🌟占星術✨ホロスコープ   🐉0運命❄バイオリズム

運命の四季を知ることで、成功人生を手に入れて幸運を引き寄せ、不運を回避する開運占い🔮

不朽の名作 バック・トゥ・ザ・フューチャー 不屈の人!! マイケル・J・フォックス氏 ホロスコープ占い

マイケル・J・フォックス

Michael J. Fox

1961年6月9日 

 

カナダ生まれのアメリカ合衆国の俳優、プロデューサー、作家。

本名はマイケル・アンドリュー・フォックス。

俳優になる際に同名俳優が既にいたことから、尊敬するマイケル・J・ポラードにちなみ「J」の字をつけた。

 

影響力

4室ふたご座太陽

2室おうし座月、金星

6室しし座火星、

7室しし座天王星、おとめ座冥王星

11室やぎ座土星

12室みずがめ座木星

 

 

🌟ふたご座

5月21日頃~6月21日頃 

黄経60°〜90°

通信メディアと伝達コミュニケーションの能力を司る支配星が水星。推理、理解、知的表現といった知的、知能に関係が深い。

 

★性格

ポジティブでは?

知的で敏速、そして素早い反射神経と臨機応変の対処能力がある。特に流行モード情報が興味がある。相手の動きをとっさに察知する能力が高く、鋭い感性があるので、新しい知識や最新ニュースを人より先に、先取するのが得意です。先手必勝。


ですから相手より先手を打ったり、不意打ちするが得意で理解度が高い。忙しければ、忙しいほどその得意な能力を発揮できます。ただし・・・多くのことに興味を抱くので、飽きるのもスピーディーです。移り気の激しいのが欠点。


広汎な知識の持ち主ですが、とかく広く浅くに終わりやすい。しかし知識欲は旺盛です。多弁を趣味として、コミュニケーションを大切にしているので、交際範囲が広く多くの人たちと交際できる。

 

ネガティブでは?

短気でイライラしやすい。そして自信を失いがちです。また責任の重責から、その重圧から逃れようとして、問題から回避しようとする性格の弱点があります。

 

その言い訳のために、ウソと方便を繰り返し、弁解をする。しかしそれが地獄への入口だったりします。総合的には多芸多才。

 


★職種

単調な作業は不向き。変化やスピード感に富んだ情報環境が理想的です。外交官、テレビ、放送などの司会、アナウンサー、ディレクター、ニュース解説やリポーターといったマスメディア関係宣伝広告、観光旅行業、教師、文筆家、商社マン。

 


★人体と病気

肺や気管といった呼吸器を象徴。

出生時に他の星と不調和マレフィックな関係にあると、喘息、肺炎、結核、気管支炎症などにかかりやすく、支配星の水星から、神経痛、 肩や手足の骨折、心身症にも注意。子宮筋腫や膀胱、痔といった排泄器官の疾患が多い。

 

★場所

駅、空港、電話局、郵便局、基地局、信号機や交通標識のある場所、線路、広告塔、揭示板、鞄、箱、階段、2階、勉強部屋、カーテン、納屋の天井裏、風車。

 

★方位

北北東 少し南に寄った西。

 

ホロスコープ占い

ふたご座の太陽では、二人が一人(ワンペア)なので、性質が器用に働き、そのために利益と人気を得ます。また逆に善と悪の区別ができず表はニコニコしているが、裏ではとても残念な人だったりします。それは二面性のワンペアを器用に兼ね備えた才能なのです。

 

その才能は、ふたご座の人の重要なパーソナリティです。他の星座にはない大きな特徴でありアピールポイントです。

 

ふたご座には、風象星座なので、じっと落ち着いている事が大の苦手です。とかく常時想像を働かせないと生きていけない性質です。ですから幼少時においては、他の事比べると、落ち着かない、挙動不審、イライラ、注意散漫など指摘されます。

 

しかし本人にとっては、常に新しい事を考え巡らしているので、そのための行動なのです。その結果コミュニケーション能力が高く、トークが上手です。その能力は、5室かに座の水星があるように、柔軟な思考なので、これはコメディお笑いの要素があります。

 

お笑いとは?一番の目的はお客さんを笑わせることにありますが、その能力はある意味特殊な能力です。マイケル氏は自分自身の身体的なネタを自虐ネタとして、お笑いにする能力がありました。人が誰しも持つ劣等感をストレートに演じていました。それは才能です。

 

マイケル氏の得意なお笑いエンターティナーの能力は、5室うお座水星が影響しています。ただ弱いアスペクトなのです。そこには、4室のアンギュラー室の強い太陽が後押ししています。このふたご座の太陽の影響力は強く、自我がホロスコープを牽引している。

 

ホロスコープにおいて一番の理想は、太陽と月の星の品格が良いことが上げられます。自我とマインドが不調和だったり、マレフィックだと、ネガティブな曇った暗いホロスコープになります。皆明るく楽しい人生を過ごしたい?しかし思い通りにいかないのが人生です。

 

マイケル氏は、がつがつと表に出るタイプではないが、しし座の火星が才能を爆発させます。上昇星座がみずがめ座で木星が上昇しているという、ボランタリティが豊かな人だからです。それは第一印象からにじみ出るマイケル氏の個性です。

 

ただ11室やぎ座土星には、骨格的な先天性が疑われます。20代の大活躍中のマイケル氏をどん底に陥れたパーキンソン病という不治の病ですが、ただのやぎ座土星であれば、重症化せず?時間を遅らせた?かも知れません。やぎ座土星は主星なので、その影響力は絶大です。

 

しかし副主星の月のメンタルと金星がネガティブな影響を受けているので、強い遺伝的な病変を疑います。太陽や月と影響されるとそれだけ直接的にダメージがきます。月はメンタル面を司るのですが、スピード進行の早さがあります。

 

月はおうし座にあるので、落ち着いているのです。強い引力の影響にある月は、全人格的な性質です。

病気のスピードが早くなるのが月の影響です。それに対して進行が遅くなるのは、土星の影響です。

 

なぜ?マイケル氏が人気なのか?それは出過ぎない控えめなスターだからです。主要星座が北側にあり、すごくナイーブな性格ですが、ハリウッドで成功したおかげで、しし座火星のパフォーマンスは能力を出し成功しました。

 

がちむちの筋肉主義のアメリカでは、ウッディアレン氏やダスティンホフマン氏のような貧弱さを敬遠する傾向にあります。しかし一方でそれが個性派として大成功したのが彼らです。真夜中のカーボーイ等

 

映画バック・トゥ・ザ・フューチャーの面白さを一言で語れませんが、愛くるしいマイケル氏の存在がなければ、ただの陳腐な映画になっていた?すでに代役が存在して、撮影まで済んでいたが、それを破棄してまでマイケル氏で撮りなおしたそうです。

 

マイケル氏の愛くるしいキャラクターは、なくてはならない存在でした。SFの世界を明るく楽しくワクワクドキドキさせられたのは、マイケル氏の天賦のキャラクターでした。

 

そこには、2室のおうし座の月と金星に対して、スクエアの宇11室やぎ座土星と12室みずがめ座木星と、オポジションのさそり座海王星のホロスコープにしっかりと刻まれたグランドクロスという試練を乗り越えた結果なのです。ハードアスペクトだからとて、苦難や困難を意味するとは言い切れません。

 

グランドクロスには、苦難を乗り越えたご褒美が、待っているからです。ぬるま湯に浸かっていればそこから一生逃れられません。マイケル氏はその身体的な容姿からさまざまなストレスを受けてきました。それはマイケル氏の個性を発揮させるバネになりました。

 

現在のマイケル氏は、病気を隠さずパフォーマンスしています。彼の姿を見てスタンドアップして喝采する観客たちの感動的な場面は素晴らしい。

 

音声 ホスコープ占い朗読

drive.google.com

 

 

uranai1.hatenablog.com

uranai1.hatenablog.com

uranai1.hatenablog.com

uranai1.hatenablog.com

uranai1.hatenablog.com

uranai1.hatenablog.com

uranai1.hatenablog.com

uranai1.hatenablog.com

uranai1.hatenablog.com

uranai1.hatenablog.com

uranai1.hatenablog.com