🌟占星術✨ホロスコープ   🐉0運命❄バイオリズム

運命の四季を知ることで、成功人生を手に入れて幸運を引き寄せ、不運を回避する開運占い🔮

ロシアに電撃訪問!?日本維新の党を除名!? 鈴木宗男氏 0占い

鈴木 宗男

 

すずき むねお

1948年〈昭和23年〉1月31日 - )

日本の政治家。日本維新の会所属の参議院議員(1期)

日本維新の会国会議員団副代表、同北海道総支部代表、地域政党新党大地代表。

参議院懲罰委員長。

 

本命星 -> 八白土星  亥

月命星 -> 九紫火星 丑

日命星 -> 七赤金星

 

傾斜宮 -> 巽宮傾斜

 

0地点 子丑

0才 1948年 戊子 0地点

75才 2023年 癸卯 成長

 

亥年

忍耐強く、率直で勇猛果敢の気質を持っています。状況を見極めずに猛進することがあります。性質的に本来、人情味を持っているので、いったん信用され、されると、最後までとことん面倒をみる世話焼きです。本来忍耐さを持っているのですが、いったん暴発すると手をつけられないという危険性をはらんでいます。

 

人の世話をよくするのですが、ちょっとした事が大きなトラブルに発生します。自分が信じるあまり、その信頼が結果として失われる。するとすぐに逆上するのです。ことばであればよいのですが、これが行動となると大変な問題に発展します。

 

その名の通り、猪突猛進を意味するのですが、いったん決めたことは、どんなリスクを犯してでもやり通す、ずば抜けた行動力と実行力があります。リスクをこうむっても、失っても、いままで築き上げてきた功績とか関係なく、「コレダ」と決めたことは絶対にヤリ抜くのです。

 

実行力はあるのですが、まちがった方向に行くと悲惨です。自暴自棄になるので、その点の見極めが大切です。重大な案件は冷静に理性で判断し、親しい人に相談するとか、何かしらワンクッションおいたほうが良いのです。

 

巽宮傾斜 そんきゅう 四緑木星 東南

八卦の巽は九星では四緑木星に対応します。人当たりが良く、年上、年下関係なく可愛がられる素質があります。穏やかな性格ですが信念を貫き通す強い精神もあります。

 

指導力も持っているのでグループのまとめ役になったり、世話をしたり人のために良く働きます。人に恵まれているので人との出会いで大きなチャンスを手に入れられるでしょう。

 

九星気学で木星は三碧木星、四緑木星の二つの星が存在します。陰陽で例えると、明るい陽の星である三碧木星に対して、四緑木星は穏やかな陰の星です。

 

基本的な性格としては、争いが嫌いで平和主義、長いものに巻かれるタイプです。四緑木星傾斜を持っている人は、自分がされたくないことは、なるべく人にしない。

 

危ない橋は渡らないというように、リスクを避ける傾向にあるようです。また、言い争いやケンカを好まず、相手のペースに合わせることができるので、第一印象が良く、誰にでも好かれやすい人が多いです。

 

ただ、少々優柔不断な一面もあるので、何かを決めなければならない場面で「どちらでもいいよ」「みんなの良い方でいいよ」など、ハッキリしないことがあります。

 

これでは、自己主張が弱くなってしまうため、本心が伝わりづらく、誤解を生んでしまうケースもあるので、ここは気をつけていきたいですね。

 

0占い

0地点生まれの人は、出生時においてトラブルがあったり、家庭内や身内に暗い影があった。そんな中、希望のタネとして出生した背景があります。背景が仄暗い?また自身に身体的、精神的問題を抱えているという状況があります。本人もとより、周囲の環境の問題。

 

しかし、これは出生時において何らしか?ハンディを抱えていたにも関わらず、生命力が他の誰よりも強いということにもなります。例えて言うなら雑草。

 

幼少期において、活発な子で負けず嫌いだったでしょう?小柄ですが、聡明さと負けず嫌いで今まで頑張ってきた。どんな困難な状況においても、本人自身の底力で跳ね返すエナジーを持っています。

 

それは亥年という特性もありますが、突破力があります。困難そうに見える状況でも、真正面から突破するエナジーがあります。

 

しかしそれは、プラスにもマイナスにもなります。そんきゅう傾斜なので、人をまとめて信頼を得て、リーダーシップを取る資質があり、さらにその組織のリーダーとして引っ張っていく能力が長けています。

 

マイナス面では、周囲を置き去りにして一人突進するのです。そこがワンマンというか、強引と言われる由縁です。そして、ワンマンのリーダーについていく人は限られます。よほどの信頼関係がないとムリでしょう?

 

パッと多い浮かんだことは、行動しなければ気がすまないのです。それが生来の本質なのでコントロールできない。

 

今回、党に無断でロシアに渡航しましたが、まさに無謀というか?亥年らしい?行動です。とはいえ、これはただの無謀な訪問だったのか?という問題です。

 

政治家を長年やってきて、そんなリスクは百も承知です。ある意味、党を辞める覚悟があったでしょう?そんなリスクを犯してまで、ナゼ行ったのか?そこには、鈴木氏のしたたかな計画があります。

 

鈴木氏の令和5年は成長とあります。去年から運気は上昇しています。この時期の種まきは、必ず大きな収穫と結果を得ます。ので鈴木氏の悪運?強い運命?では、このロシア訪問は鈴木氏の大きな収穫となって返ってきます。それが良いか?悪いか?今のところわかりませんが?大きな実りになるに違いない。

 

聖書の中の一節に、毒麦の話があります。同じように植えたタネであっても、当人の行いによって豊穣の収穫になるか?育ってもそれはとても食せない毒麦の収穫となるか?それは神の最判において、全てにおいてお恵みを与えているから。

 

今回のロシア訪問により、より強いロシアとの関係性、絆を築いたことは間違いありません。一般論では、無責任説が多いのですが、国際政治は多方面から考える必要があります。その外交的なパイプが無くなれば交渉ができません。

 

そういう意味で、昨今汚染水問題で岸田首相の二階氏への訪中要請は、踏み絵でした。結局中国から断られました。これが二階氏の限界で、その結果中国のパイプは無くなりました。しかし鈴木氏の軽快なパフォーマンスは、無謀でしたがロシア外交を成功させ?ロシア要人?と会談した?それは日本の対ロシア外交のできない弱点をカバーした?と言えます。

 

ただの外務省職員ではなく、政治家自らロシアのパイプを構築したことは、これは対ロシア外交の成功ではないでしょうか?今回の件で党を除名されました。しかし何らかの形で国会での存在感を示すでしょう。行動や思想は極端ですが、それは人間として?政治家としてバランスの良いパーフェクトの人などいません。

 

ある意味、そこいらのおっさんとなんら変わりないのです。そんなおっさんがいきなり権力と金を持ったら?想像してみてください?私はどんな人でも、一人のにんげんと見ているので、そこには真っ裸のにんげん!?としか見えていません。

 

鈴木氏に愛国心があるなら、北方領土問題を解決してほしいところです。これが解決すれば、日本史に名を残す人物となるでしょう?まあムリでしょうが?

 

数年後、今回のロシア訪問の結果が出ます。それは鈴木氏の思惑通り、鈴木氏の計画通りになりそうです!?その結果、社会的評価が得られるでしょう!? それは、春の時期に蒔いたタネの成果だからです。

 

今後の行く末において、毒麦に育つ事もあるでしょう!?それは大失敗を意味します。そんな明暗の分かれ道は、今後の鈴木氏の動向に注視する必要があります。ロシアを見据えた政治家としての行動は、称賛してもよいと思う。

 

uranai1.hatenablog.com

uranai1.hatenablog.com

uranai1.hatenablog.com

uranai1.hatenablog.com

uranai1.hatenablog.com

uranai1.hatenablog.com

uranai1.hatenablog.com

uranai1.hatenablog.com

uranai1.hatenablog.com

uranai1.hatenablog.com

uranai1.hatenablog.com

uranai1.hatenablog.com

uranai1.hatenablog.com

uranai1.hatenablog.com