🌟占星術✨ホロスコープ   🐉0運命❄バイオリズム

運命の四季を知ることで、成功人生を手に入れて幸運を引き寄せ、不運を回避する開運占い🔮

ビック・モーター 創業者 兼重 宏行氏 0占い

兼重 宏行

かねしげ ひろゆき

1951年〈昭和26年〉9月13日 

日本の実業家、経営者、兼重オートセンター

(現在の株式会社ビッグモーター)創業者。

 

本命星 -> 四緑木星 卯

月命星 -> 一白水星 酉

日命星 -> 八白土星

 

傾斜宮 -> 艮宮傾斜

 

0地点 子牛

 

0才 1951年 辛卯 成長

71才 2022年 壬寅 開拓

 

 

卯年

比較的、温厚で愛嬌もあるので、人との交際や交渉が上手です。口も巧みです。口八丁手八丁が長けているので、このおごりが過ぎると、災いをもたらし、後悔するという結果になります。

 

自ら招いたことですが、後々悔やむ原因です。さらに軽口が過ぎると誰からも信用されなくなります。

 

軽はずみで悪口を吐いてしまったり、それが原因で窮地に追い込まれることもあります。

「本人は言ったことが重要でない」と簡単に考えていても、それが爆弾の着火点だったりするのです。

 

ですから軽率な発言の前に、一呼吸おいて口に出すようにしましょう。もしくは、相手を見極めて、発言していい相手かでないか?を判断するようにしましょう。

 

また気まぐれですから、気持ちが集中せず、一つのことに熱中できない、やり遂げないという、中途半端な性質があります。継続は力なりを知ることにより成功します。

 

本来はそれほどの大望はなく、システムに従ってすることに、満足を覚えます。

 

安定こそが重要なのです。あまり目立たなくても良いし、頭角を現さなくても良いのですが、ただ

「他より良くありたい」「見栄えを良くしたい」

という、他と比較して自分が上であることに優越感を持ち、それがまた生きがいとなります。

 

目上からかわいがられることが多いので、周囲からは?

「なんであの人ばかり・・・ひいきされるのか?」と疎まれることが多いのです。それには理由があります。

 

愛想が良い、受けが良い、可愛げがある、魅力がある、笑顔に魅力があるからです。ただ臆病にならず、引き立てられたなら、自信を持って実行すれば良い成果を得られます。



艮宮傾斜 ごんきゅう 八白土星 東北 表鬼門

八卦の艮は九星では八白土星に対応します。

正義感が強く、意志がとても強固で自分の信じることは曲げない信条を持ちます。

 

人との付き合いもあまり得意でないため、人と意見がぶつかり孤立することもありますが、持ち前の粘り強さとタフさで必ず目標を達成することでしょう。

 

一方、人の好き嫌いや気分のムラがあるため人生の浮き沈みも多いので、それを押さえて人と協調することを覚えればより早く運気が開けてくるでしょう。地味なタイプであまり表に出たがりません。

 

実力はあるのですが、なかなかその実力を発揮できません。いざとなれば重い腰をあげて、全力で取り組まなければ成功は遠いのです。

 

よく「山が動いた」と言いますが、その例えは行き詰まった局面において、大物が登場したり、ボス的な人物が参戦したりして、解決するというマンネリ化した状況を刷新するエナジーがあります。

しかしそう軽々しくないのが特徴です。



0占い

卯年成長生まれです。春生まれになるので、案外なんでも叶うような、ラッキーな運勢です。家庭的にも恵まれています。無理をしなければ大抵順調にいく。そこでいくつかの問題点、課題があります。それが卯年の性格で、調子が良いのです。

 

月命運酉の性質も加味すれば、相手によって七変化するような狡猾さがあります。酉においては落ち着きがなく、絶えずウロチョロして利を探している。

 

しかし艮宮傾斜には、とても頑固です。ワンマンとなり自分がトップだという強い自己顕示欲と、他人を常に格下に見下すような傲慢さがあります。

 

2023年は、開拓という春の時期です。この時に悪いタネを蒔いてしまうと、5年後に災いとなって絶体絶命に追い込まます。事件の発症が開拓期になるので、いままで蓄えてきた幸運がここで途絶える。去年は清算年であって、本来であれば去年今までの悪事を清算すべきベストな年でした。

 

清算とは?良くも悪くも、リセットする時期です。この時期にリセットしないと、マンネリ体制が続き、いつまでたっても前と同じような状態が続きます。この時期にリセット刷新すれば、最初は損をしているように見えるが、次の年の3年間で挽回できます。

 

そういう滝行のような禊が必要なのです。ただボケーと生きているだけがヒトではなく、そこには人生のバイオリズムがあるから、チャンスを逃すのはもったいないというべきです。

 

先の記事で木原誠二氏を占いましたが、偶然にも!?両者とも現在が春の時期なのです。両者共にやるべき事リセット(心改めもしくは、天中殺)を顧みず、現在に至りました。ですから吐き出す膿が現在のような、スキャンダルとして露出し大問題になりました。

 

天中殺

一般論で言えば、人生のバイオリズムの中で、最悪最低の3年間です。四季があるように人生にも四季があります。特に冬の時期は重要です。この冬の時期がなければ蓄えができないからです。蓄えはやがて肥しとなり、人生の肥料になります。

 

肥料の肥えた土壌では、春にタネを蒔けば、夏の太陽ですくすくと育ち、秋には実りある豊作になるのです。ヒトと気象は同じ運命を辿ります。肥料がなければ、土壌が貧相なら、実りの時期は不作になり、実は小さく味も酸っぱいのです。

 

人生のバイオリズムでは?今までの派手な生活を縮小して散財しないように、蓄えればよいのです。しかしこの時期に損失を受けることはよい損失です。「災い転じて福となす」といった時期です。致命傷にならない損失があるかも知れません。この損失の時期が遅れると、本モノの自滅が待っています。

 

自ら天中殺の時、今までを洗いざらい悔い改めて膿を出せば、問題は過少化したのです。そういう意味で両者ともなにもしなかった!?罪は大きいのです。しかし一般論でいえば、これが当たり前の日常でしょう。誰も好き好んで損を望みませんからね。

 

 

uranai1.hatenablog.com

uranai1.hatenablog.com

uranai1.hatenablog.com

uranai1.hatenablog.com

uranai1.hatenablog.com

uranai1.hatenablog.com

uranai1.hatenablog.com

uranai1.hatenablog.com

uranai1.hatenablog.com

uranai1.hatenablog.com

uranai1.hatenablog.com