🌟占星術✨ホロスコープ   🐉0運命❄バイオリズム

運命の四季を知ることで、成功人生を手に入れて幸運を引き寄せ、不運を回避する開運占い🔮

2023年10月 パレスチナ・イスラエル戦争 再び勃発!!どうなる!?第三次世界大戦!?

2023年パレスチナ・イスラエル戦争

2023年10月7日にパレスチナのガザ地区を支配するハマースによるイスラエルへの攻撃によって始まった、ガザとイスラエルの戦争。

パレスチナの過激派グループは、この戦闘を「アルアクサの洪水作戦」、イスラエル側は「鉄の剣作戦」と呼んでいる。

 

なお、パレスチナ自治政府の関与は10月9日現在確認されておらず、ワリード・アリ・シアム駐日パレスチナ常駐総代表部代表は8日、SNSにて「私たちは、パレスチナ人とイスラエル人の両方の民間人の生命の喪失を断固として非難します。」とメッセージを投稿している。

また、この戦争でイスラエル側は第四次中東戦争以来の死者数を出した。

 

2023年10月7日 Saturday, October 7, 2023, 6:30 AM 

パレスチナの武装組織が率いるハマスがガザ地帯からイスラエルに対して大規模な侵攻を行いました。イスラエルは10月8日にガザ市に空爆を行い、戦争を宣言しました。

 

イスラエルは、ハマスがイスラエルに向けて発射したロケットを迎撃するために、アイアン・ドーム・ミサイルを使用しました。イスラエルは、ハマスによる攻撃後にヘズボラを攻撃しました。

 

イスラエルは、10月7日の攻撃を「数十年で最悪の攻撃」と表現し、両陣営が戦争を拡大すると誓約しました。イスラエルは、この戦争を「ヨム・キプール戦争以来経験したことのない緊急事態」と表現しています。

 

影響力

1室てんびん座 太陽 アセンダント 火星

4室やぎ座天王星

5室うお座土星

7室おひつじ座ドラゴンヘッド

10室かに座 月

11室 しし座 金星

 

ホロスコープ占い

アセンダントに太陽がコンジャクションしている状態は、緊張状態からの開放 となり勃発の引き金になります。それでなくてもホロスコープ自体に、エナジーの緊迫した状況があります。



影響力の強いアンギュラーサインに1室太陽と火星、4室の冥王星、10室のかに座月の持つアスペクトがグランドクロスを形成しています。緊張状態。

 

個人のホロスコープにおいても、社会においても太陽と月は重要なポジション意味を持ちますが、最悪な自体にならないのは、どちらかが他の星と均衡を保った状態であれば、最悪は防げるのです。

 

しかし・・・どちらともネガティブにあると?ネガティブなパワーに圧倒され、予期せぬ方向に向かいます。自滅と破壊。

 

さらにアセンダントに太陽が上昇しているので、いままで均衡に保っていたパワーバランスが保てなくなる。それがアスペクトに象徴されているように、10室かに座月のスクエア(90度)と4室やぎ座冥王星にスクエア(90度)にあります。これは太陽に対して負のエナジーを増強させます。

 

それは廃車にあった車にガソリンを入れるようなものです。いままで動かなかった車が動き出す。しかし点検や修理をしないので安全確認ができていない。いつ壊れるかわからない?いつエンジンが爆発するか?いつエンストするか?いつ古タイヤが脱輪するか?走行中ブレーキが効かなくなるか?

 

そんなネガティブ要素の大きい時です。さらに破壊を意味する冥王星の強いアスペクトがあるので、どうしてもネガティブの方に向かいます。それは積もり積もったフラストレーションのようなものです。

 

この冥王星に対して、10室かに座月が正確なオポジション180度を形成する前にあります。アスペクトの性質には、正確な角度を形成する時の影響力がMAXに発揮する時もあれば、その前後にMAXになる場合もあります。月は発火点なのです。

 

この場合、MCを過ぎた月が太陽とのスクエア90度を経て、火星と冥王星に対してアスペクトを形成しようとしています。

 

この時点で事件が発生した日時ですが、それと同時に数時間後の火星と冥王星の正確なアスペクトを形成すると、ネガティブパワーがMAXになります。その結果事件が大きな被害、大きな影響となって現れてきます。個人においても損害が発生します。

 

月はホロスコープのスイッチです。個人的、社会的においても月の位置が現在どこにあるか?その日の占いをします。その月に対してポジティブ(吉)かネガティブ(凶)でホロスコープが変容します。

 

いわゆる良い日、悪い日といった毎日の占いです。個人では個人の星に対してトランシット(進行中)月がネイタル(出生図)の各星のアスペクトで変化します。

 

冥王星の影響力が強い。それは伝統から逸脱、破壊。破滅を意味し、安定した社会への攻撃なのです。無に帰すのが特徴なので、この破壊行為は一方の勢力が他方を君臨するという結果になる。

 

不安定要素の多い、イスラエルとパレスチナの関係は、ハマスのいきなりのテロ行為によっててんびん座アセンダントの均衡を破り、力の屈服と破滅を意味します。ハマスはイランにそそのかされた?

 

イスラエルとの均衡を破らなければ破滅は逃れられた?しかし宗教的な増悪の前では、理性は意味がありません。憎悪に対する憎悪はどちらかが消え去るまで続く。1室の太陽はエナジーがMAX状態なので、暴発するしかなかった?抑えきれないエナジー。

 

今月12日頃まで激しい戦闘がありますが、13日以降は沈静化します。しかし、くすぶっているのです。火星がいて座に入ると戦闘が再び激化します。その後やぎ座に移動すれば、落ち着きと理性を取り戻します。それによりこの戦争は収束するでしょう?

 

様々な憶測が流れ、残酷映像やウソ情報が錯綜している中、世界の人々は双方の情報戦で私達は右往左往しています。なにがウソでなにが真実か?有名な評論家が正しい?国際政治学者が正しい?一次資料を読める人が正しい?現地レポーターが正しい?混乱と錯綜と大本営発表で私達は情報に踊らされている。

 

 

uranai1.hatenablog.com

 

uranai1.hatenablog.com

uranai1.hatenablog.com

uranai1.hatenablog.com

uranai1.hatenablog.com

uranai1.hatenablog.com