🌟占星術✨ホロスコープ   🐉0運命❄バイオリズム

運命の四季を知ることで、成功人生を手に入れて幸運を引き寄せ、不運を回避する開運占い🔮

動物王国ムツゴロウさん vs プロ雀士 表裏一体!?故畑正憲さん ホロスコープ占い

畑 正憲

はた まさのり

1935年〈昭和10年〉4月17日 - 2023年〈令和5年〉4月5日

日本の小説家、エッセイスト、ナチュラリスト、動物研究家、プロ雀士。

愛称は「ムツゴロウさん」。

 

日本エッセイスト・クラブ賞(1968年第16回)、菊池寛賞(1977年第25回)受賞、日本プロ麻雀連盟最高顧問であり初代十段位、最高位戦創案者。血液型A型。

東京大学理学部で動物学を学んだ後、教育用の科学映画の作成に関わる。その後、動物関連のエッセーなどで作家としてデビュー。

 

あだ名であるムツゴロウを冠したシリーズや小説を著した。

1971年に動物との共棲を目指して北海道に移住。後にこれが「ムツゴロウの動物王国」へと発展する。動物に造詣の深いキャラクターとしてテレビの動物番組に登場した。

 

影響力大

おひつじ座太陽 水星

てんびん座火星 月

 

うお座土星

さそり座木星

 

ホロスコープ占い

人格的に総合評価は悪くないのです。このままで行けば癖のないタイプの人物になりますが、しかし詳細に観ていくと、かなり個性的な人物になります。

 

おひつじ座の人は、本質が火(アイデア、創作、パイオニア)という性質があります。そして水星もおひつじ座にあるので、知識欲、創作意欲が貪欲にあります。

 

また、おうし座天王星が太陽とコンジャクション合にあるので、とても変わった変人?エキセントリック風変わり?な人物になります。そこに、かに座の冥王星が影響しているので、一般論では語れない奥深さ?型破りな人物像があります。

 

常識を超えた偉人!?非常識でありながらバイタリティあふれる人?ギャンブラー?そんな印象があります。

 

ほぼ満月フルムーンに近いので、人物のイメージはジギルとハイド的な、正反対になります。一見動物大好きなやさしいフェミおじさんから、ステーキ大好き!?肉食を好むワイルドおじさん?のように他人から見れば???「まさか?」「理解できない!?」となります。 いわゆる二面性の使い手。

 

ひろゆき氏に言わせれば・・・

ひろゆき氏に言わせれば!?「それって・・・あなたの感想ですよね?」

どうして?ムツゴロウ動物王国のイメージ通りに、生きなければならないのか? 私生活まであなたのイメージ通り?でなければいけないのか?

ひろゆき氏「それって余計なお世話ですよね・・・」

ひろゆき氏「なぜ?あなたの感想やイメージ通り生きる必要があるんですか?」

 

畑正憲さん=ムツゴロウさんは、動物愛護!?というそんな社会的イメージがありました。それはテレビとにゃんこ映画ヒットの影響です。ムツゴロウさん=動物愛護=動物愛=フェミニスト というファンのレッテルがありました。

 

ムツゴロウさんにとっては面倒くさかった!?と思います。動物がどうのこうのとか?どうでも良かったのです。好きなこと、やりたいこと、BIGビジネスが転がこんだったからにすぎず?単にお仕事でやったに過ぎない。そこに動物王国の企画があったからプロデュースしたに過ぎません。

 

てんびん座の火星は、忖度のエナジーを意味しています。また月がコンジャクション合にあるので、思いついたらすぐに行動します。落ち着きがない?じっとしてられない正確です。

 

そんな自由人のムツゴロウさんも、絶対に信頼を置くというか、言うことを聞くという重要なアドバイザーの女性がいます。それは奥さんであったり、愛人!?かも知れません。自分勝手に自由奔放に生きているようですが、大事なことは、女性のアドバイスを重要視しています。そこはちょっとおちゃめな面があります。

 

ムツゴロウさんのイメージ!?

しかし・・・皆さんは?ムツゴロウさんをどういうイメージをお持ちですか?と問われれば?昔のテレビでムツゴロウ王国を知っている人なら「動物好きの、やさしいおじさん」「動物に愛されるをおじさん」とレッテルを貼るでしょう。そういう一面もあるでしょう?しかし現実は真逆です。

 

趣味の延長線に動物王国があっただけで、ビジネスとして演じたに過ぎないのです。夢を壊すようで申し訳ないのですが・・・いわゆるクライシスアクター的なアドリブで状況に応じて演じていました。そう言い切れるのは、うお座の土星が物語っているのです。動物愛や人間愛はあまりない。

 

ムツゴロウさんにとってボランティアとか奉仕とか地球平和とか?どうでも良かった?むしろまったく興味がない。無関心です。愛とか友情とか面倒くさかったはずです。

 

江頭2:50分さんのように人の為にどうこうして、寄付をしたとか?募金したとか聞いたこともありません。こっそりしていたらゴメンナサイ。

 

そういう人間的な無駄な感情は好きじゃない?動物はただビジネスの為にやっただけで、そこには、愛情とか動物愛とかどうでもよかった。重要なのは自分の欲求が満たされ、満足できればそれでよかった。

 

型破りな動物好きの勝負師!?

だから変人たる由縁なのです。そこには「ムツゴロウさん」という役を演じた畑正憲という人物がいただけです。有名人になればなるほどイメージが重要になりますが、有名人にも私生活があるのは当然。

 

ギャンブラー畑正憲の方がホンモノでした。それは動物愛とは遥か遠いイメージです。しかしどちらとも一流を極めています。ある意味天才です。ただし金銭的には苦労性でした。そんな時奥さんがしっかりしていたので、奥さんには、頭が上らなかった。

 

ちょっとダーティーなイメージになってしまいます。動物を抱いている好々爺?虎視眈々の勝負師?このかけ離れたギャップの落差が偉人たるゆえなのです。深みのある魅力ある人物です。

 

しかし私生活まで役が入り込んでくると、どっちが本当の自分なのか?わからなくなります。

 

昭和の名優、高倉健氏は、アクターでも私生活でも高倉健でしたが、寡黙な役柄と人物像は、プレッシャーでしかなく、世間も高倉健の理想像がありました。だから一生高倉健を演じていました。はじけようにもそれも高倉健でした。

 

昭和の芸能人はそういう品行方正さを重要視して、視聴者も品行方正を芸能人に要求しました。

 

ムツゴロウさんは王国を辞めた後、ギャンブルの世界で名を挙げました。北海道の大草原と雀卓!?の煙モクモクの四角ジャングル???そんなムツゴロウさんを想像した人はいるでしょうか?しかしそれが、ムツゴロウさんという畑正憲氏の人生でした。

 

好き勝手に人生をやりたい放題に縦横無尽に一生を生きた幸福な人生でした。

 

南無阿弥陀佛

 

mutsugoro-okoku.com

 

uranai1.hatenablog.com

uranai1.hatenablog.com

uranai1.hatenablog.com

uranai1.hatenablog.com

uranai1.hatenablog.com

uranai1.hatenablog.com

uranai1.hatenablog.com

uranai1.hatenablog.com

uranai1.hatenablog.com

 

uranai1.hatenablog.com