🌟占星術✨ホロスコープ   🐉0運命❄バイオリズム

運命の四季を知ることで、成功人生を手に入れて幸運を引き寄せ、不運を回避する開運占い🔮

2024年 復活なるか!? ドナルド・ジョン・トランプ氏 ホロスコープ占い

ドナルド・ジョン・トランプ

Donald John Trump

1946年6月14日 

アメリカ合衆国の政治家、実業家。

第45代アメリカ合衆国大統領

(在任:2017年1月20日 - 2021年1月20日)

不動産業の富豪として著名になり、リアリティ番組の司会などタレント業も行ったのち、2016年の大統領選に共和党から出馬して当選し、合衆国大統領を一期務めた。

 

影響力大

アセンダント しし座

10室ふたご座 太陽 ドラゴンヘッド 天王星

4室いて座 月

 

🌟ふたご座

5月21日頃~6月21日頃 

黄経60°〜90°

通信メディアと伝達コミュニケーションの能力を司る支配星が水星。推理、理解、知的表現といった知的、知能に関係が深い。

 

★性格

ポジティブでは?

知的で敏速、そして素早い反射神経と臨機応変の対処能力がある。特に流行モード情報が興味がある。相手の動きをとっさに察知する能力が高く、鋭い感性があるので、新しい知識や最新ニュースを人より先に、先取するのが得意です。先手必勝。

 

ですから相手より先手を打ったり、不意打ちするが得意で理解度が高い。忙しければ、忙しいほどその得意な能力を発揮できます。ただし・・・多くのことに興味を抱くので、飽きるのもスピーディーです。移り気の激しいのが欠点。

 

広汎な知識の持ち主ですが、とかく広く浅くに終わりやすい。しかし知識欲は旺盛です。多弁を趣味として、コミュニケーションを大切にしているので、交際範囲が広く多くの人たちと交際できる。

 

ネガティブでは?

短気でイライラしやすい。そして自信を失いがちです。また責任の重責から、その重圧から逃れようとして、問題から回避しようとする性格の弱点があります。その言い訳のために、ウソと方便を繰り返し、弁解をする。しかしそれが地獄への入口だったりします。総合的には多芸多才。

 

★職種

単調な作業は不向き。変化やスピード感に富んだ情報環境が理想的です。外交官、テレビ、放送などの司会、アナウンサー

ディレクター、ニュース解説やリポーターといったマスメディア関係宣伝広告、観光旅行業、教師、文筆家、商社マン。

 

★人体と病気

肺や気管といった呼吸器を象徴。

出生時に他の星と不調和マレフィックな関係にあると、喘息、肺炎、結核、気管支炎症などにかかりやすく、支配星の水星から、神経痛、 肩や手足の骨折、心身症にも注意。子宮筋腫や膀胱、痔といった排泄器官の疾患が多い。

 

★場所

駅、空港、電話局、郵便局、基地局、信号機や交通標識のある場所、線路、広告塔、揭示板、鞄、箱、階段、2階、勉強部屋、カーテン、納屋の天井裏、風車。

 

★方位

北北東 少し南に寄った西。

 

詳細鑑定

人生の前半で、社会的活躍できる人物です。東から上昇する天体の数々がそれを物語っています。特にアセンダントとコンジャクション合状態のしし座火星では、エネルギッシュで活発さが伺えます。

 

これは闘争心とも言えますが、かなりの負けず嫌いです。この負けず嫌いは、時として暴走して目的到達への失速しますが、それは、あんがいメンタル面で気にしているからです。無謀!?ではなく、あまりにもイキって周囲から遠くなっている自分に不安を感じます。

 

よーいドン!!で勢いよく飛び出して、独走状態になりますが、独走状態になると、自信を持つと同時に抜かされないか?という大きな不安を感じます。それは自分の能力の高さがずば抜けているからです。そんなずば抜けた能力の人は、ライバルがいない?ことへの不安があります。

 

自分が簡単にできることが他人にとって、非常に難しいのです。ですから、難しいことをいとも簡単に実現実行できるのが天賦の才能です。

 

本来のふたご座では、器用な人なのです。ビジネスにおいても人間関係においても器用に多機能に才能を発揮できます。トランプ氏のサクセスストーリーは10室にあり、またドラゴンヘッドというカルマがコンジャクション合してます。

 

これにより、社会的活動の大成功を約束されたものです。同時に天王星という、気まぐれなマレフィック損失する星があるので、成功した途端、失敗するという天国と地獄を何度か繰り返します。

 

しかしその経験はやがてホンモノの実力となり、大人物となります。人はネガティブな経験数で強くたくましくなり、本来の魂を輝かせます。ハードなホロスコープのほうが人間的に磨きがかかり、大成功するものです。

 

10室ふたご座太陽と4室いて座月がオポジション対状態にあるので、気まぐれでコロコロと気分を変えるという性質があります。生来の性質なので変わることはありません。

 

この性質に寄り添ってもらえる女性なら、その女性を生涯大切にすべきです。子供のようなわがままな性質の人は、本来誰も付き合ってももらえません。女性になんらかの目的があるなら別ですが?幸いトランプ氏には、ビジネスで成功をした実力と野心家の男性的な魅力に溢れています。ある意味男らしい人物と言えます。

 

注目すべきは、マイホーム型でファミリーを大切にする人物です。ファミリーを築くことで安樂できる時間と空間を得ることができるからです。それは仕事への活力になります。家族愛が地盤となり、活力になりエナジーになっています。

 

しかし実は・・・外部の人にはあまり興味がない。立場責任者としてCEOとして君臨していますが、それは形式上そうであって、本来大勢の人々を先導するという性質ではない。ある意味苦手です。

 

大統領になっても実は当時ヒラリークリントンが、有力視されていたのに、たまたま!?当時目立っていなかったトランプ氏が大統領に!?なにかの拍子で!?大統領になりました!?が実は野心的で上昇志向のトランプ氏にとって願っても見ないチャンスでした。裏では攻防戦があったのは事実。

 

トランプ氏は、アメリカンドリームを勝ち取り、世界デビューを果たしました。それを見越したのが、日本の安倍晋三首相でした。当時のオバマ大統領を差し置いて、トランプ氏に逢いに、わざわざニューヨークに行った直感は正解でした。

 

それまで希薄だった日米関係を構築できたのは、この安倍首相の電撃訪問によるものでした。情に熱いというか、熱い想いをがトランプ氏には、非常に効果的な絆でした。

 

それはしし座の火星がアセンダントにあるという、とてもホロスコープでは、重要な人格形成の要素だからです。火星は生命のエナジー活動なのです。このエナジーが近い人同士は簡単に友人となり友情を育みやすい。例えれば「同じ釜の飯を喰った仲じゃないか?」という話がありますが、エナジーの方向性が似ているなら、それは友情に繋がります。

 

そういう意味で、安倍晋三氏の大統領になる前の電撃訪問は、トランプ氏の心ソウルを揺り動かしました。トランプ氏はその熱いソウルを裏切りませんでした。それが「シンゾーとの約束」だったからです。

 

ふたご座には、複数面がありますが、一方に凝り固まらず縦横無尽な発想ができる人です。若年期にすでに成功を収めたトランプ氏の次の目標は?あまりにも情緒的過ぎたバイデン政権の政策を塗り替えることでしょう!?

 

それは今の現状があまりにも目に余るデタラメな政策だからです。トランプ氏はアメリカン・スピリットを重視しているので、本来の古き良きアメリカを目指すでしょう。1個人のファミリーから国家単位のファミリーとなり、世界を変える人物になるでしょう。

 

uranai1.hatenablog.com

uranai1.hatenablog.com

uranai1.hatenablog.com

uranai1.hatenablog.com

uranai1.hatenablog.com

uranai1.hatenablog.com

uranai1.hatenablog.com

uranai1.hatenablog.com

uranai1.hatenablog.com

uranai1.hatenablog.com

uranai1.hatenablog.com

uranai1.hatenablog.com

uranai1.hatenablog.com

uranai1.hatenablog.com