🌟占星術✨ホロスコープ   🐉0運命❄バイオリズム

運命の四季を知ることで、成功人生を手に入れて幸運を引き寄せ、不運を回避する開運占い🔮

文集砲!!疑惑の渦中妻!!絶体絶命!?自民党 木原 誠二氏 0占い

木原 誠二

 

きはら せいじ

1970年〈昭和45年〉6月8日 

日本の政治家、財務官僚。

自由民主党所属の衆議院議員(5期)、内閣官房副長官、内閣総理大臣補佐官

(国家安全保障に関する重要政策及び核軍縮・不拡散問題担当)。

 

本命星 -> 三碧木星 戌

月命星 -> 一白水星 午

日命星 -> 五黄土星

 

傾斜宮 -> 兌宮傾斜

 

0占い 子丑

 

0才 1970年 庚戌 充実生

53才 2023年 癸卯 成長

 

戌

快活で活発。義理堅く、高潔な面があります。一度信じた信念、人、物事に熱中しますので、行き過ぎると他人との対立関係を生じる結果になります。一歩も下がらないので益々悪化する場面があります。しかし要領がよいのです。

 

パワーバランスが自分に不利に働くと思うと、すぐに下手に出ます。そのような要領のよさがあります。ただしこの傾向は、幼少時に見られます。人生経験のない幼少期では、干支の性格がそのまま表にでるのです。これを経験によって勉強し、修正していくものです。

 

また自分でこう「思ったこと」をすぐに口出すので、口は禍の元となります。ついつい言わなくてもいいことを言ってしまう。それが争いの元になります。一度このような関係になると、人気だったのに、人が離れていきます。

 

そこで自分の信念を貫き通すと、人の輪に入れないという偏屈になります。人の話に耳を傾けて、こころにゆとりを持つようにすべきでしょう。もともとは素直な人ですから、落ち着いて話せば良いのです。言葉に反応するのではなく、少し考えてから反応する癖を持つように心がけるべきでしょう。

 

自分より力がある相手に対しては、服従するのを当然とするが、相手が弱い立場にあると思うや否や、非常に高圧的になります。そのような裏と表がハッキリしている。しかし相手を間違えると途端に臆病となり、平身低頭になります。その身代わりの速さは周囲を驚かせます。

 

しかし本人はケロッとしています。その点は非常にドライな感覚と言えます。バックが大きければ大きいほど威張り散らす幼稚なタイプ、と様々な人生経験から学び、同じ趣向を持つ者同士が一緒になり、一つになって行動するというタイプに別れます。当然後者のタイプは人生の成功者となります。

 

経験から自分の欠点を克服し、長所を生かすことができる人は成功者となるのです。そして忠義が強いのです。いったん「この人」と決めたら、裏切らない義侠心が特徴です。

 

人物で言えば、忠臣蔵の大石内蔵助です。 あんがい単純な人なので、よく人に利用されてしまうというオチがあります。

 

兌宮傾斜 だきゅう 七赤金星

八卦の兌は九星では七赤金星に対応します。兌宮傾斜の人は社交的で人との付き合いが上手で生きがいです。グルメの人も多くパーティーやにぎやかな雰囲気が好きです。

 

それは注目される、人気になる、という自己承認欲求が他の九星よりダントツに強い。

 

また享楽的な部分も強いので、男性であれば結婚しないで、いろいろな女性と付き合ったり、そのあげく一生独り身だったり、女性であれば、ホステスなどの水商売や風俗業の職業に就いているケースが多い。それは性を売る仕事になんの抵抗感がないからです。

 

生きがいは「楽しい」「瞬間が楽しいは正義」その時その場面が楽しいが、兌宮傾斜人の生きがいです。お金との縁もありますので、ふとしたチャンスでトントン拍子で大きなお金を得る機会もあるでしょう。

 

それは本物のパパママではなく、パパ活、ママ活のような他人のお金、臨時収入に縁があります。

 

兌宮である七赤金星は九星気学で西を示します。西は方位盤で秋を示すことから秋の実り「収穫」を意味し、人生において喜びをハッピーを重視します。

 

ですから、七赤金星の傾斜を持っている人は、生きていくうえでの選択をする際に、楽しいか楽しくないかの「喜び」が基準となります。ですから人を楽しませるタレントや芸能人向きなのです。華があるのが兌宮傾斜人の特徴です。

 

また、七赤金星は喋ることが大好きで、愉快な人が多い傾向にあります。年を重ねても、愛嬌があったりして、場の雰囲気を明るくするというタレント性があります。

 

学校や職場のムードメーカーには、本命星か傾斜星に七赤金星を持っている可能性が高いのです。そして、七赤金星には楽観主義という最大の特徴があります。

 

そのネガティブでは、責任放棄があります。気まずい状況に不利な状況になれば、真っ先に逃げるのが特徴。その理由は・・・「楽しくないから」

 

楽しいことが好きな星ですから「困難があったとしても何とかなるでしょう」と楽観的に考え、悲観的になることが少ないです。好きな「楽しい」趣味があれば何度でもチャレンジできるような、「やればできる?」的な根性論の稚拙さがあります。

 

とても無理ゲーで、高いハードルの案件にも、躊躇することなく無謀にチャレンジできたり、何度転んでも這い上がってくるようなところもあります。他人はそれを見て???となりますが・・・

 

0占い

The無責任という印象です。お調子者が高じて友人知人が多い!?友人が多いのが良いのか?悪いのか?ですが、そういう線引ができない?特に女性に関しては、凄く甘々です。兌宮傾斜なので、遊ぶことが得意!?・・・なので、女性から好かれます。ルックスも悪くないので、女性を惹きつける。

 

それはそれで良いのかも?知れませんが、警戒心がないのです。元来が戌年なので「誰とでも懐く」「誰にでもフランク」なので、同性や異性から好かれます。警戒心のなさからトラブルに発展します。特に仲間やグループを大切にするので、チームワークが好きなのです。

 

集団行動、群れるのは苦痛ではないし、むしろ群れていたい。もしはぐれてしまうと、恐怖で落ち着かない。だから家族愛が強く、家族へのバッシングでは猛攻撃ワンワン攻撃します。

 

今年は、愛人?本妻?の過去の履歴が暴露されてしまいました。木原氏本人にとって致命傷になりかねない。この時期を乗り切れるか?乗り切れないか?で今後の木原氏の将来も決まってきます。

 

今年、暴露されたのは、0占いで言う、成長、春の時期です。この時期にタネを蒔けば、秋の時期の収穫は豊作となります。この時期の新規、入学、留学、就職等、新たな目的への投資は、将来必ず人生の糧になります。しかし悪いタネを蒔けば、悪い方向へ向かい大きな負債となり損害となります。

 

運がイイと言われる人は、無自覚、無意識に運命バイオリズムの自然な流れで生きています。それが成功の秘訣です。今回良い時期!?にタネを蒔いてしまったので?逃げ切れるが?5年後以降、不幸のタネがスタートして、文集砲が威力を増して、最悪な収束を迎えます。

 

今はなんとか乗り切れます。運勢的に隆盛で充実しているからです。どんなに叩かれようが批判されようが、現在のポジションを失うことはない。それが現在進行中の木原氏の現状です。

 

 

uranai1.hatenablog.com

uranai1.hatenablog.com

uranai1.hatenablog.com

uranai1.hatenablog.com

uranai1.hatenablog.com

uranai1.hatenablog.com

uranai1.hatenablog.com

uranai1.hatenablog.com

uranai1.hatenablog.com

uranai1.hatenablog.com