🌟占星術✨ホロスコープ   🐉0運命❄バイオリズム

運命の四季を知ることで、成功人生を手に入れて幸運を引き寄せ、不運を回避する開運占い🔮

世界的イスラム学者vs都知事 辰年女の新旧対決!? 女帝 小池 百合子さん 0占い

小池 百合子

こいけ ゆりこ

 

1952年〈昭和27年〉7月15日 

日本の政治家。

東京都知事(第20・21代)。

都民ファーストの会特別顧問。

 

本命星 -> 三碧木星 辰

月命星 -> 九紫火星 羊

日命星 -> 八白土星

 

傾斜宮 -> 艮宮傾斜

 

0地点 子丑

0才 1952年 壬辰 決定

72才 2024年 甲辰 決定

 

è¾°å¹´

気位、気品が異常に高く、自分勝手な性質があります。そして自分中心に考える性質があります。どんな難関にも、とりあえず向かっていき、勝てない相手とわかっていても、無茶だとわかっていても、最後まで信念を貫き通すという意地とこだわりがあります。

 

あきらめず特に競争心が旺盛で、一念を通すという強い性質から周囲から批難されます。しかし強い意志がありますが、時として自信過剰と自己過信のあまり、善悪を誤り失敗を繰り返すことがあります。それは、「こうであるべきだ」という理想が現実より強いからです。

 

理想主義者の辰は架空の動物ですが、象位もそのように、現実重視より、理想重視になります。だから夢を追いかける人と見られます。理想と現実の狭間を生きているのです。

 

ですので、運命的にずいぶんと変化に富んだ人になり、隆盛を誇っていたかと思えば、どん底を味わっているという、その落差が大きいのが特徴です。そうならないためにも、あまり過大な理想や空想を持たず、しっかりと地に足を付けた現実的な考え方と慎重さが必要です。

 

ただこの理想を現実化できれば、周囲の尊敬と敬意されます。ゼロという実行不可能とされていた事案が、成功して現実化されるのですから。ただその成功の確率は低いのですが、理想を現実化することができれば、カリスマとなるでしょう。

 

元々、強い運勢ですから自分をよく知り、自分をコントロールできれば成功します。まず現実に足を着地して、現実目線で思考して、よく自分を知ることから始めてください。ただの理想ばかり追い求めていると、結局空回りするばかりで、人生の時間を浪費するという結果になります。

 

艮宮傾斜 ごんきゅう 八白土星 東北

八卦の艮は九星では八白土星に対応します。正義感が強く、意志がとても強固で自分の信じることは曲げない信条を持ちます。

 

人との付き合いもあまり得意でないため、人と意見がぶつかり孤立することもありますが、持ち前の粘り強さとタフさで必ず目標を達成することでしょう。

 

一方、人の好き嫌いや気分のムラがあるため人生の浮き沈みも多いので、それを押さえて人と協調することを覚えればより早く運気が開けてくるでしょう。地味なタイプであまり表に出たがりません。

 

実力はあるのですが、なかなかその実力を発揮できません。いざとなれば重い腰をあげて、全力で取り組まなければ成功は遠いのです。

 

人物でいえば主人になるので一家の大黒柱的性質で昔の父はとても頑固で融通が効かない、雷オヤジという怖い存在でした。それを占いに当てはめると、男っぽい性質となり、ボス的な存在があっている。

 

他の人をマウントするクセがあるので、能力がないと煙たがれる存在となります。幼少期においては、自分が他を仕切るというマウントが働き、先生のよき協力者となります。この性質は生涯変わらず、3人集まるとすぐに「自分がー」と本性を現します。

 

普段は大人しい人が、腰を上げるような、「山が動いた!?」と言いますが、行き詰まった場面において登場して、この人の一言で状況が一変して、状況が解決するということがよくあります。そんなマンネリ化した状況を変えるエネルギーがあります。

 

相性においては、九紫火星の人からエナジーをもらいます。逆に三碧木星、四緑木星の人からエナジーを取られます。親子の関係においても、世話のかかる子、かからない子があるのは、このためです。

 

0占い

今年は、めでたく?6周目の辰生まれの年女です。すると今年は心機一転して人生が急展開する年になります。公私において忙しく、いままでの生活が変化するさせられるのです。

 

決定生まれなので、スパッと決める決断力が早い。その決断はあんがい間違っていない。自分の思い通りに成就する。晩春生まれなので、来年来る初夏の勢いが増している。その勢いは運命的にも強い援護があり、思い描く人生は苦も無く順調です。

 

おもしろいことに!?東京15区に日本保守党から出馬予定の飯山陽さんも4周目の辰年の辰女なのです!?これはビックリです。運命的な出会い!?対決!?ですが、とても運命的な出会いを感じます。

 

新旧辰対決!?になります。

傾斜法では、飯山さんが乾宮傾斜、小池さんが艮宮傾斜になります。どちらともトップになるにはふさわしいです。しかし艮宮傾斜には、なかば力で制するという覇者的な強さがあるのです。マウントを取りたがる。

 

その覇者的な征服には、不満があったり、いずれほころびが生じます。それは力による圧力は、力による反発があるからです。民はいずれ反発してきます。それは組織においても同じです。

 

部下が罠にかけたり、反発します。それはストレスに長期間さらされるからです。自ら征服されたい人なら問題はありませんが。

 

乾宮傾斜では、元々が六白金星の派手な性格で、いつのまにか!?自然にトップになるような性質なのです。自ら努力して、がんばって勝ち取るトップではなく、皆からお神輿を担ぎ上げられてしまう。

 

さらに飯山さんが強いのは、五黄土星があるからです。良い意味、悪い意味もありますが、良い意味では信念を貫き通す、諦めない。悪い意味では、頑固で執着心がある。いつまでも根に持つ。

 

小池さんにはない性質です。もし小池さんが東京15区に出馬すれば!?日本中大騒ぎのお祭り騒ぎとなるでしょう!?小池さんにとっても、飯山さんにとっても今年が大きな転換期、節目なのです。

 

それはそれで、女帝恋小池さん!?vs世界的イスラム学者飯山さんの辰年女の新旧対決が見ものではあります!?年齢的にも後がないので、ここで大勝負に出るか?勇退するか?凄く重要な年になります。策略家女帝小池ゆりこさんの動向が注目されます。

 

uranai1.hatenablog.com

uranai1.hatenablog.com

uranai1.hatenablog.com

uranai1.hatenablog.com

uranai1.hatenablog.com

uranai1.hatenablog.com

uranai1.hatenablog.com

uranai1.hatenablog.com

uranai1.hatenablog.com