さんのような人物像です。ただちょっとお調子者なので、人格を疑われることがありますが、根はあっけらかんとしています。勢いは良いのですが、目標が無いと、途中見失うことがあり、もう一度戻るというムダな苦労があります。

 

それは物事を簡単に考えてしまうからで、熟考が足りないのです。そのため、目標としていたことが、未完成となってしまいます。人の話をよく聞いて、少し時間をおいて決断すればよいです。そして気が多く、何事にも手を出したがるので、そのため失敗も多いでしょう。

 

たとえ失敗しても、本人はあまり執着心がないので、失敗してもあまりくよくよせず、あっけらかんとしています。



坤宮傾斜

九星では二黒土星になります。坤は女性や母を表しますので性格は温和でおしとやかな人が多く、保守的で地道にコツコツやるこ性質です。代表になるよりも補佐的な立場のほうが成功しやすく、地味ですが、大小限らず、組織においていなくてはならない重要な人物、副社長、腹心的存在のほうが成功します。

 

 

無理をして自分が台頭して主張すると、思わぬ反撃や、攻撃、をうけることになり、計画がとん挫します。それは、生来の器というものが決まっていて、器に合わないと、様々なところでひずみ、トラブルが起こるのです。

 

 

それを「身の丈に合わない」と言います。若い頃は控えめで自分を表に出さないので、周囲から「何を考えているのか?」とネガティブ意見がありますが、徐々にその評価は信頼と信用に結びつきます。そしてまじめに働いた努力が晩年を保障するのです。

 

 

0占い

2022年寅年は、胡錦濤氏にとって0地点真冬の時期です。去年から今年、来年にかけて天中殺の時期なのです。この時期はまったく力が発揮できないばかりか、攻撃をうければ、まったく反撃もできません。それは冬眠の無防備な時期を敵に襲われるからです。夜盗に身ぐるみを剥がされるようなものです。

 

 

それがこの時期です。このような時期は、遅くても去年から準備をしておくべきでした。早急に身を引いていれば、これほど惨めな思いはしませんでした。少しでしゃばり過ぎたのです。世界中が全人代を見守る中、胡錦濤氏は晒し者にされました。大恥をかかされた!!それが習近平の計画だったのです。

 

 

これにより、胡錦濤氏は共産党のすべての権限を失い、胡錦濤系の人々は一掃されます。それは子や孫にいたるまで容赦しません。それが中国という国の恐ろしさです。墓ですら粉々にして歴史から抹消する国民性です。

 

 

決定生まれの坤宮傾斜なので、幼少時は目上から、そうとう可愛がられたでしょう。それは素直に従うからです。そういう素直さは目上にとって可愛がられる存在です。いうことを素直に ハイと言える人です。ですから、この反動から、いざトップになると、隠していた性格が真逆になって独裁する野蛮な性格が見えてきます。

 

 

それは単純に、『自分が今まで、従順にやってきたのだから、オマエラもそれに従え』という単純な思考からです。従わないとそくクビになります。

 

 

人の性格が反転するのは、立場が逆転したり、昇進したり、昇給したり、トップの側近になったり、愛人になったり、とイロイロありますが、それらの奢りから大抵の人は、コレを機に傲慢に横暴なります。それが常識です。ならないほうがおかしいかも知れません。

 

 

胡錦濤氏は、ナンバー2の存在で、トップに対して忠義を守り、従属していれば安泰でした。しかし能力は習近平氏より優れ、人民にも慕われているという、なんとも煙たい存在でした。多くの人民から慕われるのは、いつでも反旗の狼煙をあげる仮想敵人物でした。それが胡錦濤氏でした。

 

 

ですから退場させられ、消されたのです。もう二度と復帰はありません。そんな生ぬるい習近平ではないからです。

 

 

uranai1.hatenablog.com

uranai1.hatenablog.com