🌟占星術✨ホロスコープ   🐉0運命❄バイオリズム

運命の四季を知ることで、成功人生を手に入れて幸運を引き寄せ、不運を回避する開運占い🔮

歌舞伎界に激震!?真相究明!? 歌舞伎俳優 市川猿之助さん 0占い

市川猿之助

四代目 市川 猿之助

いちかわ えんのすけ

1975年〈昭和50年〉11月26日 )

日本の俳優、歌舞伎役者。屋号は澤瀉屋。定紋は澤瀉、替紋は三ツ猿。

歌舞伎名跡「市川猿之助」の当代。東京都出身。

本名は喜熨斗 孝彦(きのし たかひこ)。

2012年6月、二代目市川亀治郎改め、四代目市川猿之助を襲名。

ケイファクトリー所属。

 

本命星 -> 七赤金星 卯

月命星 -> 八白土星 亥

日命星 -> 三碧木星

 

傾斜宮 -> 巽宮傾斜

 

0地点 申酉

0才   1975年 乙卯 浮気生

48才 2023年 癸卯 浮気年

 

 

卯年

比較的、温厚で愛嬌もあるので、人との交際や交渉が上手です。口も巧みです。口八丁手八丁が長けているので、このおごりが過ぎると、災いをもたらし、後悔するという結果になります。自ら招いたことですが、後々悔やむ原因です。さらに軽口が過ぎると誰からも信用されなくなります。

 

軽はずみで悪口を吐いてしまったり、それが原因で窮地に追い込まれることもあります。「本人は言ったことが重要でない」と簡単に考えていても、それが爆弾の着火点だったりするのです。ですから軽率な発言の前に、一呼吸おいて口に出すようにしましょう。もしくは、相手を見極めて、発言していい相手かでないか?を判断するようにしましょう。

 

また気まぐれですから、気持ちが集中せず、一つのことに熱中できない、やり遂げないという、中途半端な性質があります。継続は力なりを知ることにより成功します。本来はそれほどの大望はなく、システムに従っていることに満足感を覚えます。

 

安定こそが重要なのです。あまり目立たなくても良いし、頭角を現さなくても良いのですが、ただ「他より良くありたい」「見栄えを良くしたい」という、他と比較して自分が上であることに優越感を持ち、それがまた生きがいとなります。

 

目上からかわいがられることが多いので、周囲からは「なんであの人ばかり・・・ひいきされるのか?」と疎まれることが多いのです。それには理由があります。

 

愛想が良い、受けが良い、可愛げがある、魅力がある、笑顔に魅力があるからです。ただ臆病にならず、引き立てられたなら、自信を持って実行すれば良い成果を得られます。

 

巽宮傾斜

八卦の巽は九星では四緑木星に対応します。人当たりが良く、年上、年下関係なく可愛がられる素質があります。穏やかな性格ですが信念を貫き通す強い精神もあります。指導力も持っているのでグループのまとめ役になったり、世話をしたり人のために良く働きます。

 

人に恵まれているので人との出会いで大きなチャンスを手に入れられるでしょう。九星気学で木星は三碧木星、四緑木星の二つの星が存在します。陰陽で例えると、明るい陽の星である三碧木星に対して、四緑木星は穏やかな陰の星です。



基本的な性格としては、争いが嫌いで平和主義、長いものに巻かれるタイプです。四緑木星巽宮傾斜を持っている人は、自分がされたくないことは、なるべく人にしない。危ない橋は渡らないというように、リスクを避ける傾向にあるようです。



また、言い争いやケンカを好まず、相手のペースに合わせることができるので、第一印象が良く、誰にでも好かれやすい人が多いです。ただ、少々優柔不断な一面もあるので、何かを決めなければならない場面で「どちらでもいいよ」「みんなの良い方でいいよ」など、ハッキリしないことがあります。



これでは、自己主張が弱くなってしまうため、本心が伝わりづらく、誤解を生んでしまうケースもあるので、ここは気をつけていきたいですね。

 

0占い

今年は4回目の12年の回帰する年になります。干支を12周回で4回目です。これは何を意味しているのでしょうか?心中事件の真相は未解決となるでしょう。真相は闇の中。記事から見ますと本人は「生まれ変わろう・・・」というメッセージがありました。これは?なにを意味するのか?

 

今年は0占いでは、4回目の12周期になるという大事な転換点です。そんな0占いと奇妙な一致点がありました。0占いでは、大きな運勢の変化として12年目というのは大きな出来事があります。大転換期で、生死に関わる、ケジメや人生で重要となる分岐点です。

 

厄払いにも似ていますが、例えて言うなら本厄と似ていますが、人によっては、前年の前厄、後厄に大きな出来事があるでしょう。しかし大体、ピーク時の本厄に大きなできごとがあります。

 

そして今回の事件では?そのとおり悪いことが的中してしまった。悪い方向に的中しました。なぜ?このような不幸な事件になってしまったのか?それは積年の積み重ねです。積年の想いは邪念となります。何不自由なくセレブ生活のはずが、突如として事件でした。

 

卯年、巽宮傾斜では、先に述べたとおりですが、歌舞伎の家系に生まれた宿命を背負わされた。将来を託された。ですから本人が「違うこと」をやりたくても絶対ムリです。庶民には理解できない歴史と家系の重みです。その重圧は本人にしか理解できません。それは非常識の中の常識と言えます。

 

歌舞伎という伝統文化を維持、継承する血脈としてあるわけです。そんな自分はいったい何者?なんのために生まれて来たのか?という素朴な疑問があります。逃げ出したくても逃げられない。

 

例えば身分は違いますが、秋篠宮眞子さんのように強引に!?皇族離脱するという強引な手段もあります。しかしあらゆる方面からのバッシングは覚悟しなければなりません。眞子さんは今では、のんびりと自由にニューヨーク暮らしを満喫して、やっと皇室という息苦しい場所から開放されました。「イチ抜けたあ」という開放感でしょう?

 

性格的にも浮気年生れなので、他にやりたいことはたくさんあるのです。歌舞伎は、ある意味しかたのない宿命だから、やっているという印象です。ですから本気度の信念が沸かない。そして本性が本来弱いので「もし・・・歌舞伎を離れたらどうなるだろう?」という大いなる不安があるのです。

 

そうした両天秤を背負った状態で、いままで生きてきました。それは何度も挫けそうになったでしょう?その度に両親や歌舞伎仲間に諭されたでしょう?そういう光景がありました。それはトラブルを避ける避けたがる性質なので、なんとなく現在に来てしまった。その末路が両親の不審死でした。

 

あくまで推測に過ぎませんが、この事件では不審な点がいくつもあります。例え週刊誌ネタが恐ろしくても、ご両親を◯害する理由にはなりません。薬物投与?誰が?なんのために?世間ではいろいろゴシップネタで、猿之助氏の私生活を大々的に暴露しています。結論、真犯人は別にいます。猿之助氏は被害者。

 

猿之助氏が気に食わなければ、大げさにネタを言うのが人の常です。お金をもらってゴシップを報道するのです。そんな子供でもわかるようなやり方に「うんうん」うなずいているような人は、格好のマスゴミの餌で飼いならされたドジョウです。不幸ネタを「ざまあみろ」と言わんばかりに、攻撃するのは卑怯極まりない。ニダニダと・・・

 

他人の不幸は蜜の味・・・

 

uranai1.hatenablog.com

uranai1.hatenablog.com

uranai1.hatenablog.com

uranai1.hatenablog.com

uranai1.hatenablog.com