🌟占星術✨ホロスコープ   🐉0運命❄バイオリズム

運命の四季を知ることで、成功人生を手に入れて幸運を引き寄せ、不運を回避する開運占い🔮

2023年再婚!?どーなる 貴乃花 光司氏 0占い

貴乃花 光司

たかのはな こうじ

1972年〈昭和47年〉8月12日

東京都中野区出身の二子山部屋(入門時は藤島部屋)に所属した元大相撲力士で第65代横綱。


本命星 -> 一白水星 子

月命星 -> 二黒土星 申

日命星 -> 一白水星

 

傾斜宮 -> 巽宮傾斜

 

0才 1972年 壬子 決定 生まれ

51才 2023年 癸卯 浮気


子年

子年生まれ 北 四方位

外面は平和的ですが、内心には激しい闘争心があります。特に勝負事、競争には、大変こだわります。勝ち負けが重要です。しかしこだわりの強さがあるので、他人には理解できなような、趣味や性質があり、小さなことにこだわるので、それが原因で周囲は離れていくことがあります。


しかし、思い切りが良いので「こうだ」と決めると、他人の意見を聞き入れず、ワンマンになります。それが良いこと、悪いことであっても突き進みます。性質そのものは正直ですから、わかる人には理解され、かわいがられます。あまり表裏がないのです。


年下、同世代より、目上の人に好感度が高いのです。感情が多少の激しいので、その怒りに周囲は驚きますが、本人はすぐ忘れるので、特に悪意がないのです。そして周囲の意見を聞かず誰それとなく付き合うので人気があります。


その幅広さは心の寛容があるからです。見せかけの寛容さではなく、本心からの自然な姿なのです。そして気さくさと素朴が同居しているので、初対面の相手に悪い印象を持たれることがあります。そういう初対面の相手に対しては、逆な性格を演じれば良いのです。

 

巽宮傾斜 そんきゅう 四緑木星 東南

八卦の巽は九星では四緑木星に対応します。人当たりが良く、年上、年下関係なく可愛がられる素質があります。穏やかな性格ですが信念を貫き通す強い精神もあります。


指導力も持っているのでグループのまとめ役になったり、世話をしたり人のために良く働きます。人に恵まれているので人との出会いで大きなチャンスを手に入れられるでしょう。


九星気学で木星は三碧木星、四緑木星の二つの星が存在します。陰陽で例えると、明るい陽の星である三碧木星に対して、四緑木星は穏やかな陰の星です。


基本的な性格としては、争いが嫌いで平和主義、長いものに巻かれるタイプです。四緑木星傾斜を持っている人は、自分がされたくないことは、なるべく人にしない。


危ない橋は渡らないというように、リスクを避ける傾向にあるようです。また、言い争いやケンカを好まず、相手のペースに合わせることができるので、第一印象が良く、誰にでも好かれやすい人が多いです。


ただ、少々優柔不断な一面もあるので、何かを決めなければならない場面で「どちらでもいいよ」「みんなの良い方でいいよ」など、ハッキリしないことがあります。


これでは、自己主張が弱くなってしまうため、本心が伝わりづらく、誤解を生んでしまうケースもあるので、ここは気をつけていきたいですね。


0占い

決定生まれの人は、目的を明確にもてば、多少の障害があってもトラブルを跳ね返し、目的のために確実なステップを着実にしっかりとできます。途中で目的がふらついて、誘惑に負けるようなタイプではありません。


自分の決めた明確な目標を達成するために、全身全霊をかけてまっしぐらに突き進みます。それは、春の時期の種まきの時期もありますが、確かにこの時期に種を蒔けば、必ず結果を残すからです。バイオリズムにおいても、春の時期に新規を種まきすれば、結果は5年後くらいに発生します。


良くも悪くもですが。良い種を蒔けば良い結果となり、悪い種(悪行)を蒔けば悪い結果となります。良い種(善行)向上心を種蒔けば、やがてその良い結果を産みますが、詐欺や犯罪をやった場合、たとえその時は逃げられても、数年後不幸が訪れます。たとえ本人ではなくても、近親者が悪運を肩代わりして不幸になります。それがカルマの法則です。


当たり前じゃないか?と思われるでしょうが?現実は不可思議な時空の歪みと運命のズレで、時期的にズレを生じるでしょう。しかし基本的に、人の運命はバイオリズムは普遍的なですが、大河の流れに逆らおうが?ムダ!?ということを知らなければなりません。


そういう意味では、今年今月再婚を発表した貴乃花親方ですが、今年は浮気の年にあります。0占いでは、来年に結婚を決断してほしかったと思います。なぜ?来年は再開という年になりますので、始めるにはちょうどいい時期だからです。

 

第二の種まきの時期(セカンド・アタック・チャンス!?)です。春の時期に種まきしたところ、予定を変更して良い時期は、この再開の時期しかありません。

 

本年に再婚を発表しても、実際、式を来年の立春を過ぎた2月以降がよいベストです。焦って、今年結婚式をあげてしまうと、0占いのバイオリズムから、貴乃花親方自身か?婚約者自身?の異性のトラブルが発生します。


それが浮気という象だからです。気持ちが常に浮ついている状態で、ふわふわとなんとなくうまくいく!?という現実逃避しがちなぼんやりしている時期だからです。池の蓮の花に茎が切られて、漂うようなイメージです。


こういうぼんやりしている時期では、事故や書類のミス、間違いを起こしやすく、後々トラブルの原因になります。みすみすトラブルを招くような年です。こういう時期は、動じない制動がベスト。この時期の決断は、強力なアドバイザーの指示に従いましょう。本人の運がないときには、運気の良い人の運をおっそ分けしてもらうのが良いのです。

 

ちなみに猫は、体調が悪いとなぜか人にすり寄ってきます!?なぜですか?人に移させて自分は元気になろうという?魂胆なのです。猫はそういう性質です。それで移されたヒトはなんとなく風邪気味に体調不良になったりします!?

 

犬?はというと、体調が悪いとひっそり小屋の中で治るまで待つのです。もしくは隠れて動かない。飼い主への気配りがあるのです。犬の飼い主への忠誠心は言葉にはできないほど深いものがあります。忠犬ハチ公など

 

しかし決断が本人によるものだと、ドツボにはまりそうです。ハマっても自覚がないのです。浮気の時期に人生上大きなイベント、重大決定をしてはいけません。ですから、来年を待って結婚式をあげれば、末永く結婚が継続できます。

 

相手の方の生年月日は不明ですが、相手が良い運気だと、相手の運気に乗って上昇気流になります。しかし相手が天中殺の時期で冬の時期だった場合、結婚は困難と苦労を強いられます。その結果お互い不幸な結果となります。


このように結婚とは?

両者の個性と運気が絡み合って、損得や幸福をもたらすのです。他人が一緒に生活するとは?つまり性格や生活スタイルがありますが、重要なのは、相手の運気良いときも悪い時も一緒に苦労を共にできるか?ということです。

 

そこには、潜在的な運気や運命があります。ただの偶然はなく、必然しかありません。占いとは?ただのおみくじでもあるでしょう?しかし見えない糸を可視化したものです。人は100年も生きられませんが、生きてもそこに希望がなければ生きている意味がありません。

 

命尽きるまで過去を振り返り、後悔しないために自分の運命を知ることはとても大切です。



 

uranai1.hatenablog.com

uranai1.hatenablog.com

uranai1.hatenablog.com

uranai1.hatenablog.com

uranai1.hatenablog.com

uranai1.hatenablog.com

uranai1.hatenablog.com

uranai1.hatenablog.com