🌟占星術✨ホロスコープ   🐉0運命❄バイオリズム

運命の四季を知ることで、成功人生を手に入れて幸運を引き寄せ、不運を回避する開運占い🔮

秋篠宮ご長男 悠仁親王殿下 ホロスコープ占い

 悠仁親王

f:id:ymcamsn:20220330171022p:plain

 

ひさひとしんのう

2006年〈平成18年〉9月6日 

日本の皇族。身位は親王。敬称は殿下。

お印は高野槇(こうやまき)。

秋篠宮文仁親王と同妃紀子の第1男子(1男2女のうちの第3子)。

明仁(第125代天皇・上皇)の孫。

徳仁(第126代天皇・今上天皇)の傍系(甥)にあたる。

皇位継承順位は父・文仁親王に次ぐ第2位。

2022年(令和4年)2月28日現在、皇室構成者17名のうち唯一の未成年者である。

 

 

影響力大

11室おとめ座太陽と水星

10室しし座土星

アセンダントてんびん座

1室さそり座木星

4室みずがめ座月と海王星

 

影響力中

10室しし座金星

11室おとめ座火星

 

ホロスコープ占い

ホロスコープでは、バランスのとれたカタチなので常識、非常識をわきまえた性質になります。個性的で強いホロスコープです。でしゃばらなくても、ホロスコープに従えばそのとおりの人生になります。11室のおとめ座太陽では、生真面目さがあり、水星がコンジャクションしているので聡明でもあります。

 

マニア的素質

ただ問題なのは、5室うお座天王星と、3室いて座冥王星があるので、ただの生真面目さではなく、どこか奇妙なこだわりを見せます。そのこだわりは趣味の徹底したマニアとしてのこだわりであったり、研究であったりします。目的のないこだわりに熱中し過ぎると徒労に終わります。

 

しかし、なにかに夢中になることが、悠仁様にとっての生きがいとなるのです。将来的には、一つのテーマで論文を書けるくらいの才能があります。諦めずに継続して続けることが重要で、次から次へと変化しては何も残りません。本来の性質が生真面目なので懸念するとこはないでしょう。

 

金銭感覚とフルムーン

金銭に関しては、どんぶり勘定的なところがあります。気前がいいか?ドケチ?という極端な金銭感覚です。1室のさそり座木星は、非常に強い働きをします。太陽と月がやや反対側にあります。天体の動きでは、満月に近い状態です。変化を意味するので、急な変更や急変した感情の起伏があります。これはフィジカル面とメンタル面の変化もあるのです。

 

幼少時において頻繁に見られるますが、成長していくに従い悪い癖を自分で克服していくことになります。これが克服されないと、成人になった時には、悲惨な目にあうでしょう。悠仁様のアセンダントがてんびん座なので、そのあたりは、要領よく立ち回れます。自分で自分をコントロールできる性質です。

 

とはいえ、人間ですからハメを外したい時もあります。皇族という立場上、いつも平静を装っていなければならず、そのストレスは、我々庶民が感じるストレスとは比べようがありません。ですが、悠仁様はバランサーの顔、第一印象をお持ちなので、うまく立ち回れます。

 

友人、知人の多さは人徳!?

それは、友人や関係者が多いからです。数が多ければ、それだけで力になります。良くも悪くも友人、知人は増えますが、甘言してくる輩もいるわけで、その見極めが重要です。そして少々プレーボーイ的なところがあるのです。生まれたときから有名人ですから、男女問わずお近づきになりたいはずです。

 

そんな中、特に女性には気をつけるべきです。父母の関係で言えば、母は理想的な将来像がありますが、必ずしもそれが悠仁様に合っているとは限りません。思い込みがあり、実体化しない、そして目標が明確ではないのです。ですから母の進言はあまりアテにならないのです。

 

多大に影響されるメンタル

しかし大きくメンタル面に影響されるので、この呪縛を自ら解かなければなりません。10室しし座土星では、社会的ポジションに強い意欲と意思があります。しかしそこに土星があると、様々な障害を生じます。それはメンタルに影響する出来事だったり、突然の止む終えぬ状況の変化だったりします。

 

土星の困難は人間的魅力

そういった困難を乗り越えて行った暁には、貫禄と自信が身につくというものです。いずれ天皇となられるお方ですが、一筋縄ではいかぬ状況が幾度もあるでしょう。そういった困難な状況であっても、乗り越える術があるならその後は安泰となります。それには、雑音には耳を課さず、ご自分に課されたお役名を淡々と励まれると良いと思います

 

かに座MCとさそり座ACが意味すること

しかし、かに座がMCですので、そうであっても本心では、かなり揺らいでいる状況です。それ以上は無礼にあたるので言えません。1室のさそり座の木星は強い輝きがあるので、本来はおおらかで寛大なのですが、さそり座なので、表ではそう見えても裏の顔を持ちます。

 

ですから、あえて自分が不利になるような発言や、言動はしません。相手を見抜けるのです。状況によりけりでこの才能が生かされる時があれば、無い時もあるのです。なぜ有と無があるのか?というと、それはその時のとっさの状況がどうであるかの問題だからです。そして相手がどう判断するかでも、その吉凶が別れます。

 

ネガティブに偏る世界の中

ですから普段から思いやりの気持ちを持って接することにより、凶とはならないのです。この混迷極めた令和の時代では、何が起こっても不思議ではありません。ネガティブな世界を予想することが、わかりやすいし簡単です。国レベルでは、ネガティブな敵対行為をしているにも関わらず、人々はポジティブで平和な世界を望んでいます。そんな中、皇帝として君臨するには多くの国民からの支持と愛情が求められます。

 

一言で言うなら、ちょっと激しい気性のおとめ座の人。

 

uranai1.hatenablog.com

uranai1.hatenablog.com

uranai1.hatenablog.com

uranai1.hatenablog.com

uranai1.hatenablog.com

uranai1.hatenablog.com

uranai1.hatenablog.com

uranai1.hatenablog.com

uranai1.hatenablog.com

uranai1.hatenablog.com

uranai1.hatenablog.com

uranai1.hatenablog.com

uranai1.hatenablog.com